「いいものを時間をかけて作る」日本企業が負けてしまうワケ

米国で30年以上研究者として活躍し、現在はスタンフォード大学医学部で教鞭をとる筆者が、仕事を極限まで効率化して最大の成果を得る、具体的なビジネススキルを公開! 今回は、時間に対する意識の重要性と、本来の業務ではない「付随する余分な仕事」がいかにビジネスの足かせになるかを取り上げます。※本連載は、スタンフォード大学教授、医学博士の西野精治氏の著書『スタンフォード式 お金と人材が集まる仕事術』(文藝春秋)より一部を抜粋・再編集したものです。

「情報」は無料ではない、対等に交換すべきもの

のんびりと仕事をする人や企業が立ち遅れていくのは彼らの自由ですが、そこに巻き込まれるとこちらも時間を取られてしまいます。一緒に仕事をするとは、同じ時間を共有すること。ペースを揃えなければ相手の時間を奪うことになると考えるべきだと思います。

 

「睡眠の**について教えてください」

 

こうした頼みごとを気軽にしてくるのも日本企業で、私も最初は日本人の一人として喜んで協力していましたが、プロジェクトとして成立しないことがほとんどでした。単なる情報交換ならまだましで、こちらが情報を提供して終わりというパターンも増えてきました。

 

考えてみれば、営利目的で利益を出しているのが企業というものなのに、こちらに対して時間も情報も無料で提供しろというのは乱暴な話です。大学の研究者は浮世のことは考えず、ひたすら研究していると思っているのかもしれませんが、アメリカはそんな甘いところではありません。NIHの他に企業や個人からの投資を得て研究費を獲得し、ようやくラボを存続させているのですから、余裕はありません。

 

シリコンバレーでは、最初のミーティングで可能性が見えないと、次のミーティングはありません。その時点で縁が切れます。私もそれに倣い、一度目のミーティングが単なる表敬訪問だったり、一方的に情報を求めるだけのケースでは、次のアポはお断りするようにしています。情報のフリーライド(ただ乗り)をお断りすることは冷たいように思えるかもしれませんが、仕事の感覚が違ったりペースが遅かったりする人への対抗策にもなっています。

 

「スタンフォードの**の先生を紹介してください」

「シリコンバレーの**社のこの部門の方と会いたい」

 

こういう頼みごとについても同じことが言えます。表敬訪問だけして進展がなかったりすると、紹介した相手にも迷惑をかけてしまいます。

 

情報は対等に交換すべきものです。何か情報を得たいのなら、自分も差し出せる情報を持っていくこと。あるいはビジネスとして対価を支払うこと。

 

このごく当たり前のルールを守ることが、自分も相手も尊重する個人主義と言えるでしょう。米国の生活で身についた「give and take」は、日本の「持ちつ持たれつ」とは違って、「公平にやり取りする」という意味であると理解しています。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

スタンフォード大学 医学部精神科 教授 医学博士 医師
スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所(SCNL)所長
日本睡眠学会専門医、米国睡眠学会誌、「SLEEP」編集委員
日本睡眠学会誌、「Biological Rhythm and Sleep」編集委員

1955年、大阪府出身。大阪医科大学卒業。1987年、大阪医科大学大学院4年在学中、スタンフォード大学精神科睡眠研究所に留学。突然眠りに落ちてしまう過眠症「ナルコレプシー」の原因究明に全力を注ぐ。2000年にはナルコレプシーの発生メカニズムを突き止めた。2005年にSCNLの所長に就任。2007年、日本人として初めてスタンフォード大学医学部教授となる。

睡眠・覚醒のメカニズムを、分子・遺伝子レベルから個体レベルまでの幅広い視野で研究している。

33万部のベストセラーになった著者の初作、『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)は、10カ国語に訳され、世界中でも広く読まれている。最新の著書は、2020年9月に文藝春秋より刊行された『スタンフォード式 お金と人材が集まる仕事術』。スタンフォード大学教授だからこそ発信できる希少情報が話題に。

※西野教授の理論をもとに開発された枕も好評。「BRAIN SLEEP PILLOW」

著者紹介

連載スタンフォード式!お金と人材が集まる仕事術

スタンフォード式 お金と人材が集まる仕事術

スタンフォード式 お金と人材が集まる仕事術

西野 精治

文藝春秋

スタンフォード大学で学んだ著者が説く、仕事術! 著者がアメリカトップの大学の一つであるスタンフォードの門を叩いたのは1987年のこと。それから多くの蒙を啓かれること30年余、真の成果主義や個人主義について学びました…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧