手術後、大後悔…白内障手術でよくある「眼内レンズ」トラブル

白内障手術は誰もがなる病気です。今では安全かつ精度の高い手術方法が確立されているものの、実は手術後に後悔する患者が少なくありません。希望に沿う眼内レンズを入れられなかった結果、見え方に不満が生じているのです。なぜこのようなトラブルが起きているのでしょうか? もし起きてしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。年間1500件の白内障手術を手掛ける眼科医が解説します。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

手術後に多い相談…「多焦点眼内レンズに変えたい」

白内障手術は一生に一度だけ受ければ十分な手術です。他の目の病気にかからない限りは、その後ずっとクリアで快適な視界を維持することが可能です。しかし、一回の手術で「希望に沿う眼内レンズ」を入れることができず、手術後の見え方に不具合が生じてしまうケースが少なくありません。

 

当院にも術後トラブルを抱えた患者さんが受診されますが、中でも多いのは「単焦点眼内レンズを多焦点に変えられないか」という相談です。

 

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。よくある経緯としては、医師に「白内障手術が必要ですよ」と言われたのでその言葉に従ったら、手術について詳しい説明を受けられなかったうえに、眼内レンズまでも勝手に決められてしまった、というものです。本来、白内障手術の治療方法や手術方法、眼内レンズには選択肢があり、これらは基本的に患者さん自身が選ぶものなのですが…。

 

その後患者さんが自分で調べてみたら、「『多焦点眼内レンズ』というものがあるんだ、こちらならメガネをかけることなく近くも遠くも見えるようになったのか…」とショックを受けるのです。

 

逆に、眼内レンズについてある程度知っていたけれども、希望に沿うものを入れられなかったという患者さんもいらっしゃいます。

 

多焦点眼内レンズの存在を知っていて、興味があったから主治医に相談してみたけれど、「多焦点は見え方が甘いからおすすめしないよ、やっぱり単焦点のほうがいいよ」とあっさり否定されてしまって、結局単焦点眼内レンズを入れられてしまうのです。

 

少々話がそれますが、まだ多焦点眼内レンズが出回っていなかった頃に白内障手術を受け、単焦点を入れた方が「多焦点に変更できないか」と相談されることもあります。

 

(※写真は動画キャプチャ―)
(※写真は動画キャプチャ―)

治療方法は2つ…選択基準は「手術後の経過時間」

上記のような場合、単焦点から多焦点へと変更することが可能です。治療方法は2つ。1つめは眼内レンズそのものを入れ替える手術。2つめは、すでに入れている単焦点眼内レンズの上に多焦点眼内レンズを重ねて入れる「アドオンレンズ」という手術です。

 

白内障手術をしてから時間が経っている場合、眼内レンズを水晶体の袋の中から取り出すことが難しくなります。その場合は2つめの眼内レンズを追加する方法をおすすめします。

 

手術からそれほど時間が経過していなくて、簡単に眼内レンズを取り出せる状態であれば、1つめの方法を行います。


どちらの方法が適しているのかは医師とじっくり相談することが大切です。どちらも適していない場合もあります。いずれにせよ、後悔しないためには手術前のカウンセリングをしっかりと行い、目の状態をしっかりと把握し、ベストな治療方法を選択することが大切です。
 

 

【白内障手術実績年間1,500件の医師が解説~単焦点から多焦点レンズへの入替え方】

 

佐藤 香

アイケアクリニック 院長

アイケアクリニック銀座院 院長

 

 

【6月開催のセミナー】

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/18開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

アイケアクリニック 院長
アイケアクリニック銀座院 院長 

集中力を要する緻密な作業を得意とし、特に最先端の白内障レーザー手術において抜群の治療実績を誇る。そのほか、網膜硝子体や緑内障の手術も担当。
まぶたの手術やボトックス注射など、眼科医としての視点を活かした目周りの美容にも注力。また、校医を務めるなど、地元住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。
日々のちょっとした悩み相談から高度な治療まで、総合的な目のケアー「トータルアイケア」の提供を目指す。
現在、注目の眼科女医として、テレビやラジオ、新聞、雑誌などさまざまなメディアに取り上げられている。

http://cataract.eye-care-clinic.jp/

著者紹介

連載「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧