弾け飛ぶ日本国債…「破産懸念」で「政府圧勝」のシナリオ

日本政府の財政赤字が膨らみ続けています。「現在の日本の借金額は…」という枕言葉のあとに伝えられる天文学的な数字を見て、不安におののく人も多いことでしょう。しかし、万一日本政府が破産の瞬間に直面しても、懸念されているような破滅的なシナリオにはならないかもしれません。いったいどういうことでしょうか? 経済コラムで多くのファンを持つ経済評論家の塚崎公義氏が、赤字国債が暴落したあとの日本について、独自の視点でシミュレーションします。

NEW【最新セミナー情報】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

「国債が暴落する可能性」は常にある

日本の財政赤字はかつてないほどにまで膨らみ、極めて危険な状況にあるという話は、政府や財政当局が発信する情報はもちろん、マスコミなどでもたびたび取り上げられています。こういった話を聞くたびに「日本は本当に大丈夫なのか?」「そのうち大変な災難が降りかかるのではないか?」などと不安を募らせている方も多いかもしれません。識者のなかには、日本の経済状況に警鐘を鳴らし、他国への移住を推奨する方もあるぐらいです。

 

現在の日本財政に不安を覚える人は多い
現在の日本財政に不安を覚える人は多いが…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

本稿で筆者が解説するのは上記とは逆であり、財政赤字が膨らんで日本国債が暴落し、日本政府が破産しそうになっても大丈夫だ、という話です。超少数説なので、読者に納得してもらうのはむずかしいかもしれませんが、「一般的な説とどこが違うのだろう?」と考えながら読んでいただけば、頭の体操として楽しめると思います。

 

さて、国債は市場で取引されていますから、いつでも価格が暴落する可能性はあります。なんらかのきっかけで、多くの市場参加者が「日本政府が破産しそうだ、急いで国債を売却しなければ!」と考えて売り注文を出すようなことがあれば、明日にでも起こるかもしれません。

 

流通している国債が暴落するということは「政府が新しく国債を発行しようと思っても、だれも買ってくれない」状況を意味しています。今年度の財政赤字分をどう調達するのか、過去に発行した国債をどうやって償還するのか、もしかして日本政府は破産してしまうのではないか…そんな恐怖に襲われる事態ですね。

 

大丈夫なのでしょうか? シミュレーションしてみましょう。

 

日銀に紙幣を印刷させ、それを政府が借りてくれば資金繰りに困ることはないので、本当に倒産する事態は考えにくいのでしょうが、そんな行為をすればハイパーインフレになってしまいかねませんから、それは禁じ手として使わないことにしましょう。

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済評論家・塚崎公義の「身近なテーマで経済センスを磨く」実践講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧