勝ち残りを目指す日本企業が「年功序列賃金」を手放さないワケ

軽妙なコラムで多数のファンを持つ経済評論家の塚崎公義氏が、経済初心者のための超入門講座を開講! 今回は日本的雇用慣行の「年功序列賃金」と「企業別労働組合」について解説します。グローバル化の進展でとっくに消失したと思われているかもしれませんが、実際は違います。これらがいまも日本企業に残り続ける理由を解説します。

能力でなく、勤続年数で給料が決まる「年功序列賃金」

日本企業の特徴には、「終身雇用」「年功序列賃金」「企業別労働組合」という日本的雇用慣行が挙げられます。そのうちの「終身雇用」については、拙稿『日本企業の独自路線「終身雇用」がグローバル経済でも強いワケに記しましたので、今回は「年功序列賃金」と「企業別労働組合」について解説していきましょう。

 

「年功序列賃金」とは、社員の能力等による給料の差は小さくして、勤続年数が長くなると給料が上がっていくようにする、というルールの賃金体系です。

 

先輩社員のほうが高い給料をもらう、というのは、日本人が重視している「長幼の序」に沿った考え方といえるでしょう。加えて、同期入社の社員の連帯感を強める、という効果もあるようです。

 

能力や業績に応じて給料を支払う「成果主義」等は、社員同士の競争を招くので、社員が真面目に働くようになる点はいいのですが、社員同士のチームワークが機能しにくい、といった問題点もあります。年功序列だと、それがないのでチームワークが機能しやすい、ということもありますね。

 

高度成長期のように労働力不足が深刻なときには、労働者を繋ぎ止める役割も果たしていました。若いときには会社への貢献よりも低い給料を、ベテランには会社への貢献より高い給料を支払うことにより、社員が辞めるのを防いだわけです。

 

途中で退職すると、会社への貢献より安い給料だけを受け取れないためもったいないですね。これから先は会社への貢献より高い給料がもらえるわけですから、「辞めないで残ろう」という気持ちを社員が持ってくれるはずです。

 

会社としては、社員の一生の間に支払う金額は同じですが、若いときに給与額を抑えて「社員から借りている」状態とし、ベテラン社員になってから高い給料を払って「借りを返す」という按分にしているのです。

 

社員が途中で退職すると、労働力不足のときには大変ではありますが、「借りを返さなくてよくなったのだから」と考えれば諦めもつく、というわけですね。

 

社員としては、一生の間に受け取れる給料が同じなら、若いときには少なくてもいいから、子育て等に金がかかる中年時代、老後の生活資金を貯めなければいけない退職前に高い給料が受け取れるのは、助かるといえるでしょう。

 

あああ
中年期、高年期に高い給与があるのはありがたい

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済初心者のための「超入門」講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧