正しく答えられる?織田信長と豊臣秀吉…2人の知略に富む政策

※本連載は中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表・松本亘正氏の著書『中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 上巻(旧石器〜安土・桃山時代) 』(実務教育出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

秀吉が行った2つの政策

次の文章を読みながら、【⑬】~【⑱】を埋めましょう。答えはページ下部を参照(PCの場合は【 】内部をマウスでドラッグしても参照可能です)。
 

秀吉の政策は下の2つが重要です。

 

●【⑬太閤検地(たいこうけんち)】(【⑭1582】年)

 

ものさしやますを統一し、どれだけ米が収穫(しゅうかく)できるかという石高(こくだか)を調べ、検地帳(けんちちょう)に記録した。年貢(ねんぐ)を確実に取り立てることが目的。農民は耕作する権利が認められたが、年貢(ねんぐ)を納めることが義務づけられ、土地を離れることができなくなった。

 

●【⑮刀狩(かたながり)】(【⑯1588】年)

 

農民から刀、鉄砲(てっぽう)などの武器を取り上げた。農民の一揆(いっき)を防いで、田畑の耕作に専念させることが目的。武士(ぶし)と農民の身分が区別される兵農分離(へいのうぶんり)が進む。

 

太閤検地の「太閤」とは、関白(かんぱく)を退いた後の呼び名です。秀吉は、1585年に【⑰関白、翌年には【⑱太政大臣(だいじょうだいじん)の地位につきました。関白を辞めたのは1591年だから、「あれっ」と思いませんか?

 

太閤検地は1582年からと言いましたが、秀吉が関白を退いたのは1591年。どうして関白になってもいない1582年に行われたのが「太閤検地」なのでしょうか。

 

じつは秀吉が関白を辞めてから自分のことを太閤と呼んだため、昔の検地も、秀吉が行ったものは太閤検地と呼ばれるようになったのです。

 

刀狩は、「取り上げた武器は大仏づくりに使うので、農民もあの世に行ける」と行って武器を取り上げたそうです。もちろん、これは口実であって、狙いは一揆を防ぐことと、農業に専念させること。この2つの理由を覚えておきましょう。

 

<⑬~⑱の解答> ※PCの場合、上記【 】の中をマウスでドラッグ。

⑬太閤検地(たいこうけんち)

⑭1582(年)

⑮刀狩(かたながり)

⑯1588(年)

⑰関白

⑱太政大臣(だいじょうだいじん)

 

 

【安土・桃山時代の内容を復習する】 

 

松本 亘正

中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表

 

【6月開催のセミナー】

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/18開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

中学受験専門塾ジーニアス 運営会社代表 

慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校し、運営会社の代表に就任。現在は東京・神奈川の6地区に校舎がある。

ジーニアスはハイレベルな少人数制指導塾として、1学年200人強から開成、麻布などの御三家各校、筑波大附属駒場、慶應中等部、早稲田実業、渋谷教育学園渋谷、ラ・サールなど超難関校に例年合格者を多数輩出しており、募集時には毎年満席になる校舎もある。また、家庭教師のトライの映像授業「Try IT」の社会科を担当し、高校受験生からの支持も厚い。

おもな著書に『合格する算数の授業 図形編・数の性質編』『合格する地理の授業 47都道府県編・日本の産業編』(実務教育出版)があり、ほめて伸ばすだけをよしとしない、タイプ別に子どもへの対応方法を変えるなど独自の子育て論にも注目が集まっている。

著者紹介

連載難関中学合格率約60%・人気塾の授業を再現!ガツンとわかる「安土・桃山時代」

中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 上巻(旧石器〜安土・桃山時代)

中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 上巻(旧石器〜安土・桃山時代)

松本 亘正

実務教育出版

難関中学合格率約60%の中学受験専門塾の合格授業を再現! 中学入試の社会・歴史(旧石器時代〜安土・桃山時代)のポイントが、心から理解できる一冊。 【本書の特徴】 ●イラスト&図解で楽しくスイスイ読める! ●自…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧