まつ毛が太くなる、まぶたが黒ずむ…「緑内障の目薬」の副作用

「緑内障」は、日本人にとって失明原因となりうる疾患の1、2位を争う怖い病気ですが、病気の進行抑制に大きな効果を持つ「目薬」を使えば、最悪の事態を回避することが可能です。しかし効果抜群である一方、副作用もあり、そのせいで治療を中断する患者さんが少なくありません。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が解説する本連載。今回のテーマは「緑内障の目薬の副作用と対処法」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。

最悪、失明だが…「緑内障の目薬」の中断者が多いワケ

「緑内障」とは、目の神経がダメージを受けることで見える範囲が徐々に狭くなっていき、重症化すると失明の可能性もある怖い病気です。

 

緑内障のチェック方法や手術方法については、以前の記事『自覚困難な『緑内障』の症状…「視野の欠け」を体験してみよう』『失明を防ぐ「緑内障の目薬」そのスゴい仕組みとは?医師が解説』でも解説しています(関連記事参照)。

 

緑内障の目薬は進行を抑えるのにとても効果的ですが、使い方が複雑なためにうっかり差し忘れてしまう患者さんが少なくありません。また、副作用が出ることから、自己判断で治療をやめてしまうケースも度々起き得ます。

 

適切な使用を続けなくては緑内障の進行を抑えることはできません。そこで今回は、効果的な治療を続けるためのポイントとして、緑内障の目薬治療で生じやすい副作用とその対処方法について解説します。

 

よくある副作用「充血」は、「時間帯の工夫」で対処

主な副作用の一つに「充血」があります。緑内障の目薬には様々な種類がありますが、その多くで見られる副作用です。周りの人に「あれ、目が赤いよ」「大丈夫?」と指摘を受けることもあるので、気にしている患者さんもいらっしゃるのではないでしょうか。人によっては「目が赤いって言われちゃうから、差したくないな」と中断する理由にもなります。

 

「充血」に対処するポイントは「目薬を差す時間」を工夫することです。充血は一時的なものであり、点眼から1~2時間をピークに治まっていきます。治まる頃合いを知っていれば、ピークが過ぎるまで人目を避けることができますよね。また、予定がある日は、余裕を持って起床し、朝一番に目薬を差すとよいでしょう。身支度を済ませて、出発する頃には1~2時間ほど経過しているでしょうから、目の充血が改善しているという計算です。

目元周辺への影響は、「目薬の差し方」で予防可能

二つ目の副作用は、まつ毛が太く濃くなってしまうこと、まぶたが黒ずんでしまうことです。目薬の種類によって生じうるものです。

 

まつ毛が濃くなる、太くなるという点においては、女性にとってはそれほどデメリットに思われないかもしれません。しかし、片目のみ緑内障を発症しているケースは珍しくありません。すると、目薬を使っている片一方の目のみ、まつ毛が濃く太くなってしまいます。やはり違和感を抱いてしまい、気にする患者さんが多いのです。

 

また、まぶたの黒ずみについても、充血やまつ毛の問題と同様に目に付く変化です。鏡を見るたびに気になったり、「何だか疲れていそうだね」と言われたりするので、「こんな副作用が出てしまうなら…」と目薬の中断を考えるきっかけになっています。

 

副作用に思い悩み、目薬の使用を諦める結果とならないためには対処法が必要です。そこでポイントとなるのが「目薬の差し方」です。

 

目薬を使うのは意外と難しいものです。「あれ、今ちゃんと目の中に入ったかな?」と数回試すうちに必要以上に差してしまったり、せっかく目の中に差すことができても、瞬きをするうちに目の周りへ流れてしまったり…。また、差すときに目薬の先端にまつげが当たってしまう人もいらっしゃるでしょう。これは衛生上とてもよくありません。

 

上記に心当たりのある方は要注意です。実は、そのような使い方こそ「まぶたの黒ずみ」や「片側だけまつ毛が伸びる」という副作用に大きく関係しているものだからです。

 

目薬は「必要な分」だけ「必ず目の中に」差すことが重要です。そのためにはまず、片手で下瞼をしっかりと下げ、視線を上向きにしましょう。このとき、だいたいの人はもう一方の手で目薬の容器を持っているかと思います。確実に差すために、容器を持つ手を「下まぶたを下げているほうの手」で支えましょう。これにより、安定して一滴だけを点眼できるようになります。

 

差したあとは、ぱちぱちと瞬きをするのではなく、液体がこぼれていかないように、軽く目を閉じましょう。それでもこぼれてしまった場合は、ティッシュなどで優しく拭いてください。

 

皮膚についてしまっても、きちんと洗い流せば副作用は出にくくなります。点眼後、お風呂に入ったり顔を洗ったりするのも、おすすめの予防方法です。


緑内障の進行を防ぐには「毎日の目薬」が重要です。副作用に悩んで中断してしまうことのないように、ぜひ今回の内容を試してみてくださいね。
 

 

【手術実績多数のスゴ腕ドクターが解説! 緑内障の「目薬」の副作用と予防法】

 

佐藤 香

アイケアクリニック 院長

アイケアクリニック銀座院 院長

 

【関連セミナー】

※【11/6開催】地域貢献×高利回り「コインランドリー投資」の全容

 

※【11/7開催】年10%の利回り保証!「ベトナムスパリゾートホテル投資」の全貌

 

※【11/7開催】4泊5日で取得可能!「フィリピン永住権」取得術

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【随時】《年収800万円》の会社員向け/不動産投資を始めたい人向け相談会

アイケアクリニック 院長
アイケアクリニック銀座院 院長 

集中力を要する緻密な作業を得意とし、特に最先端の白内障レーザー手術において抜群の治療実績を誇る。そのほか、網膜硝子体や緑内障の手術も担当。
まぶたの手術やボトックス注射など、眼科医としての視点を活かした目周りの美容にも注力。また、校医を務めるなど、地元住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。
日々のちょっとした悩み相談から高度な治療まで、総合的な目のケアー「トータルアイケア」の提供を目指す。
現在、注目の眼科女医として、テレビやラジオ、新聞、雑誌などさまざまなメディアに取り上げられている。

http://cataract.eye-care-clinic.jp/

著者紹介

連載「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧