ベトナム不動産投資、日本人がやらかした「購入トラブル」の例

ベトナム不動産投資の現場には、いたるところに「カモ」を狙う輩が潜んでいます。少しでも不注意なところを見せると、すぐに付け込まれるため、気を抜くことは許されません。本記事では、実際にあったトラブル事例を取り上げ、問題の原因とその後の対応策を紹介します。現地で不動産ビジネスを展開する筆者が、ベトナム不動産市場の最新動向とともに、外国人権利物件を購入・売却する際の注意点等を解説します。

現地の従業員を頼り過ぎ、購入資金をだまし取られる

【実例2】現地人の従業員に、不動産の購入資金をだまし取られた

会社の事務所を購入するため、会社の従業員の勧めに従い、中古の戸建ての手付金を支払った。その後、外資が購入できないことが判明。驚いて手付金の返金を求めたが、戻ってこない。

 

 その後の経過と対応 

 

話によると、相談者が経営する会社に長年勤務するベトナム人の従業員から、よい戸建ての物件を事務所として使用してはどうかと勧められ、下調べもせずに即座に手付金を支払い、契約締結をしてしまったとのことです。しかしその後、ベトナム人が保有する、外国人(外国企業)が購入できない中古物件であることを知り、契約解除と返金を求めましたが、先方は「契約不履行により手付金は没収」といい張り、そのままになっているとのことです。

 

冒頭で述べた通り、ベトナム人所有の中古物件は、原則として外国人(外国企業)は購入できません。そもそも、それすら調べずに手付金を支払ってしまったことが問題なのですが、さらに不動産購入契約書も、公証役場での認証がなく、すべてベトナム語のみのものでした。購入者が内容を認識することもなく、すべて従業員任せにしていたのです。

 

ひどいことに、問題の従業員は返金トラブルが発生後、相談者の会社に購入資金を出させ、自分の名義で購入したうえで、会社に使用させるという提案をしていました(善意か悪意かは判断できませんが)。

 

筆者は、不動産をベトナム人名義で購入することの問題点や、これまでのトラブル事例等々をあげながら、今後予想しうるリスクについて詳しく説明しました。その後、手付金を回収する方向で対応することを決め、ベトナム人弁護士とも協力しながら、回収を手伝いました。

 

★長年勤務していた従業員を信じたい気持ちはわかりますが、最終的には投資は自己責任です。大事なところは人任せにせず、自分自身の目でしっかりと確認しなければなりません。そのような姿勢が、この国で長く生き抜く秘策となるのです。

 

今回は2つの事例をご紹介しましたが、なかには事例として取り上げるのをためらうような悲惨なケースもあります。とくに代理店とのトラブルには要注意です。

 

ベトナムは魅力的な国ですが、なかなか一筋縄では行かない部分もあります。人を陥れるような悪意を持つ人もいますが、とはいえ、その点については日本も同様でしょう。

 

だましにかかる彼ら・彼女らは、日本人のことをよく勉強して理解しています。いまも虎視眈々と日本人のカモを狙っているのです。ベトナム不動産に限らず、投資を行う場合はくれぐれも慎重さを失うことなく、自己責任である点を踏まえたうえで、行動してください。

 

徳嶺 勝信
VINACOMPASS Co., Ltd.
General Director

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

VINA COMPASS Co., Ltd. General Director

沖縄県宮古島生まれ。久留米工業大学を卒業後、トヨタグループ系列の株式会社アイチコーポレーション入社。特殊車両メーカーの営業部門で16年勤務。
2004年、商談で訪れたベトナムホーチミンに魅了され、独立起業、単身にて渡越。 2006年、取引先の製薬会社と合弁で排水処理会社を設立。
国営事業であるホーチミン市病院排水処理事業の入札業者として認証を受け、在籍中235ヶ所の病院排水処理を手掛ける。2012年、合弁会社の株を売却。新たに浄排水処理会社としてSHINY VIETNAM社、不動産・建築会社としてSHINY REAL社を設立。現地企業やベトナム政府事業の実績を活かし、越人コミュニティに入り、浄排水処理事業を手掛ける傍ら、日系大手への環境コンサル支援や、現地最大手の不動産デベロッパー、VINHOMESの日系唯一の販売代理店としてCentral Parkプロジェクトの販売を手掛けた。2018年、SHINY社、合弁解消後、新たに独資でVINA COMPASS社を設立。不動産販売仲介、賃貸仲介、管理運営、内装工事、進出支援コンサル業を手掛ける。特に進出時の事業許可、会社設立時のリスクヘッジ関連を得意としている。

VINA COMPASS社ウェブサイト:http://www.vinacompass.com/

著者紹介

連載ASEAN諸国で最も熱いベトナム――現地から探る不動産投資と事業の可能性

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧