「定時に帰りたい」を実現させた、経営コンサル「驚愕の提案」

「小さな見直し」をすることで、あなたの会社の業績は大きく変わるかもしれません。平石経営研究所代表・経営コンサルタントの平石奎太氏は、書籍『生産性向上はこうする』(幻冬舎MC)にて、規模や業種を問わず、多方面にわたった「生産性向上」事例を紹介しています。

受注拡大と新規受注につながった

後に、納入先から組立の品質を評価されて西日本全域の受注を得、新たな運輸部門の受注にもつながったとのことでした。工程を1/2にすることは、不要な工程を削除し、作業をやりやすく簡素化することを意味しています。その結果作業者に余裕が出来品質にもよい影響が出てきます。僅か1ヶ月で果たした見事な成果で、社業に大きく貢献することになりました。


最大の成功要因は大きな目標設定でした。この倉庫業の新規受注は、まさしく運送周辺業務(受入、組立、検査、保管、出荷 etc.)を一括して受注する運送業の新しい発展の方向(3PL|サードパーティーロジスティック)を意味しています。

 

●教訓

1.営業力は企業の競争力を高めてこそ強化される
2.「競争優位」をどこで確立するか、得意分野を特定することが重要
3.得意分野を圧倒的な競争力にまで高めてこそ経営基盤は強化される

 

※本記事は、連載『生産性向上はこうする』を再構築したものです。

 

 

平石奎太

平石経営研究所代表

平石経営研究所 代表
経営コンサルタント

(元)大阪府指定出資法人評価等審議会委員
1959年 東京大学法学部卒業
1959年 三洋電機株式会社入社
・冷蔵庫国内営業部統括部長
・冷凍機事業部長
・株式会社三洋スカイリゾート社長
1995年 三洋電機退社。経営コンサルティングに従事

<著書>
・『三洋電機事業部改革・感動の軌跡─折り重なって前へ行け』
・『「買いたい」をつくる─成功マーケティング実例─』〈共著〉
・その他執筆多数

著者紹介

連載生産性向上はこうする

生産性向上はこうする

生産性向上はこうする

平石 奎太

幻冬舎メディアコンサルティング

規模や業種を問わず、多方面にわたった事例を紹介。経営コンサルタントとして数々の事業を再建してきた著者による真の生産性向上を遂げ、経営改善を成功させるための手引書。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧