子どもの「コミュニケーション能力」を高める方法とは?

我が子に「コミュニケーション能力」を身に付けてほしいと考える保護者は少なくありません。今回は、幼少期からコミュニケーションへの意欲を高める方法について解説します。

なぜ、今「児童発達支援事業」が求められているのか…
>>>>>>>>記事を読む<<<<<<<<

コミュニケーション欲の向上が「ことばの発達」を促す

ことばの発達において、コミュニケーション意欲を高めることは、非常に重要なポイントです。ことばを使用することができるから、コミュニケーションできるのではなく、コミュニケーション意欲の先にことばがある、と考えます。

 

ことばの前におこるコミュニケーション行動にはどんなものがあるでしょう。

 

●アイコンタクト

 

いわゆる目が合う、ということです。

 

最初は焦点の合わなかった赤ちゃんが、次第に大人の顔をじっと見るようになり、大人から笑顔を返すことを繰り返すうちに、赤ちゃんは身近な人の顔を見分け、自ら笑顔を見せるようになります。コミュニケーションの第一歩です。

 

●共同注意

 

指さしや目線を交わすことにより、他者とある対象を共有する行為です。たとえば新しい何かを発見したとき。おもしろそうなものを見つけたとき。こわいものを見たとき。最初は大人が指さした方を見る行為から始まり、自ら対象を指さして、相手に伝えようというコミュニケーション行動へつながっていきます。

 

●見返し行動

 

世界をひろげていく過程で、子どもは探索行動を繰り返していきます。それに伴い、発見や喜びを表現しようと、身近な大人を見返す行動が多く見られるようになります。それは明らかな感情の共有です。自分の感情が揺れ動いたことを、他者に伝えようとしているわけです。

 

このような過程を経ながら、耳から取り入れたことばという音声、目で観察した口の形、相手の表情、そのような様々な情報を適切に処理し、子どもはことばを獲得していくのです。

 

出てくることばだけに気を取られるのではなく、ことば以前のコミュニケーションを豊かにすることに着目し、その方法を工夫していきましょう。

あきらめず、繰り返しによる「パターン遊び」を

子どもの自発的なコミュニケーション行動は、ことばを獲得する前に自然と見られるものです。

 

しかし発達障がいの子どもたちにおいては、環境からの刺激をうまく受け取ることができず、コミュニケーション意欲をうまく発揮できないことがあります。

 

それは、コミュニケーション意欲がないのではなく、まわりからの刺激が強いストレスであるために、適切なやり取りの機会を失っているだけなのではないでしょうか。意欲がないように見えるのは、表面的な姿なのです。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

株式会社コペル 

幼児教室コペルは、専門講師によるテンポのよいレッスンと豊富なオリジナル教材で幼児期に学ぶ楽しさを教え、右脳教育をおこない、子どもの潜在能力を引き出します。0歳児から年齢に応じて、知育だけでなく心の子育ても大切にした幼児教育を行います。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

大坪 信之

幻冬舎メディアコンサルティング

近年増加している「発達障害」の子どもたち。 2007年から2017年の10年の間に、7.87倍にまで増加しています。 メディアによって身近な言葉になりつつも、まだ深く理解を得られたとは言い難く、彼らを取り巻く環境も改善した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧