コロナと戦う「医療従事者のお母さん・お父さん」に目を向ける

東京大学を卒業した杉山宗志氏は、福島県いわき市を中心に展開する「ときわ会グループ」にて、病院の事務方として働いている。医療現場の現状に大きな注目が集まるなか、現場からの声を聞いた。※「医師×お金」の総特集。GGO For Doctorはコチラ

医療従事者を悩ます「医療以外の問題」

コロナ対応は短期的に盛り上がる場面がある一方、医療現場では、長期化することを前提として試行錯誤の日々が続いています。これから秋冬にかけて、感染が拡大する可能性があります。乗り切るには医療従事者の負担を軽減しなければなりません。

 

業務の負担軽減策を進めるのはもちろんですが、それ以外にも方法はあります。たとえばコロナ禍で改めて重要性が高まっているものとして、子育て部門の支援が挙げられます。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

筆者の所属するグループでは、子育て関連施設を運営しています。2つの保育園(事業所内保育事業と企業主導型保育事業)と幼稚園、それから小学生の放課後児童クラブです。医療従事者・介護従事者を確保するための方策の1つとして取り組んできたものです。

 

実際に、「子育て部門が充実している」という理由で入職を決めた職員も数多くいます。0歳から小学校を卒業するまで面倒を見ることができ、また最近では、中学生の指導もできる体制が整ってきています。

 

保育園を利用しているほとんどがグループ内の職員の子です。幼稚園や放課後児童クラブには、グループとは関係のない地域枠の子も混ざっていますが、やはり多くはグループ内の職員の子です。医療従事者、介護従事者が数多く利用しているのです。

 

今回のコロナ禍で、子育て部門はどのような動きをしたのでしょうか。コロナが猛威をふるい始めてからの経緯は次のようなものでした。

 

NEW【最新セミナー情報】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

ときわ会グループ 

静岡県伊豆出身。静岡県立韮山高等学校、東京大学工学部建築学科卒業、同大学院工学系研究科建築学専攻修士課程終了。東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム修了。東京大学在学中は運動会剣道部に所属。現在は福島県いわき市を中心に医療、介護、教育を軸に事業展開する『ときわ会』にて勤務。

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載医療従事者が本音で語る「日本社会」の現状~GGO For Doctor

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧