IQだけじゃない…子どもの成功のカギを握る「ICE」とは何か

子どもの成功のためには「IQ」を高めることが重要だとされてきましたが、実は「IQ・EQ・CQ」をまとめた「ICE」を、バランス良く育むことが重要です。株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が解説します。

なぜ、今「児童発達支援事業」が求められているのか…
>>>>>>>>記事を読む<<<<<<<<

社会生活において、成功の鍵を握っているのは「ICE」

東大は、18年度入試から、理Ⅲで面接試験を採用しています。かつては事前に質問が決まっている面接試験を行っていたこともありましたが、自由面接にすることで、コミュニケーション能力の評価を目指しているのだとか。要するに、テスト勉強だけでは、人間関係構築力などを目指す「21世紀型スキル」は評価できないということです。

 

そのような状況のなか、CQ(curiosity/creativity quotient=好奇心または創造性指数)が注目を集めはじめています。

 

IQ(intelligence quotient=知能指数)とは、端的にいうと、情報処理の能力と答えに達するまでのスピードを示す、抽象的な数値です。もちろん、IQが日々の生活や仕事にとって、重要であることに違いはありません。特に複雑なタスクにおいては、高いIQが必要とされます。

 

しかし、社会生活において、成功の鍵を握っているのは、実はIQに加えてCQ(curiosity/creativity quotient=好奇心または創造性指数)や EQ(emotional quotient=感情指数/心の知能指数)、その3つのバランス「ICE」なのだと、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの経営心理学の教授を務めるトマス・チャモロ=プレミュジック博士はいいます。

 

 

プレミュジック博士によると、IQは短期間に多くの情報を処理することを可能にし、EQは感情をコントロールすることができるようになり、CQは総合的な知識とリスクを恐れない冒険心をもたらすといいます。

 

CQは、総合的な知識と冒険心をもたらす(画像はイメージです/PIXTA)
CQは、総合的な知識と冒険心をもたらす(画像はイメージです/PIXTA)

 

IQだけでは、不確かで複雑な局面を乗り越え柔軟な対応をすることは難しいものの、それをEQとCQが補ってくれるのだそうです。

 

また、ICEのうち、どれかひとつが劣っている場合、ほかの部分でそれを埋め合わせることで、成功に近づくことが可能になるといいます。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

大坪 信之

幻冬舎メディアコンサルティング

近年増加している「発達障害」の子どもたち。 2007年から2017年の10年の間に、7.87倍にまで増加しています。 メディアによって身近な言葉になりつつも、まだ深く理解を得られたとは言い難く、彼らを取り巻く環境も改善した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!