「100万円が1億円」株の甘い罠にハマり痛い目見る人の特徴

大和証券、日興証券、野村證券を渡り歩いた原田茂行氏は、顧客資産1660万円を12億5000万円まで増やしたアナリストです。同氏は日ごろどのように「儲かる株」を見極めているのでしょうか? ※本連載では書籍『株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座』(幻冬舎MC)より一部を抜粋。過去の波乱相場から学ぶ株式の正攻法や、投資に失敗する人の共通点、銘柄データのチェックポイントまで、「暴露話に近い」ノウハウを解説します。

知識のない投資家が陥る「嘆き売り」負のスパイラル

つまりそれは最先端の知識を常に取り入れる姿勢ということになります。専門家が推奨していたとしても、何をやっているのか分からない会社に手を出してはいけません。せめて、どういうことを商売にして儲けを出している会社なのかは知識として仕入れましょう。

 

具体的には、会社のホームページにアクセスしたり、会社四季報などの株式関連書籍で銘柄データを見たり、実際に商品やサービスに触れてみたりするべきです。会社の本質的な部分を知ることで、その会社の将来の姿が見えてくるはずです。今はまださほど利益を出せていなくても、時価総額が小さくても、その会社に出資したくなる気持ちが強まることでしょう。

 

知識と本質を得て、未来のストーリーを描いて出資した銘柄なら、その想定していたストーリーがぼやけてしまうような予想外の出来事に直面しない限り、つまり会社の経営が順調に推移している限りは、売却するようなことはしないはずです。これを継続していれば、安値で買い高値で売って儲けを得るという、理想の資産運用が実現できます。

 

会社の中身をよく調べないで投資をしていると、少しでも株価が下がってきたら「何かあるんじゃないか」とネガティブ思考に侵されてしまい、手放してしまいます。そしてそんな嘆き売りは負の連鎖を生み、株価はみるみる下がっていきます。株価は投資家たちの心理次第で大きく揺れ動くのです。

 

そのようなスパイラルのなかでも、会社の本質を見極め、成長ストーリーが変わっていないことを確信しているのであれば、売る必要はありません。むしろ安値をチャンスと見て買い増しをするくらいの心意気を持つべきでしょう。

 

以上が投資で損をしないための超基本的な思考になります。

 

次回は月曜日(7/27)配信。

 

 

 

※本記事は書籍『株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座』を抜粋したものです。

 

同連載

2億円が紙屑…「父は間違っていた」退職金で株始めた男の末路

「ノルマ達成まで辛抱な」証券会社の地獄…生で見た壮絶な光景

「すぐ…うつ病に」大手証券会社の課長就任4カ月で辞めた壮絶

【有料】〈銘柄公開〉元証券マンが見極めた…将来有望株の「時価総額」

 

 

原田 茂行

IFA/自由が丘財産コンサルタンツ合同事務所代表/一般社団法人シニアウェルスライフ協会代表理事

 

IFA
自由が丘財産コンサルタンツ合同事務所代表
一般社団法人 シニアウェルスライフ協会代表理事 

青山学院大学経営学部卒業後、大和証券営業課長、日興証券、野村證券でのファイナンシャルアドバイザー経験を経て、2010年に独立しIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)となる。
日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認投資アナリスト。

投資雑誌『株主手帳』毎月連載中。囲碁3段。

著者紹介

連載株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

株オタクの現役IFAが指南!本当に儲かる「株」講座

原田 茂行

幻冬舎メディアコンサルティング

オタク的に株を愛する著者が導き出した「足で稼ぐ」投資とは――ヘタなテクニカル分析は時間とお金のムダ!? 「推し銘柄」は決算説明会や展示会でこそ出会える! 過去の波乱相場から学ぶ株式の正攻法や投資に失敗する人の共通…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧