恐ろしい…日本のコンクリートマンションが腐り続けているワケ

本記事は、2017年12月18日刊行の書籍『改訂版 マンション管理組合理事になったら読む本』(幻冬舎MC)から抜粋したものです。税制改正等、最新の情報には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

このままだと大変なことに…有効な手段は何か?

極論をいえば、マンションのコンクリートを空気や水と遮断してしまえばいいのです。可能な限りコンクリートを直接外気や雨水に触れさせないようにすることが、中性化を防ぐのに有効な手段なのです。

 

ですから、マンションの維持保全の基本として、大規模修繕工事において第一に考えるべきことはこの点になります。

 

大規模修繕工事はマンションのコンクリートを中性化から守るために定期的に実施すべき作業です。さらに、現在は中性化防止にとどまらず、維持管理のためにさまざまな課題を解決するための修繕内容となってきています。

 

とはいえ、修繕工事の主体は外壁の補修や塗装です。また、屋上や屋根の防水も重要になります。常時、雨や紫外線にさらされている屋上や屋根は劣化が一番進行しやすい部分です。雨漏りやコンクリートの劣化等も進行しやすいため定期的な補修が必要になります。

 

株式会社翔設計グループ 代表取締役
一級建築士 

1953年生まれ。東京電機大学建築学科を卒業後、大手設計事務所を経て1985年に独立。現在の会社の前身となる事務所を設立。2年後に株式会社とし、同社の代表取締役を務める。建築総合コンサルティング業を営む同社の改修コンサルタント事業部では、マンション修繕コンサルティングを管理組合に対して行っており、関東を中心に、これまで携わった修繕コンサルティング件数は650件以上。その知見を活かし、2016年9月設立の一般社団法人防災事業経済協議会にて主幹理事、2017年11月設立の一般社団法人マンション改修設計コンサルタント協会にて理事長を務める。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本連載は、2017年12月18日刊行の書籍『改訂版 マンション管理組合理事になったら読む本』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

改訂版 マンション管理組合理事になったら読む本

改訂版 マンション管理組合理事になったら読む本

貴船 美彦

幻冬舎メディアコンサルティング

大規模修繕工事のタイミングは? コンサルタントはどうやって選ぶ? マンション理事を楽しむための秘訣が盛りだくさん! 自分たちが住む場所だからこそ、自分たちでよくしていきたい――。マンション理事と聞いて、堅苦しい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!