「しなきゃダメでしょ!」否定の言葉が招く、親子関係の崩壊

否定的な言葉で他人に何かをいわれると、だれでも不愉快な気持ちになります。叱られたことで子どもに反抗心が芽生え、親子関係の崩壊に繋がってしまうこともあるでしょう。今回は、子どもの上手な叱り方や、子どもの能力を伸ばす方法について解説します。

[PR]10月22日(木)、オンラインにてセミナー開催!

【オンライン開催(LIVE配信)】
〈企業オーナー必見〉補助金10割!
コロナに負けない「児童発達支援事業」の魅力とは?

~「社会貢献」×「長期安定」の優良教育事業の全貌~

「親子関係」を崩壊させてしまわないために

否定的な言葉で他人に何かをいわれると、だれでも不愉快な気持ちになります。自分がとがめられて、否定されているように感じるからです。親子の場合は、「自分はあまり大切にされていないのではないか? 愛されていないのかも?」という疑いが出てきます。

 

すると、さらに反発する気持ちが高まり、わざと反対のことをしたくなります。
これが親子関係の崩壊につながっていきます。

 

親子関係の崩壊につながることも… (写真はイメージです/PIXTA)
叱り方によっては、親子関係の崩壊につながることも…
(写真はイメージです/PIXTA)

 

ほとんどの親は自分の言葉に無自覚で、毎日わが子に否定的な言葉をぶつけてとがめています。これは非常にまずいことです。なぜなら、親子関係も含め、すべての人間関係は言葉によって決まるからです。

 

ですから、否定的にとがめる言葉が出そうになったとき、それをそのまま口にするのではなくいい換えることが大事です。

 

このような否定的な口癖を直すには、日ごろから心がけていることが大事です。いくつかいい換えの実例を紹介したいと思います。

 

一番いいのは、「AするとBといういいことがある」というように、明るい結果がイメージできるいい方です。

 

「靴は靴箱に入れなきゃダメでしょ」

「靴箱に入れると玄関がすっきりするね」


「今から用意しておかないと、明日の朝、間に合わないよ」

「今から用意しておけば、明日の朝は余裕だね」


「どんどん宿題やらなきゃ遊ぶ時間がなくなるよ」

「先に宿題をやっておくと後でたっぷり遊べるよ」

 

このようにいわれれば、子どもは気持ちが明るくなってやる気になります。日ごろからこのような言い方に心がけていると、ものの見方そのものが肯定的プラス思考になっていきます。

 

さらに親の言葉は子どもにうつりますので、親が関西弁なら子どもも関西弁になります。同じように親が否定語弁なら子どもも否定語弁になり、親が肯定語弁なら子どもも肯定語弁になります。

 

ですから、親の言葉を変える努力は待ったなしでお願いします。

子どもの能力を決める要因とは?

社会学者のサラ・マクラナハンによれば、どんな家庭に生まれるかによって子どもは「運命の分かれ道」に直面するそうです。

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

大坪 信之

幻冬舎メディアコンサルティング

近年増加している「発達障害」の子どもたち。 2007年から2017年の10年の間に、7.87倍にまで増加しています。 メディアによって身近な言葉になりつつも、まだ深く理解を得られたとは言い難く、彼らを取り巻く環境も改善した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧