喫煙・飲酒・紫外線…「白内障のリスクを高める」医師が解説

白内障は、60代で約80%、80代でほぼ100%と、だれもが罹患する病気です。しかし、甘く見て放置していると、その裏で深刻な病気が進行しているケースもあるため注意が必要です。本記事では、白内障の発症を遅らせる可能性のある生活習慣や、初期において進行を緩やかにする点眼薬等について平易に解説します。※本連載は、渡邊敬三氏の著書『誤差ゼロを追求する 渡邊式・白内障治療』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

白内障かどうかを調べる検査はどこで受ける?

さて、ここまでを読んで「私は白内障かもしれないな」と感じた方は、早めに眼科へ行って診察を受けてみましょう。「細隙灯(さいげきとう)顕微鏡」という特殊な顕微鏡で水晶体の状態を調べてもらえば、白内障を発症しているかどうか簡単に知ることができます。

 

白内障かどうかを診断するための検査は、眼科であれば全国どこでも受けられます。ですから自宅に近い場所、交通の便の良い場所などにある医療機関から選んでも構いませんが、もし選択の余地があるのなら、実際に白内障手術を行っている眼科を選ぶのも良いでしょう。

 

白内障かどうかを診断するには検査を受けるだけですから、実際に手術を行っているかどうかは関係ないと思われるかもしれません。しかし、手術を行っていない眼科では白内障を発症していても、視力の低下のみを進行度の判断基準にする傾向があります。この場合の進行度とは「手術が必要なほど進行しているか」、あるいは「まだ手術をしなくてもよい程度の白内障か」といった意味です。

 

つまり視力が0.5か、1.0かなどの数値のみを重要視して、これは手術が必要な程度の白内障、こちらはまだ進行していない白内障というような判断を下してしまいやすいのです。白内障はこれまで見てきたように、眼のかすみやまぶしさ、物がダブって見える、にじんで見えるなど、いろいろな症状が起こり得る病気です。視力の数値がそれほど低下していなくても、それらの症状が日常の視覚生活を不自由にさせているかもしれません。

 

できることなら手術を含む白内障治療を日常的に行い、白内障について熟知している眼科で検査を受けたほうがいいでしょう。そのほうが患者さん個々の白内障の特徴や、今後に予測される進行の過程なども専門家の立場で的確にアドバイスをしてくれると思います。

南大阪アイクリニック 院長

近畿大学医学部を卒業後、同眼科学教室に入局し、府中病院(和泉市)にて勤務。オーストラリア・シドニーでの研究留学などを経て、帰国後は同大学病院眼科にて医学部講師として、白内障外来および角膜・ドライアイ外来を担当する。

前身の平木眼科を2016年に継承ののち、2018年に南大阪アイクリニックに名称を変更。最新の技術や医療機器を導入し診療に従事。海外ボランティア活動のほか、白内障や白内障手術の正しい情報を発信するオウンドメディア「白内障LAB」の監修も行っている。

【南大阪アイクリニック】 http://www.shoyokai.or.jp/
【白内障LAB】 https://www.hakunaisholab.or.jp/

著者紹介

連載術後に後悔しない「白内障治療」のすべて

誤差ゼロを追求する 渡邊式・白内障治療

誤差ゼロを追求する 渡邊式・白内障治療

渡邊 敬三

幻冬舎メディアコンサルティング

手軽に白内障手術を受けられる時代だからこそ正しい知識とクリニック選びで、術後の視力は劇的に変わる! 患者一人ひとりのQOL(生活の質)の向上こそが白内障治療の最大の目的である。 「最善の白内障治療法」を日々追…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧