白内障手術で失敗…「眼内レンズを交換する」手術はできるか?

白内障手術について検索すると「失敗」というキーワードが散見されます。実際、手術後に「思うような見え方にならなかった」「むしろ見えにくくなった」という声が少なくありません。もし見え方が思わしくなかった場合、眼内レンズを入れ替えは可能でしょうか? また、どのような注意点があるのでしょうか。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が解説する本連載。今回のテーマは「眼内レンズの交換」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

白内障手術は「術前のカウンセリング」が極めて重要

「白内障手術をしたけれど、見え方が思わしくない」。その原因は眼内レンズの「度数ズレ」や、手術前のカウンセリングが不十分であったことが考えられます。前回の記事『白内障手術で「度数ズレ」が起きたら?眼科医が治療法を解説』(関連記事参照)では、「度数ズレ」の対処法を解説しました。

 

本記事でも引き続き、入れた眼内レンズが目に合わなかった場合の治療方法を解説します。

 

白内障手術で「クリアな視界」を手に入れるには、最適な眼内レンズを選ぶことが重要です。徹底的なカウンセリングを通して、患者さんそれぞれのライフスタイルやニーズに最も合う眼内レンズを見つけなくてはいけません。

 

しかし十分なカウンセリングを受けられない状況では、満足の行く手術結果とならない場合があります。

 

また、

 

「毎日、お仕事でPCや書類を見なければいけないのに、近くを見るのには不向きな眼内レンズを選んでしまった…」

「夜間に運転する機会が多いのに、暗闇の中だとまぶしさを感じやすい眼内レンズを選んでしまった…」

 

このように、手術前よりも生活の質が低下する恐れがあります。

 

合わない眼内レンズを入れてしまった場合、見え方を改善する治療が必要です。治療方法はいくつかありますが、ここでは眼内レンズそのものを別のレンズに入れ替える方法について解説します。

 

眼内レンズの取り出しは、目に負担がかかる可能性

眼内レンズを入れ替える方法について、知ってほしいことがあります。まずは「眼内レンズの取り出しは目に負担がかかる」ということです。

 

眼内レンズを挿入するときは、目の負担はほぼありません。眼内レンズは小さく折りたたんだ状態で入れるため、挿入するための切開創(手術時の傷口)はとても小さいものです。

 

しかし、一度入れた眼内レンズを取り出す場合はそうはいきません。挿入後、眼内レンズは目の中で広がるため、取り出すときは挿入時よりも大きな傷口が必要になります。

 

また、眼内レンズは固定された状態なので、切り取る作業が必要になります。これらの工程は目に負担をかける可能性があります。

眼内レンズの入れ替えは「半年以内」がおすすめ

もうひとつ知ってほしいことは、眼内レンズの入れ替えにはタイミングが重要であるということです。

 

眼内レンズの取り出しは目に負担がかかる可能性があると述べましたが、眼内レンズの挿入から半年以上が経っている場合は、さらに注意しなくてはなりません。

 

白内障手術の際、眼内レンズは水晶体の袋に挿入します。しかし手術から時間が経つとレンズと袋がくっついてしまい、入れ替えるためには、その袋ごと摘出しなくてはなりません。そうなると、新しい眼内レンズを入れるための袋がなくなるので、「強膜内固定」という特殊な方法で目の中に固定することとなります。

 

この方法では使える眼内レンズも制限されるため、場合によっては希望に沿う眼内レンズを入れることができない可能性があります。
 

時期やタイミングを逃すとさらに生活スタイルを悪化させる危険性があり、慎重に検討することが必要です。冒頭でも述べたように、眼内レンズは白内障手術を受ける前にしっかりと説明を受けて、希望に沿うものをじっくりと選ぶことが重要なのです。「後悔しないレンズ選び」を大前提にしましょう。

 

そのうえで、もし手術の結果に不満を感じた場合には、早めに入れ替え手術を検討しましょう。いま現在、手術を受けるかどうか悩んでいる患者さんには早めの受診をおすすめします。

 

【白内障手術実績年間1,500件の医師が解説~手術後、眼内レンズを入れ替える場合】

 

佐藤 香

アイケアクリニック 院長

アイケアクリニック銀座院 院長

 

 

【関連セミナー】

※【12/5開催】勤務医のための「キャリア&資産形成」戦略セミナー

 

※【12/5開催】4泊5日で取得!フィリピン永住権取得術&最速フィリピン不動産投資情報

 

※【12/5開催】入居率99%がずっと続く「驚愕&堅実のアパート経営」の秘密を大公開!

 

※【12/8開催】会社法活用のカリスマ弁護士が語る!事業承継リスク対策×種類株式戦略

 

※【12/8開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」による富裕層の節税対策・資産運用法

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【勤務医限定】「良いニュース」と「悪いニュース」

アイケアクリニック 院長
アイケアクリニック銀座院 院長 

集中力を要する緻密な作業を得意とし、特に最先端の白内障レーザー手術において抜群の治療実績を誇る。そのほか、網膜硝子体や緑内障の手術も担当。
まぶたの手術やボトックス注射など、眼科医としての視点を活かした目周りの美容にも注力。また、校医を務めるなど、地元住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。
日々のちょっとした悩み相談から高度な治療まで、総合的な目のケアー「トータルアイケア」の提供を目指す。
現在、注目の眼科女医として、テレビやラジオ、新聞、雑誌などさまざまなメディアに取り上げられている。

http://cataract.eye-care-clinic.jp/

著者紹介

連載「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧