親も気づかない!? 大半の子どもが「肩こり・腰痛持ち」なワケ

「自分の子どもは元気」、そう思っている保護者は少なくありません。しかし、熊本市民から愛される整形外科の院長、片岡泰文氏は書籍『治療の痛みは喜びの涙 ある整形外科医の言いたい放題』(幻冬舎MC)にて、「元気な子ども」は、全体のほんの1〜2割であると語っています。

治るために「必要な痛み」がある

歪みやねじれに伴う痛みは、いい姿勢をしっかり取ることで消える。そのためには大きなハードルがあって、どうしても最初に痛みがくる。

 

患者には「痛みが出ることはいいことだ」と説明はするが、患者は痛みを取ったり和らげたりすることが病院の治療だと考えている。しかし、根本から治すためには「治るための痛みは出さないといかん」と話す。

 

必要なときは、その痛みに対して痛み止めを使うこともあるが、「痛みが出ることはいいことだ、治るための痛みだ」と強調している。

「曲げ」よりも「伸ばし」が重要な理由

姿勢が悪い人は、指も曲がっているというのが私の持論だ。腱鞘炎の原因も、基本的には姿勢が握っている。コンピューターに向かって仕事をしている人などは、常に姿勢が曲がって肩も凝っている。指も曲げて、腕は宙に浮かせている。そうすると、徐々に炎症を引き起こしていく。さらに、同じ姿勢でいると、腕や指などの筋が伸びなくなる。テレビでは筋トレなどと称して「曲げの運動」を勧めているが、肝心なのは「伸ばしの運動」を行うこと。

 

世間ではテレビの影響もあってか、曲げる運動はよくやっている。だが、重要なのは伸ばすこと。パソコンをずっとやっている人は、腕が宙に浮いているのが良くないのだ。腕の重みを支えるために、常に力が入っている状態になる。ぬいぐるみでも何でもいいので、腕を支える位置にそっと置いてやることで、力がフッと抜ける。そうすれば血流が戻り、張りを抑えることができる。

「伸ばし」でケガや痛みのリスクを減らせ

曲がりのクセというものが、痛みの原因をつくっている。だから治療は「伸ばせ、伸ばせ」だ。腱鞘炎など一部分に痛みがあるから、ここだけ治せばいいというものではない。

 

片岡整形外科 院長

昭和57年3月 福岡大学医学部卒業、熊本大学麻酔科入局
昭和58年 熊本市民病院麻酔科勤務
昭和59年 熊本大学整形外科入局
昭和60年 熊本労災病院整形外科勤務
昭和61年 水俣市立湯之児病院整形外科勤務
昭和62年 国立熊本病院整形外科勤務
昭和63年~平成4年 熊本大学病院整形外科文部教官(助手)
平成5年 熊本赤十字病院整形外科勤務
平成5年12月20日 片岡整形外科開業

著者紹介

連載現役整形外科医が、間違いだらけの健康常識に喝!「治療の痛みは喜びの涙」

治療の痛みは喜びの涙 ある整形外科医の言いたい放題

治療の痛みは喜びの涙 ある整形外科医の言いたい放題

片岡 泰文

幻冬舎メディアコンサルティング

痛みばともなわんと、治療じゃなか! ・肩こりが発症したときの鉄則は、決して「揉まない」「叩かない」。 ・骨粗しょう症には「カルシウムは取り過ぎるな」。 ・流行りの幅広靴は外反母趾の原因に。 熊本市民から愛さ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧