「多焦点眼内レンズの不適合」は、どんなときに起こるのか

2020年4月より「先進医療特約」を用いて白内障手術を受けることができなくなりました。これまではレンズ選択の基準が「保険適用か否か」という方が多かったのですが、白内障手術が先進医療特約の対象から外れたことにより、手術を受ける方全員が、自らのライフスタイルに合わせて眼内レンズを選択する時代となったのです。今回は、『「見える」を取り戻す白内障手術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「多焦点眼内レンズ」に不具合が起きるのはどんなときなのか、ご紹介します。

近くから遠くまで「はっきり見える」ことが魅力だが…

多焦点眼内レンズは近くから遠くまで連続してはっきり見えることが最大の魅力です。多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を受けたほとんどの方は、その新しい見え方を享受されています。

 

ただし、一部でそのメリットを享受できず困られる不適合のケースもあります。場合によっては単焦点眼内レンズに入れ替える必要があります。どんな場合に不適合が起きるのか考察します。

 

①角膜に問題があるとき

理想の角膜はきれいなドームの形をしています。ある方向に単純にひずんだ状態を正乱視と言いますが、これはトーリックタイプの眼内レンズを使えば矯正できます。

 

問題は不規則なひずみからくる不正乱視です。ぼやけて見える原因になります。円錐角膜や角膜外傷既往のある目には強い不正乱視が起こります。多焦点の機能が十分出ないだけではなくメガネをかけても見ずらい状態になります。合うのは単焦点眼内レンズ、またはピンホール効果を応用したIC-8(参照記事:白内障手術後でも入れられる!「アドオン眼内レンズ」の魅力 )です。

 

このような強い不正乱視でなくとも、年齢とともに高次収差と呼ばれる角膜収差が増えてきます。高次収差が大きいと、なんとなく見えにくい原因になり得ます。高次収差、強い不正乱視は術前の検査で測定できます。

 

②水晶体囊を支える線維(チン小帯)が弱いとき

多焦点眼内レンズは、傾きや偏心に弱い性質があります。光軸に対する眼内レンズの角度が90度に近いと、多焦点機能が発揮されやすいのですが、レンズタイプにもよりますが6〜8度以上傾くと機能が発揮されにくいだけではなく、レンズによっては見えにくくなります。

 

偏心とは中心からはずれてしまうことで、このずれが大きくなっても同様のことが言えます。

 

この傾きや偏心は水晶体を支えるチン小帯が弱かったり、部分的に切れていることで水晶体のふくろ自体が傾いたり偏心したりして起こります。この様な場合は、水晶体嚢拡張リング(CTR)で水晶体のふくろを内側から補強します。

 

[図表]水晶体嚢拡張リング

 

 

外傷性白内障、落屑症候群、浅前房などの目は事前にチン小帯が弱いことが想定できますが、術前にわからないこともあります。

 

③水晶体囊が強く収縮してしまうとき

術後に水晶体のふくろが収縮して眼内レンズの偏心や傾きを引きおこしたり、眼内レンズの位置が前方に移動して近視化したりすることがあります。

 

眼内レンズを支える支持部が弱いタイプの多焦点眼内レンズは、この影響を受けやすいといえます。

 

アトピー性白内障、落屑症候群、ぶどう膜炎、高度近視、硝子体術後などの目でリスクが想定されます。水晶体嚢拡張リング(CTR)で水晶体のふくろを内側から補強する場合があります。原因は残存する水晶体上皮細胞の仕業と考えられています。

 

sdfg
水晶体囊が強く収縮してしまった例

 

④脳が不適合を起こすとき

人は目を通して脳でものを見ています。正確には脳の後頭葉で目から入ってきた情報を処理してより鮮明な像を生み出しています。

 

後頭葉に脳梗塞などの障害が起きると、視野が欠けたり、見えなくなったりすることからもわかります。脳は像を鮮明に見えるように、視覚情報処理を行っています。後頭葉は記憶や情緒などを司るさまざまな脳領域ともつながっています。

 

この精緻なしくみのなかで、例えば一部の方はハロー、グレア、スターバーストを強く不快に感じてしまいます。

 

ハロー、グレア、スターバーストの見え方
ハロー、グレア、スターバーストの見え方

 

近視の強い方は、手元10〜20㎝がメガネ無しでもよく見えるのですが、多焦点眼内レンズは、手元10〜20㎝がぼやけてしまいます。ものを目もとに近づけてみたり、鏡を目もとに近づけアイメイクをするなど、長年の習慣によるメモリーがあると目もとの近くが見えないことを苦に感じる方も一部おられます。若い頃のメモリーにない多焦点眼内レンズに起因する見え方が少しでもあると、気になってしまう方は不適合の原因になります。

 

ほとんどの方は多焦点の見え方の便利さの方が上回って、問題と感じず受け入れることができるのですが、そうで無い方を見抜くのは容易ではありません。

 

⑤ワクシービジョン、ゴーストが生じるとき

ごく稀に生じる不快な見え方です。ワクシービジョン(waxy vision)は白っぽく見えたり、かすんだ感じに見えることで、慣れるのに半年くらいかかるとされます。次のデメリットのところで詳述します。

 

ゴーストとは、見ている像に別の像がかぶってくる現象のことです。一部の多焦点眼内レンズでごく稀に自覚される症状ですが、不快なため眼内レンズの入れ替えが必要になります。

 

 

板谷 正紀

医療法人クラルスはんがい眼科理事長

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。
埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

▼はんがい眼科の公式ブログ「目のブログ」▼
https://eyeblog-hangai.com/
▼多焦点白内障手術 無料個別相談会 開催中!▼
https://hangai.org/cataract-seminar/

著者紹介

連載近くも、遠くも、快適に…「見える」を取り戻す白内障手術

「見える」を取り戻す白内障手術

「見える」を取り戻す白内障手術

板谷 正紀

幻冬舎

レーザー白内障手術は、安全・快適・短時間に「見えない」という病気状態を解決し、「見える」を取り戻し、さらに快適に見えるを手に入れるまでに進化しました。この本では、進化した多焦点レンズ、レーザー白内障手術の最新情…