単身会社員が「二子玉川」に住んだら…頭をよぎる洪水の記憶

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、東急田園都市線と大井町線の「二子玉川」。

何かと割高になってしまう…さすがセレブタウン

セレブの街の印象が強い「二子玉川」駅周辺は、一般の単身の会社員が住むにはどうなのでしょうか。見てみましょう。まずは駅周辺の家賃水準。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は7.18万円、11分を超えると6.28万円(図表1)。同条件の東京都世田谷区の家賃水準は、駅10分圏内で7.14万円、11分を超えると6.34万円。「二子玉川」駅周辺の家賃水準は、世田谷区の平均と同程度です。

 

出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合 会調べ(7月21日時点) ※単位は万円
[図表1]「戸田」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合
会調べ(7月21日時点)
※単位は万円

 

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25~29歳で27.5万円、30~34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

 

出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」 ※10名以上の企業対象 ※数値は所定内給与額 ※単位は万円
[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」
※10名以上の企業対象
※数値は所定内給与額
※単位は万円

 

------------------------------------------------------------------------
[PR]資産形成の最適解「新築アパート経営」の特集を読む
入居率99%をずっと続ける!人生100年時代の「新築アパート経営」

------------------------------------------------------------------------

 

「二子玉川」駅周辺は、駅チカなら30代でも、駅から離れたエリアであれば20代でも検討できるエリアです。大手検索ポータルサイトで、30代会社員の適正家賃内、徒歩10分圏内を条件に検索すると、それほど多くはありませんが、単身者向け物件がヒットします。5割以上が築年数30年以上の築古物件で、新築、または築5年以内の築浅物件はゼロ。もともと新築物件の供給数は少ないエリアであるため、新築となると10万円以上の家賃は覚悟しなければなりません。

 

交通面はどうでしょうか。「二子玉川」から「渋谷」18分、東京メトロ半蔵門線直通で「青山1丁目」23分、「大手町」36分と都心にもダイレクトにアクセスできます(所要時間は「二子玉川」を平日8時に出発した場合の目安)。問題は、朝の東急田園都市線の混み具合。そのしんどさはよく知られていて、かなり圧迫感を覚えるほど。満員電車を避けるなら、時差出勤などの工夫が求められます。

 

買い物環境はどうでしょうか。駅周辺のスーパーは「東急ストア」「東急フードショー」「成城石井」「北野エース」「明治屋」などスーパーがあります。大手ドラッグストアチェーン店は見当たりません。最寄り品を買うスポットがなくて困る…ことはないものの、リーズナブルに買えるスポットが少なく、何かと割高になるのは、セレブタウンの宿命といえるでしょう。ただ「玉川髙島屋S・C」や「二子玉川ライズ」と、大型の商業施設がコンパクトに集積し、ショッピングが楽しい環境です。

 

飲食店はどうでしょうか。ファストフードが2店、牛丼店が1店と、リーズナブルで利用しやすい大手飲食チェーン店は少ないですが、商業施設には飲食フロアも充実。外食派の人でも困ることはありません。ただ食事においても、割高になることは必至です。

 

人気の街ランキングでも上位の常連である「二子玉川」。セレブタウンとして知られているとおり、日常の買い物でも、飲食でも、何かと高くつく傾向にあるので、住む人を選ぶ街です。また浸水被害を見越して賃貸物件を選ぶなら、水準以上の家賃を想定しなければなりません。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]不動産投資、いきなり始めるのはあまりに危険!
年収500万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>
年収800万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから紐解く「住みやすい街」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧