百貨店撃沈…コロナで客が気づいた「考えてみれば当然の事実」

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は激変している。景気後退が叫ばれ、先行き不透明感が増すなか、日本経済はどうなるか、不動産はどう動くのかに注目が集まっている。本連載は、多くの現場に立ち会ってきた「不動産のプロ」である牧野知弘氏の著書『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)より一部を抜粋し、不動産の現状と近未来を明らかにする。

大規模小売店のほとんどがECに替わる

一部の宝飾品やブランドものがインバウンド客の急増で売上を下支えしたものの、百貨店売り場はたくさんの人を集めて大量に商品を売りさばくビジネスから、売り場をショールーム化して特定の顧客層に対して高品質な商品を提供するビジネスに変わる過渡期にあります。まさに今回のコロナ禍は下支えしていたインバウンド需要を剝がし、百貨店というビジネスの業態変革を加速させるものとなりそうです。

 

牧野知弘著『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)
牧野知弘著『不動産激変 コロナが変えた日本社会』(祥伝社新書)

人が集まることなく買い物ができるのがEC(Electronic Commerce:電子商取引)です。ECは、商品やサービスをインターネット上で売買するビジネスモデルです。ひとくちにECと言っても参加者に応じて3つのタイプに分かれます。

 

一つが一般消費者向けに企業などが商品を販売する、いわゆるBtoCの取引形態によるものです。また企業同士が取引するBtoB方式のもの、一般消費者同士が取引するCtoC方式のものがあります。一般消費者同士のものはフリマアプリやネットオークションなどの形態をとるもので、個人間での取引も活発に行なわれるようになってきました。

 

ECのサイトはモール型と自社サイト型に分かれます。モール型はネット上の仮想店舗のようなもので、決済をモールが代行するだけでなくSHOPとしてのひな型を提供、店舗管理システムなども供与しています。日本では1997年に楽天市場がオープン、2000年にはアマゾンが日本語サイトをオープンして本格的に日本市場に参戦しています。

 

現在ECの市場規模は急拡大しています。経済産業省の調べでは2018年でBtoCマーケットの物販系は9兆2992億円。すでに百貨店協会集計の最高売上を記録した91年の数字に迫る勢いです。これにサービス系やデジタル系を加えると、次ページのようにその規模は17兆9845億円になり、小売市場全体の6.2%を占めるに及んでいます。またBtoBマーケットは344兆2300億円、CtoCマーケットで6392億円を記録するに至っています。

 

BtoCマーケットにおける分野別取引ではどうでしょうか。事務用品や文房具などは市場の40%、家電、AV機器、PCや周辺機器などは32%、本、映像、音楽ソフトは31%など、EC取引は小売市場の中での存在感を高めています。

 

すでに大きな地位を占めつつあったECをさらに拡張させたのが、コロナ禍です。これまでEC取引の中で、食品や飲料、酒などについてはマーケット全体のシェアはわずか2.6%というのが実態でした。今回のコロナ禍でも、国や自治体は毎日の買い物については不要不急の行為ではないとして、食品スーパーなどは自粛要請の対象から外しましたが、外食が制限を受ける中、スーパーは普段よりも多い買い物客で溢れかえり、濃厚接触のリスクを感ずるまでになりました。そこで注目されたのがネットスーパーです。

オラガ総研 株式会社 代表取締役

1959年、アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒。ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。2006年、J-REIT(不動産投資信託)の日本コマーシャル投資法人を上場。現在は、オラガ総研株式会社代表取締役としてホテルや不動産のアドバイザリーのほか、市場調査や講演活動を展開。主な著書に『空き家問題』『民泊ビジネス』『業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊』など多数。

著者紹介

連載不動産の動きを観察すれば、日本経済がわかる

不動産で知る日本のこれから

不動産で知る日本のこれから

牧野 知弘

祥伝社新書

極地的な上昇を示す地域がある一方で、地方の地価は下がり続けている。高倍率で瞬時に売れるマンションがある一方で、金を出さねば売れない物件もある。いったい日本はどうなっているのか。 「不動産のプロ」であり、多くの…

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

業界だけが知っている「家・土地」バブル崩壊

牧野 知弘

祥伝社新書

不動産が高騰し続けている。 銀座の地価は1980年代のバブル期を上回り、三大都市圏と「札仙広福」(札幌・仙台・広島・福岡)の上昇が著しい。国内外の投資マネーの流入、外国人富裕層の購入を背景に、超大型ビルや再開発の計画…

不動産激変 コロナが変えた日本社会

不動産激変 コロナが変えた日本社会

牧野 知弘

祥伝社新書

新型コロナウイルスの感染拡大によって不動産の世界は大激変している。「不動産のプロ」であり、長く現場の動向を観察してきた著者は、そう断言する。いったい、何が変わるのか?たとえば、従来社員一人当たり三坪で計算されて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧