家族でもダメ…「連帯保証人」の話を絶対にしてはいけないワケ

数ある契約の中でも、「連帯保証人」ほど恐ろしいものはありません。むごい法的義務ばかりを負わされ、権利がほぼないに等しいからです。一体どのようなリスクを負い、どのような結果を迎えることになるのでしょうか? ここでは、筆者が実際に目撃した連帯保証人のケースを紹介します。※本連載は、烏賀陽弘道氏の著書『敷金・職質・保証人―知らないあなたがはめられる 自衛のための「法律リテラシ―」を備えよ』(ワニブックス)より一部を抜粋・再編集したものです。

「でも、社長の契約書を破れば無効じゃないですか?」

私は、連帯保証人から降りるよう、村野さんに勧めました。私から見れば、村野さんは知らないまま破滅に通じるドアの前に立っているのです。「惻隠の情」という言葉があります。ほっておけないと思いました。私の実母が陥った転落も脳裏に蘇りました。

 

もちろん、いったんハンコをついて引き受けたのですから、普通は撤回できません。撤回するには、店舗の貸主と借り主である「社長」両方の同意が必要です。つまり二人を説得して撤回の同意書にハンコをつかせなくてはいけないのです。弁護士を雇っても、これは達成できなくて普通の難事業です。

 

「社長の事務所にある賃貸契約書を破って捨ててしまえばいいんじゃないですか」と村野さんは言うのですが(つまりそれで契約が無効になると思った)そんなに甘くはありません。契約書は2通作って、契約者両方(この場合は社長と貸主)が保管します。一通を捨てても、貸主がもう一通を持っています。そして家賃の滞納が起きたとき、貸主はその契約書を法的根拠に、村野さんに返済を求めるのです。

 

村野さんはためらいました。社長の意に背けば、クビにされ、職を失うかもしれないという不安がありました。クビにされなくても、いやがらせをされて職場を辞めざるを得ないように仕向けられるのではないかと恐れました。

 

しかし、連帯保証人になったままでは、滞納家賃を返さなくてはならないというもっと大きなリスクが延々と続きます。私はそうした連帯保証人の背負うリスクについて村野さんに説明しました。

 

村野さんは貸主を直接訪問し、連帯保証人を降りたいと伝えました。が、案の定、反応は冷淡でした。私から見ても、それは当然だと思います。貸主にすれば、物件を貸した相手側の会社内部の問題なのです。加えて「連帯保証人がいなくなる」というリスクを貸主が取る義務も必要も、どこにもありません。ある日突然やって来た、未知の人物である村野さんにそこまで親切にする理由もありません。

無事、契約解除となったが…

ここに至って、村野さんは弁護士を代理人として雇うことを決心しました。

 

いくつかの点が、村野さんに有利に働きました。前述のような、パワハラ的な環境でハンコをつかざるを得なかったこと。村野さんの勤め先が、タイムカードや労働契約書も作らず、残業代も払っていなかったこと。弁護士が入って、ようやく二人ともが連帯保証人の解除に同意したのです。破滅のドアの手前で、引き返すことができました。

 

連帯保証人の過酷な法的義務を知った後では、村野さんも「社長」や勤め先との関係を以前と同じに見ることができなくなりました。そんな不利な立場に自分を就かせたという事実を知ってしまうと、上司をそれまでとは同じには思えなくなったのです。連帯保証人から降りたい、いやダメだの押したり引いたりのやりとりの中で、感情的な摩擦も生まれました。結局、村野さんは3年間勤めた職場を辞めました。

 

ここでも、連帯保証人を依頼する・引き受けるというやりとりが、それまでの人間関係を吹き飛ばしてしまったことがわかります。連帯保証人になることは、それぐらいの破壊力を持っています。一生回復できないようなダメージを残します。

 

私なら、関係を大切にしたいと思う相手(家族、友人など)に連帯保証人を依頼したりは決してしません。逆に言えば、連帯保証人になってくれと依頼してくるような相手は、私との関係を大切には思っていないのだと考えます。

 

 

 

 

烏賀陽 弘道
報道記者・写真家

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

報道記者・写真家

1963年、京都市生まれ。京都大学経済学部を卒業後、1986年、朝日新聞社に入社。名古屋本社社会部などを経て、1991年からニュース週刊誌『アエラ』編集部員。1992年に米国コロンビア大学国際公共政策大学院に自費留学し、軍事・安全保障論で修士号を取得。1998年~1999年に『アエラ』記者としてニューヨークに駐在。2003年に退社し、フリーランスの報道記者・写真家として活動している。

著書に、『フェイクニュースの見分け方』(新潮社)、『「Jポップ」は死んだ』『福島 飯舘村の四季』(以上、扶桑社)、『原発難民 放射能雲の下で何が起きたのか』(PHP研究所)など多数。

著者紹介

連載知らないあなたがはめられる!「連帯保証人」の恐怖

敷金・職質・保証人―知らないあなたがはめられる―自衛のための「法律リテラシ―」を備えよ

敷金・職質・保証人―知らないあなたがはめられる―自衛のための「法律リテラシ―」を備えよ

烏賀陽 弘道

ワニ・プラス

現代日本では「無知は利用される」。地雷原に踏み込まないように、地雷に吹き飛ばされないようにするために、我が身を自分で守る「自衛のためのリテラシー」。「法律」「契約」「司法」「インターネット」といった多種多様なジ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧