三重県産科医5520万円…医師年収は都心より地方が高い理由

大学病院の教授の権威は失墜し、もはや野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなったという。健康診断や当直などのアルバイトで食いつなぐフリーター医師も出現した一方で、『ドクターX』で有名になった、専門的なスキルを売りにして腕一本で高額な報酬を得るフリーランス医師は、病院にとって不可欠となっています。100以上の病院を渡り歩いた現役麻酔科医が知られざる医療の現場、医師たちの本音を明かします。本連載は筒井冨美著『フリーランス女医は見た医師の稼ぎ方』(光文社新書)の一部を抜粋、再編集したものです。

【オンライン(LIVE配信)】6/24(木)開催
「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える
大増税時代の「節税」「資産運用」テクニック 
詳しくはこちら>>>

 

聖路加、虎の門…薄給でも人気ブランド病院

薄給でも人気なブランド病院

 

医師に人気があり、給料が安くても医師確保に苦労しない病院の特徴は二つある。

 

一つはキャリア形成に有用な病院、要するに「今は薄給でも、将来の出世や高給につながる」病院である。かつて、「白い巨塔」時代の大学病院はそうであった。国立がんセンターは薄給で知られる国立病院だが、外科医にとっては「難しいがん手術をバリバリこなして腕をみがけるし、ネームバリューがあるので転職に有利、将来開業してもホームページで経歴アピールできる」人気病院である。

 

筒井冨美著『フリーランス女医は見た医師の稼ぎ方』(光文社新書)
筒井冨美著『フリーランス女医は見た医師の稼ぎ方』(光文社新書)

一方で麻酔科医にとっては「長時間で単調ながん手術の麻酔ばかりやらされて勉強にならず、上から目線の外科医の相手も疲れるし、フリーランスに転職してもセールスポイントにはならない」不人気病院であり、ホームページでの「麻酔科医師募集」が常態化している。

 

もう一つは「人気病院なので、さらに人気が出る」病院である。人気のタワーマンションは価格が上昇し、「さらに値が上がりそう」なので、次々と買い手が現れる……という不動産バブルのようなものである。

 

「聖路加国際病院」「虎の門病院」のような東京駅や銀座へタクシー基本料金で行けるような都心有名病院は一種のブランド化しており、実際の研修内容はさておき、研修医の人気ランキングは常にトップ10入りしている。このような超人気病院ならば、各科に多世代の先輩が在籍しており「3年後、5年後、10年後」のキャリアパスを描きやすいし、「医師大量辞職、そして医療崩壊」のような事件も起きにくい。

 

病院が診療以外に教育・研究にも手を広げるには、とにかく人手が必要なのだ。人気病院には後輩もどんどん入ってくるので、雑用を後輩に廻して自分は留学やら好きな研究に打ち込むこともできる。あるいは、後輩がたくさんいれば、産育休も取りやすく当直残業免除でも肩身の狭い思いをしなくても済む。アルバイトもしやすい。

 

逆に、不人気病院では人手不足が常態化しているので、教育・研究もおざなり、有給休暇や産育休は取りづらく、アルバイト困難…という負のスパイラルが発生、そして医師大量辞職や医局崩壊のリスクは高い。

 

筒井冨美
フリーランス医師

【6月開催のセミナー】

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/18開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

フリーランス医師 

1966年生まれ。フリーランス麻酔科医。地方の非医師家庭(医師ではない一般家庭)に生まれ、某国立大学を卒業。米国留学、医大講師を経て 2007 年より「特定の職場を持たないフリーランス医師」に転身。本業の傍ら、メディアでの執筆活動や、「ドクター X~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)「医師たちの恋愛事情」(フジテレビ系)など医療ドラマの制作協力にも携わる。著書に『フリーランス女医が教える「名医」と「迷医」の見分け方』(宝島社)、『女医問題ぶった斬り!』(光文社新書)がある。

著者紹介

連載フリーランス女医が鋭く分析「医者の働き方、稼ぎ方」

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

筒井 冨美

光文社新書

大学病院の教授の権威は失墜し、野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなった。 いま、封建的で年功序列の組織に飛び込んで行っても、将来のポストの保証はない。その代わりに、医師たちは将来のキャリアに役立つ都心のブラ…

女医問題ぶった斬り!女性減点入試の真犯人

女医問題ぶった斬り!女性減点入試の真犯人

筒井 冨美

光文社新書

東京医大の入試不正事件をきっかけに明るみ出た、女性の医学部受験者への減点操作。「女性差別だ」の声の一方で、「必要悪」「長年の公然の秘密」との声も多かった。医学部人気が過熱し、女性の志願者も増える現在、なぜ「女医…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧