「2000万円大損だ」現地を見ずに即決したサラリーマンが絶句

経済基盤が安定すると、人は心に余裕を持ち、豊かな人生を送れることを多くの大家を取材して強く感じたという。1万人の大家を取材してきた著者が、サラリーマンの定年後に毎月着実に家賃収入を得ることができる不動産で資産を増やす方法を伝授する。本連載は賃貸不動産オーナー向け経営情報誌「家主と地主」の編集長の永井ゆかり氏の著書『1万人の大家さんの結論!生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門』(プレジデント社)から一部を抜粋、再編集した原稿です。

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

営業マンの言いなりに即決して2000万円の大損

最後、(6)の周辺の賃貸住宅の状況については、ライバルとなる賃貸住宅にはどんな物件があるか、入居状況はどうかなどを確認しながら見て回るといいだろう。たいてい賃貸住宅には管理会社や賃貸仲介会社の看板が設置されているので、どこの管理会社の物件かを知ることもできる。その看板一つ見ても、特定の会社の看板が設置されている物件は空室が多い、あるいは少ないといった状況もわかるので、購入後、どこの管理会社に頼むとよさそうかという当たりをつけることもできるのだ。

 

永井ゆかり著『1万人の大家さんの結論! 生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門』(プレジデント社)
永井ゆかり著『1万人の大家さんの結論! 生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門』(プレジデント社)

ただ、ぶらぶらと見て回るだけでなく、地元の不動産会社も訪問して、地域の家賃相場や入居率、募集状況、地元の家主の経営力などをヒアリングする。1社だけでなく複数社回ることで、地域のおおよその状況はわかる。

 

現地を見ずに2000万円損をした家主

 

実際、こうしたポイントを押さえず、現地確認をしないで購入したために痛い目に遭った人もいる。

 

土地を見ずに購入し2000万円損してしまった首都圏に住む吉田さん(仮名)だ。吉田さんは6棟の収益不動産を持つサラリーマン家主。ある日、自宅に不動産会社が訪ねてきて「売り地にアパートを建てませんか。高く買うという人がすでにいるんですよ」と土地の転売を持ち掛けてきた。住所を見ると、自宅からそれほど遠い場所ではなかったが、あまり気乗りしなかった吉田さんは一度は断った。しかし、それでもなおしつこく営業に来るので、結局営業マンの押しの強さに負けて、仕事が忙しいこともあり、一度も現地に行かずに購入してしまったという。

 

 

購入後、現地に行ってみると、そこは土地の傾斜が急で建物の建築には不向きな崖地だった。その崖地にアパートを建てる場合は傾斜地を整地しなくてはならず、その費用も必要となるため、そんな説明を受けていなかった吉田さんは不当だとして、提訴した。結果的に和解になったが、吉田さんの主張はほとんど通らなかった。理由は、建物を建てることで利益を得る目的で契約を結んだにもかかわらず、原告である吉田さんは、実際に建物を建てなかったからだ。結局、吉田さんはこの土地を売却したが、購入価格よりも2000万円損をした。

 

吉田さんの場合は、土地だったが、建物の場合も現地に行かずに購入することには同様のリスクが考えられる。

 

建物の状態をチェックし、リフォームがどの程度必要か、費用はどの程度かかりそうかの目途をつける。その上で、物件周辺を歩いてみて、その地域の住み心地を確認し、最後は地元の不動産会社を回って不動産会社から見た評価を聞き、総合的にその不動産の収益性がどうかを判断した方がいいだろう。

 

永井ゆかり
「家主と地主」編集長

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

「家主と地主」 編集長

1975年、東京都生まれ。日本女子大学卒業。1998年「亀岡大郎取材班グループ」に入社。住宅リフォー ム業界向け新聞、リサイクル業界向け新聞、ベン チャー企業向け雑誌などの記者を経て、賃貸不動産 オーナー向け経営情報誌「家主と地主」編集長、賃貸住宅業界向け新聞「週刊全国賃貸住宅新聞」編集長を歴任し、2004年、全国賃貸住宅新聞社取締役に就任、現在に至る。新聞、雑誌の編集発行の傍ら、家主・地主や不動産会社向けのセミナーでの講演活動を行う。本書が初の著書となる。2児の母。

著者紹介

連載一生お金をチャリンチャリン稼げる「サラリーマン大家」入門

1万人の大家さんの結論! 生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門

1万人の大家さんの結論! 生涯現役で稼ぐ「サラリーマン家主」入門

永井 ゆかり

プレジデント社

ひと昔は、大家さんというと「不労所得が得られる」と言われた。現在は人口が減少し、空室は増え、入居者の層も多様化し、世の中が複雑化したことで、大家の経営の難易度は確実に上がっている。しかし、やり方さえ間違わなけれ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ