親も半信半疑…企業の商業主義が生んだ「0歳児教育」の真価

人間の心や頭の発達にとって、子ども時代は重要な意味を持ちます。近年、傷つきやすい若者、すぐキレる若者、頑張れない若者が散見されるのは、学力や知力とは関係ない、何か他の能力の不足が関係している――と、心理学博士の榎本博明氏は語ります。ここでは、その能力とは何か、どうしたら高められるのかを紹介します。本連載は、榎本博明著『伸びる子どもは〇〇がすごい』(日本経済新聞出版)から一部を抜粋・編集したものです。

塾通いが一般化する一方、学習意欲の欠如に指摘も

小学校に上がってから躓かないためにはスタートが肝心だとか、小学校に入ってからやることを先取りしてやっておけば自信がもてて後がスムーズに行くなどと言われたりする。それにも一理ある。

 

教室に座っていても、先生の言うことや板書内容がまったく理解できず、友だちが発言する内容も理解できないというのでは、学校生活への適応は難しい。だが、学校の授業は子どもの発達に合わせてプログラムされているので、いきなりそのような事態に陥ることは、まずあり得ない。

 

はじめての場や慣れない場では過度に緊張する子、できないことがあるとすぐに自信をなくしてしまう子、しっかり準備ができていないと落ち着かずパニックになってしまう子などの場合は、親が適応のための手助けをすることも必要だろう。

 

たとえば、少しずつ先取りして予習をさせるのもよいかもしれない。一度読んだり説明を受けたりしたことなら、教室での先生の説明は比較的スムーズに頭に入ってくるだろうし、予習してあるということによって未知な状況に対する過度の緊張からも解放されるだろう。

 

だが、自分の力の及ばないこと、準備が間に合わなくて十分力を発揮することができないこと、自分の思い通りにいかないこと、そんなことは生きていれば何度も経験するものである。どんな子どもも、成長の途上で、そうした苦い経験を積み重ねていくことになる。それでも前向きに生きていかねばならない。

 

そこで大事なのは、そうした挫折状況を何とか耐え抜く精神力、多少苦手なことでもできる限り頑張ってみる意欲、できないことをくよくよ気にするより気分転換してできることに全力を傾けられる楽観性、好きなことや興味のあることに我を忘れて没頭する集中力などを身につけておくことである。

 

すなわち、自分の生きる道を力強く切り開いていける自発性や忍耐力こそが、ほんとうになくてはならない能力であり、幼いうちから培っておきたい能力なのである。

 

自分から知りたい、わかりたい、できるようになりたいと思うより前から、わけもわからずに知識を与えられ、スキルを教えられ、覚えさせられる。そのような形の早期教育は、学ぶ意欲の向上に結びつくとは考えられない。大切なのは、知りたい、わかりたい、できるようになりたいと思う心、そう思ったときに自ら積極的に調べたり学んだりする意欲である。

 

子どもたちの学習塾通いが一般化することによって勉強への意欲が高まっているかと言えば、まったくそんなことはない。むしろ逆である。生徒や学生の学習意欲の欠如が指摘され、学業成績の低下も指摘されている。

 

こうしてみると、早いうちから勉強をさせることのメリットはあまりないと言ってよいだろう。

 

書籍の詳細はこちら!
書籍の詳細はこちら!

 

榎本 博明

MP人間科学研究所 代表

 

【6月開催のセミナー】

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/18開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

MP人間科学研究所 代表 心理学博士

1955年東京生まれ。東京大学教育心理学科卒。東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。川村短期大学講師、カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学助教授等を経て、現職。

著書に『ほめると子どもはダメになる』『「上から目線」の構造』『薄っぺらいのに自信満々な人』『その「英語」が子どもをダメにする』『50歳からのむなしさの心理学』など多数。

著者紹介

連載心理学で分析…「できる大人」の幼少期はここが違う!

伸びる子どもは〇〇がすごい

伸びる子どもは〇〇がすごい

榎本 博明

日本経済新聞出版社

我慢することができない、すぐ感情的になる、優先順位が決められない、自己主張だけは強い…。今の新人に抱く違和感。そのルーツは子ども時代の過ごし方にあった。いま注目される「非認知能力」を取り上げ、想像力の豊かな心の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧