株も「長期投資」なら怖くない!預金よりお得といえるワケ

インフレに強い資産である株。分散投資の選択肢としてお勧めですが、「損するから怖い」と考えて二の足を踏む人は少なくありません。しかし、株の長期投資の場合、その期待値はプラス(得することが多い)であり、多くの場合には、預金として持っているよりずっとメリットが大きいのです。なぜそういい切れるのか、元バンカーの経済評論家・塚崎公義氏が解説します。

無料メルマガ登録こちら
医師の方はこちら

長期投資とは、会社のミニ・オーナー社長になること

筆者は「預金はインフレに弱いリスク資産なので、インフレに強い株にも分散投資しよう」という考えを持っています。しかし、「株は損することがあるから怖い」という人が多いのです。

 

そうした人に少しでも怖さを和らげてもらおうと思い、本稿を記しました。「株式の長期投資は期待値がプラスです。つまり、損することもあるけれども儲かることのほうが多いわけです。怖がらずに勇気を出して投資してみましょう」というわけですね。

 

株式投資には、長期投資と短期投資があります。長期投資というのは、株を買ってずっと持っていて、配当や値上がり益を期待する投資のことです。

 

短期投資というのは、今日買って明日売って値上がり益を得ることを期待する投資のことです。これについは別の機会に考えるとして、本稿では長期投資について考えましょう。

 

株式会社を設立したときに全額出資して株主になり、そのまま株を持ち続けている場合には、文字通りのオーナー社長であり、会社の財産は自分の財産ですね。

 

しかし、オーナー社長が会社の発行済み株式の一部を売却したとします。売却された株式が上場されたとすると、だれでもその株を買うことができます。

 

たとえば、私が1株買ってずっと持っているとすると、私はオーナー社長と同じ立場に立つのです。会社が儲かれば私の財産が増え、会社が損すれば私の財産が減る、というわけですね。違いは持っている株数だけです(笑)。

 

まあ、社長の選挙のときには株券を半分以上持っている人の意見が通るわけですが、私は社長を選びたいわけではないので、その点は気にしないことにしましょう。

会社の利益の期待値が「プラス」になるワケ

オーナー社長は、基本的に慎重ですから、儲かるか損するか五分五分の案件には手を出しません。期待値がゼロの案件は見送り、プラスの案件だけに投資するはずです。そうであれば、会社の利益の期待値はプラスになるはずです。

 

ところで、なぜ期待値プラスの案件が転がっているのでしょうか? それは、ほかの経営者も臆病だからです。経営者たちはリスクを嫌うので、「こんなに期待値が高いなら、リスクをとっても投資してみよう」と思える案件にしか投資をしないのです。

 

「期待値が大幅なプラスでないと手を出さない」という経営者ばかりの世の中であれば、期待値が小幅プラスの案件はだれも手を出さずに転がっているので、経営者のなかでは臆病度合いが低い経営者がそうした案件を拾うことができる、というわけですね。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済評論家・塚崎公義氏の「人生100年時代」を生きる資産管理・資産形成術

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧