5年で500万円超も…菅総理で注目の「不妊治療」、相場は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、日本の「出産事情」と、菅総理の所信表明演説で注目された「不妊治療」に焦点をあてていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

 

5年間不妊治療を続けていたという東京都在住のAさん夫婦(男性41歳、女性38歳、結婚歴10年、共働き)は、経済的な理由と精神的な理由で、治療を一時中断中しています。5年で費やしたのは、1年間で100万円ほど、5年間では500万円は超えるとか。「治療にかけるお金で、いつかマンションが買えちゃう」と冗談をいい、ダブルインカムでなので生活が困窮することはなかったといいますが、それでも経済的な負担は大きかったといいます。

 

Aさん夫婦、もしこれまで受けていた不妊治療が保険適用となったらどうするのでしょうか。「治療の回数を増やせるのは嬉しい。妊娠の可能性が増えるかもしれないから」とAさん夫婦からは前向きな言葉。さらに「精神的な落ち込みも、経済的負担が軽くなることで、少しは緩和されるかも」とも。

 

不妊治療。現状は高コストなため、満足な不妊治療を受けられるのは高所得者層のみといってもいいでしょう。保険適用が少子化対策にどれほど有効か、議論の余地はありますが、経済的な負担はもちろん、精神的な負担が軽くなる夫婦も多いのかもしれません。

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧