『鬼滅の刃』狂騒曲…日本の出版業界は死んでいなかった?

新型コロナウイルスの感染拡大で日本人の働き方が大きく変わった。多くの企業でオフィスワークを在宅勤務に切り替えるなど対応に追われた。出版業界も例外ではない。出版社もリモートワークが始まり、新しい働き方が模索されている。都心部の大型書店は休業を余儀なくされ、出版業界も撃沈かと思われたが、売り上げ好調で予想外の健闘をしている。いま出版業界で何が起きているのか。新型コロナ禍の下での出版事情をレポートする。

新型コロナ感染拡大の時代背景もヒットの要因か

鬼滅は一般の市民生活にも影響を与えずにおかない。幼児へのインフルエンザ予防接種で、注射針を刺す前に「全集中!」と言う技が医師の間で流行っているという。全集中とは、鬼殺隊が鬼と戦うときに使用する呼吸法。実際に効果があり泣かずに頑張る子が増えたそうだ。

 

メタルシールのついた「鬼滅の刃マンチョコ」をコンビニで先行販売したところ、すぐにフリマアプリで高額販売が始まった。レアシール4枚セット付きが50万円で出品されたとかで、ワイドショーが早速飛びついた。

 

極めつけは菅義偉総理だ。11月2日に行なわれた衆議院予算委員会の答弁で、「江田さんですから私も、“全集中の呼吸”で答弁させていただきます」と返した。ウケるつもりが国会議員への浸透度はイマイチで、ほとんど笑いをとることはできなかった。

 

こうなるともはやブームや社会現象というより、「鬼滅狂騒曲」と言ってよいだろう。ツイッターではついに、「キメハラ=鬼滅の刃ハラスメント」なる新語が登場。「まだ映画を観ていない」「その良さがわからない」人にとって生きにくい空気が生まれつつあるようだ。

 

かくいう私もキメハラされる側の人間だ。中学卒業と同時に漫画・コミックと縁が切れ、今では床屋の待ち時間に『ゴルコ13』を読む程度。映画もアニメとなるとなぜか敬遠してしまっている。

 

この原稿を書くため、先日、劇場に足を運んだ。平日の昼下がりということもあり観客は10人ほど。これならコロナの心配もない。みな中高年で、私と同じ「話のタネに見ておかねば」派に見えた。

 

原作コミックスを読んでいたので、そんな予感もあった。やたらと首をはねる残虐シーンの連発と、何よりこれでもかという耳をつんざく大音響にやられてしまった。ただ、ここまでの鬼滅狂騒曲を奏でるのだから、日本人の3割を占める高齢者の支持も取りつけたはず。アニメはまた別物、アニメ大国日本を実感するつもりで出かけたのだが……。

 

一つ感じたことは、鬼に惨殺された主人公の重苦しい過去も、想像を絶する鬼の殺戮エネルギーも、コロナ禍の只中にいる我々だから真に迫ってくるのではないかということ。そういう意味で、コロナという時代が後押ししたヒット作と言えるかもしれない。

 

そして忘れてならないのは、このお化け作品が『週刊少年ジャンプ』の連載から出発したことである。コミックスの売り上げは、電子版を含めると累計1億部(発行ベース)を超えた。軽々に出版不況というべからず。本はまだ死んでいないのだ。

 

平尾 俊郎

フリーライター

 

 

【6月開催のセミナー】

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/18開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

フリーライター

1952年神奈川県生まれ。企業広報誌の編集を経て、1984年からフリー。著書に『はじまりモノ語り』(毎日新聞社)、『改築上手―「心地いい家」のヒント52―』(新潮社)、『教育で「未来」をひらけ─創価大の果敢な挑戦ドキュメント』(毎日新聞社)ほか。

著者紹介

連載「本」は死んだか?――今どきの出版事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧