ジャパニーズウイスキーのブランドを損なう「酒税法」の問題

ウイスキーの本場といったらどこを思い浮かべるだろうか? イギリス、アメリカ――それだけではない。今、日本のウイスキーの評価はうなぎのぼりで、世界中の賞を総なめにしている。だが、肝心の日本人はその事実を知らない。しかし、それではもったいない――ウイスキー評論家の土屋守氏はそう語る。ここでは、ウイスキーをもっと美味しく嗜むために、日本のウイスキーの歴史や豆知識など、「ジャパニーズウイスキー」の奥深い世界観を紹介する。本連載は、土屋守著書『ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー』(祥伝社)から一部を抜粋・編集したものです。

問題点②:日本の酒税法には「熟成」への言及が皆無

樽熟成に関してもほかの五大ウイスキーでは詳細な規定があり、それぞれ次のようになっています。

 

【スコッチウイスキー】

●容量700ℓ以下のオーク樽に詰める

●スコットランド国内の保税倉庫で3年以上熟成させる

 

【アイリッシュウイスキー】

●容量700ℓを超えない木製樽に詰める

●アイルランド、または北アイルランドの倉庫で3年以上熟成させる

 

【アメリカンウイスキー】

●オーク樽で熟成させる(コーンウイスキーは必要なし)

 

【カナディアンウイスキー】

●小さな樽(700ℓ以下)で3年以上熟成させる

 

「穀物を原料とする」「蒸留を行なう」「木製容器で熟成する」。これがウイスキーの三大要件です。日本を除く五大ウイスキーは、アメリカンのコーンウイスキーのように一部例外はありつつも、基本的にはこの要件をすべて満たしています。

 

ところが日本の酒税法では、そもそも熟成についての言及がまったくありません。これでは、熟成せずともウイスキーを名乗ることができてしまいますし、木製ではなくプラスチックやホーロー製の容器に5年貯蔵したような製品も、「5年熟成」などといってウイスキーと謳うことが可能です。しかも、そこに「ジャパニーズ」を冠してもなんの罰則もないのです。

問題点③:「混ぜ物9割」でもウイスキーを名乗れる

そして酒税法の最大の問題点が「ハ」です。「ハ」の()内をよく読んでみてください。

 

 イ又はロに掲げる酒類にアルコール、スピリッツ、香味料、色素又は水を加えたもの(イ又はロに掲げる酒類のアルコール分の総量がアルコール、スピリッツ又は香味料を加えた後の酒類のアルコール分の総量の100分の10以上のものに限る)

 

これはつまり、ひらたくいうと「モルトウイスキーあるいはグレーンウイスキーが10%入っていれば、残りが醸造(ブレンド用)アルコールでも、ジンやウォッカでもOK」ということです。ちょっとびっくりしませんか?

 

そして、実際、低価格帯の製品には、ウイスキー以外のスピリッツや醸造アルコールを混ぜた、ウイスキー風のアルコール飲料が少なくないのです。量販店や大型スーパーに行ったら、売り場に陳列されている国産ウイスキーのなかで一番安い製品のラベルをチェックしてみてください。原材料欄にスピリッツやブレンド用アルコールと記載されているものがあると思います。

 

醸造アルコールを使ってもウイスキーを名乗れるというのは、ほかの五大ウイスキーの産地では絶対にありえません。日本では、醸造アルコール入りのウイスキーは戦後からずっと認められてきました。そのおかげで、戦後の物不足の時期にもウイスキーが飲めたという側面はあるでしょう。

 

しかしその結果、諸外国にはない「原酒混和率」などという用語が存在しています。この点をうやむやに放置しているのは日本だけなのです。もはや戦後すぐの状況とは違います。早急に見直すべきです。

 

書籍の詳細はこちら!
書籍の詳細はこちら!

 

 

土屋 守

ウイスキー文化研究所代表

ウイスキー評論家

 

【1月開催のセミナー】

 

【1/25開催】家賃収入、節税対策、資産運用…、髙松建設の安心の土地活用セミナー

 

【1/27開催】エリア権の獲得は早いもの勝ち!「長期安定×社会貢献」優良教育事業

 

※ 【1/27開催】不確実性の時代に際立つ「教育ビジネス(学習塾 スクールIE」の全貌

 

【1/29開催】中小企業の決算対策「コインランドリー事業」を活用した節税スキーム

 

※ 【1/30開催】人気エリア×レジデンス×不動産小口化商品争族回避「相続対策」

 

※ 【2/6開催】投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【広告主様向けセミナー】

 

【2/2開催】最強の「富裕層」集客手段「WEBセミナー」運営ノウハウを伝授

 

ウイスキー文化研究所代表 ウイスキー評論家

1954年、新潟県佐渡生まれ。学習院大学文学部国文学科卒業。フォトジャーナリスト、新潮社『FOCUS』編集部などを経て、1987年に渡英。1988年から4年間、日本語月刊情報誌『ジャーニー』の編集長を務める。取材で行ったスコットランドで初めてスコッチのシングルモルトと出会い、スコッチにのめり込む。
日本初のウイスキー専門誌『The Whisky World』(2005年3月-2016年12月)、『ウイスキー通信』(2001年3月-2016年12月)の編集長として活躍し、現在はその2つを融合させた新雑誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長を務める。
1998年、ハイランド・ディスティラーズ社より「世界のウイスキーライター5人」の一人として選ばれる。主な著書に、『シングルモルトウィスキー大全』(小学館)、『竹鶴政孝とウイスキー』(東京書籍)ほか多数。

著者紹介

連載ウイスキー評論家が語る!日本人が知っておきたいジャパニーズウイスキーの奥深い世界

ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

土屋 守

祥伝社

世界のトップ層は今、ウイスキーを教養として押さえています。翻って日本人の多くは、自国のウイスキーの話さえ満足にできません。世界は日本のウイスキーに熱狂しているのに、です。そこで本書では、「日本人とウイスキー(誰…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧