財務省のミスリーディング「日本政府の財政赤字」を改めて解説

財務省は巨額な財政赤字について、国民が問題意識を持つよう常に啓発に努めています。経済にくわしくない国民にも理解しやすいよう、身近な例に置き換えて解説していますが、あたかも困窮した家計が消費者金融で借金しているかのような説明であり、明らかなミスリーディングであるといえます。経済コラムで多くのファンを持つ経済評論家の塚崎公義氏が、日本政府の財政赤字をより正確に理解するため、財務省の解説よりも、さらに実態に近い事例を用いて平易に解説します。

財務省の例え話では、どう解釈しても誤解が生じる

日本政府が抱える巨額の財政赤字とそれがもたらす日本の悲惨な将来について、財務省はPRに余念がありません。少しでも経済に関心のある方なら、すでにこのストーリーは「耳にタコ」状態ではないでしょうか。

 

財務省のホームページを見れば「日本政府の財政を家計に例えると、収入がX万円、支出がX万円、不足分は借金で賄っており、その借金は巨額です…云々」という解説文にすぐたどり着くことができます。

 

「X兆円」といった単位の説明をしても、額が大きすぎていまひとつピンと来ない国民のため、身近な例に置き換えて、身近な数字で説明しようとする努力は評価しますが、この説明自体がミスリーディングであり、経済学者・経済評論家としては見過ごすことができません。

 

財務省の説明のように、もしも家計が赤字であるならば、勤務先に賃上げ交渉をしたり、飲みに行く回数を減らしたりすればいいのです。勤務先や飲み屋は困るかもしれませんが、彼らは赤の他人なのですから、知ったことではありません。

 

しかし、政府が財政赤字を減らすためには、国民から税金を多く徴収したり国民に支払う年金額を減らしたりする必要がありますから、赤の他人ではない国民が大変な目に遭うことになるわけです。

 

つまり、財政赤字を減らすのは、家計の赤字を減らすよりはるかに痛みを伴うことなのです。これらはまったく違う状況であり、例えとして使うのは不適切です。この点については、拙稿『財務省の啓発情報「財政を家計にたとえると大赤字」が生む誤解』に記した通りです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
財政赤字を減らすのは、家計の赤字を減らすよりはるかに痛みを伴うことであり…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済評論家・塚崎公義の「身近なテーマで経済センスを磨く」実践講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧