「老人ホーム・特養・サ高住」介護の違いは?訪問介護も解説

「老後どこに住むか?」は重要な問題です。有料老人ホーム、グループホーム、サ高住…名前は聞くけど違いがわからない人は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、株式会社アートジャパンナガヤ設計代表取締役・長屋榮一氏の書籍『入居者が集まる!職員がイキイキ働く! 介護施設設計』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、それぞれの特徴を解説します。

認知症高齢者「できる限り自立した生活」を目指す施設

(3)認知症高齢者グループホーム(グループホーム)

 

グループホームは認知症対応型共同生活介護を実施する施設です。認知症対応型共同生活介護とは、認知症の高齢者が共同で生活する住居において、入浴、食事等の介護や、日常生活上の世話、リハビリなど、自立した生活ができるように支援するサービスです。家庭的な環境と地域住民との交流のもとで、できる限り自立した生活が送れるようになることを目指します[図表4]。

 

[図表4]グループホームのイメージ図

 

ちなみに、私の会社の運営しているグループホームでは、以下のようなサービスを具体的に提供しています。

 

1.入浴・排泄・食事等、日常生活の見守り介助

2.買い物・散歩、公共交通機関を利用した外出支援

3.地域の行事参加、小中高大学との交流、レクリエーション(歌・計算・ぬり絵・書道・花・野菜作り)

 

また、医療機関との連携を密にとり情報の共有を図り、往診制度・訪問看護・訪問歯科なども活用しています。グループホームは設備等に関して以下の要件を満たすことが求められています。

 

■共同生活住居ごとに1以上のユニットが必要

■ユニットの入居定員は5人以上9人以下

■居室および居室に近接して相互に交流を図ることができる設備を設ける

■居室の定員は原則1人

■居室面積は収納設備を除き7.43㎡以上

■要支援1の人は利用できない

株式会社アートジャパンナガヤ設計代表取締役
一級建築士
工学博士 

昭和33年、岐阜県生まれ。名城大学大学院理工学研究科卒。中国における国際的な介護施設の研究において、名城大学理工学部建築学科鈴木博志教授に師事し、同大学大学院にて平成30年3月工学博士を授与した。

東海工業専門学校建築工学科を卒業後、 地元の設計事務所勤務を経て昭和61年に独立、長屋栄一建築設計事務所を設立する。平成2年に法人化、平成10年に現社名に改称。これまで医療・福祉の専門設計事務所として数多くの実績を積み重ね、平成15年には特定非営利活動法人うららを設立。

自らも、岐阜県、愛知県で、グループホームや小規模多機能ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅など複数の介護施設を運営している。またそれらの経験を活かし、中国で数多くの講演活動をするなかで、都市計画における国家プロジェクトにも参画し、介護施設の設計・経営・運営に対するコンサルティングも行っている。住み慣れた地域で生活できる社会の実現を目指し、『豊かな創造は豊かな環境をつくり出す』をモットーに日夜奔走中。

著者紹介

連載介護施設設計~入居者が集まる、職員がイキイキ働く 

入居者が集まる 職員がイキイキ働く 介護施設設計

入居者が集まる 職員がイキイキ働く 介護施設設計

長屋 榮一

幻冬舎メディアコンサルティング

安心して暮らせる“我が家”のような施設に! 自身も9ヵ所の介護施設を運営する一級建築士が、介護事業を成功に導く施設設計のポイントを徹底解説!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧