なぜ、大統領選の年は「米国不動産購入のチャンス」なのか?

11月に迫った米国大統領選挙。オープンハウスは、大統領選挙がある、この2020年こそ不動産購入のチャンスだという見解を示していますが、一体なぜなのでしょうか。「※「不動産投資ガイドBOOK」を無料プレゼント中!詳しくはコチラ

裏を返せば物件購入のチャンスと捉える見方も

今回の大統領選を見ても、不動産業界に対して対照的なスタンスを取る両候補がしのぎを削る構図になっています。どちらが勝つにせよ、不動産市場に影響を及ぼすファクターは無数に見受けられるため、判断の難しさから、大統領選が終わるまで消費者が静観に努めようと考えるのも何ら不思議なことではありません。不動産市場そのものも新型コロナウイルスの影響で例年よりも見通しが難しいものになっている現在、そうした傾向はなおさらだと言えるでしょう。

 

大統領選で不動産の販売数や価格が落ち込む一方、逆から見ればそれを「買い手市場」と捉えてチャンスとみなす人もいます。物件の購入を視野に入れている人は、大統領選後の値上がりを見越して今から積極的なアクションに動くか、それともまだ少し様子を見ておくか、一考の価値はありそうです。

 

 

株式会社オープンハウス

ウェルス・マネジメント事業部

[PR]「優良物件を安く買う⁉」
【オープンハウスの不動産投資】詳しくはこちら>>>>

東証一部に上場しているオープンハウスでは、自社グループが一環となり、物件の見極め、融資・購入から管理まで、オープンハウスにしかできないワンストップサービスをご提供いたします。

オープンハウス主催!アメリカ不動産投資セミナーはこちら

著者紹介

連載「勝つ」ために知っておくべき「アメリカ不動産投資」の基礎知識

※本記事は、富裕層のためのウェブマガジン「賢者の投資術」(Powerd by OPEN HOUSE)にて公開されたコラムを、GGO編集部にて再編集したものです。

(※1)ジョナサン・ミラー氏のツイート

(※2) The Real deal “This is how presidential elections really affect home sales”

(※3) Mashvisor“How 2020 Election Will Affect US Housing Market”

(※4) Market Watch “The Chinese purchase more U.S. residential real estate than buyers from any other foreign country, but Trump’s trade war may change that”