株価は美人投票だと知らしめた、日銀黒田総裁のパフォーマンス

あなたは美人コンテストの審査員です。このコンテストのルールは独特で、優勝者を予想・投票した審査員も豪華賞品がもらえます。あなたはなにを基準に「美人」を選び、投票しますか? じつはこの一連の行動には、株価上昇の仕組みと酷似している点があるのです。元バンカーの経済評論家・塚崎公義氏が、経済学者のケインズが語った「美人投票」の話を例に、株の値動きの仕組みを解説します。

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

ケインズの時代にあった、美人投票の「独特なルール」

「株価は美人投票だ」といったのは、経済学者のケインズでした。この言葉の意味するところは、「株価は人々が上がると思えば上がるので、事実よりも人々の噂を重視せよ」というものです。

 

もっとも、この趣旨を正確に理解するには、当時の美人投票のルールを知る必要があります。当時は、優勝した候補者に投票した審査員も「美的センスがある」として、賞品をもらうことができたのです。

 

このようなルールだと、審査員は自分が美人だと思う候補者に投票するのではなく、ほかの審査員が投票しそうな候補者に投票するようになります。たとえば、自分は候補Aが美人だと思っていても、候補Bが登場したときに審査員席の拍手が多ければ、Bに投票したほうが得になります。

 

さらにいうなら、候補者をじっくり見定めるより、審査員席の噂話に耳を傾けるほうが得でしょう。たとえば、美人だと思わない候補Cについて「審査員に賄賂を配っているから優勝するだろう」という噂が流れていたら、Cに投票すべきですから。「自分も賄賂がほしかった」と思うか否かは別として。

 

ここで留意すべきなのは「噂が誤りであっても関係ない」という点です。誤った噂を信じた審査員たちがCに投票すれば、Cが優勝するのですから。したがって、仮に審査員のなかにCの親友がいたとして、Cが賄賂など配っていないと知っていても、Cに投票すべきなのです。

 

株式市場もこれと似ています。どの会社が優れた会社であるかを懸命に調べるよりも、「あの株が上がりそうだ」という市場の噂に耳を傾ける方が儲けやすい、というわけです。筆者の株式投資の成績がいまひとつなのは、市場の噂が耳に入ってこないからなのですね。

 

もっともこれは、短期投資の話です。「人の噂も七十五日」ということわざがあるように、株を買って10年持っているつもりであれば、やはりよい会社、成長しそうな会社の株を買うべきでしょう。その意味では、筆者の長期投資が儲かっていないのは、筆者の分析力の欠如を物語っているわけですね(笑)。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済評論家・塚崎公義の「身近なテーマで経済センスを磨く」実践講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧