徐々に視界が欠け、失明…恐怖の病・緑内障が「実は治る」ワケ

次第に視野が欠け、失明へと至る病気「緑内障(りょくないしょう)」。一度発症してしまうと、目薬などの「進行を抑える治療」を続けながら一生つきあっていかなければなりません。しかし、実は意外な手術で完治するタイプの緑内障もあるのです。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が「閉塞隅角(へいそくぐうかく)」について解説。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。

基本的に「緑内障=治らない病気」だが…

以前紹介した記事『自覚困難な『緑内障』の症状…「視野の欠け」を体験してみよう』では、緑内障の原因と診断についてお話ししました。本記事では治療法をご紹介します。

 

こんなことを言うと、「治らない病気だよね?」「一生、目薬が必要だと聞いたけど…」と不思議に思うかもしれません。

 

実際、これらの考えは正解です。基本的には慢性疾患なので、発症すれば一生つきあわなくてはなりません。しかし、なかには治療で完治させられるものもあるんです。

 

「閉塞隅角(へいそくぐうかく)」なら完治が見込める

緑内障のなかでも「閉塞隅角(へいそくぐうかく)」というタイプであれば治療で完治させることが可能です。下の写真がまさにそのタイプで、さらに言えば白内障が原因で発症したものです(写真:閉塞隅角を参照)。

 

白内障が進行すると、水晶体に濁りが生じるだけでなく、厚みがどんどん増していきます。すると水晶体が前面へと膨らんでいくので、虹彩(黒目、茶色目)の部分が押し上げられてしまい、目のなかにある水の通り道をふさいでしまいます。そうなると水のバランスが取れなくなり、緑内障を発症する可能性が高い状態です。「緑内障発作」というものが起きて、失明する危険性があるんです。

 

白内障が原因で発症する緑内障「閉塞隅角」
写真:閉塞隅角

 

でもご安心ください。これには白内障手術が有効なんです。「えっ! 緑内障なのにどうして白内障手術の話が出てくるの?」と驚かれるかもしれませんね。実際、外来でこれを言うと混乱してしまう患者さんが多くいらっしゃいます。

アイケアクリニック 院長
アイケアクリニック銀座院 院長 

集中力を要する緻密な作業を得意とし、特に最先端の白内障レーザー手術において抜群の治療実績を誇る。そのほか、網膜硝子体や緑内障の手術も担当。
まぶたの手術やボトックス注射など、眼科医としての視点を活かした目周りの美容にも注力。また、校医を務めるなど、地元住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。
日々のちょっとした悩み相談から高度な治療まで、総合的な目のケアー「トータルアイケア」の提供を目指す。
現在、注目の眼科女医として、テレビやラジオ、新聞、雑誌などさまざまなメディアに取り上げられている。

http://cataract.eye-care-clinic.jp/

著者紹介

連載「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧