日本企業の独自路線「終身雇用」がグローバル経済でも強いワケ

軽妙なコラムで多数のファンを持つ経済評論家の塚崎公義氏が、経済初心者のための超入門講座を開講! 今回は日本的雇用慣行のひとつ「終身雇用」について解説します。そんなもの、とっくに崩壊しているのでは…と思われるかもしれませんが、実際は違うのです。終身雇用の現状と展望について改めて考察していきます。

新卒として就職→定年まで同じ会社=「終身雇用」

グローバル化が進展するいまにおいても、色濃く残る「日本的雇用慣行」があります。それは「終身雇用」「年功序列賃金」「企業別組合」であり、世界に類を見ない日本企業の特徴です。そのなかで最も重要なのが、本稿で取り上げる「終身雇用」です。

 

終身雇用というのは、学校を卒業して企業(役所、学校等を含む。以下同様)に就職すると、原則として定年まで同じ企業に勤める、という制度です。企業は、原則として中途採用はせず、新卒採用者だけで構成されています。

 

そして、正社員については、よほどの事情があれば別ですが、そうでない限りは従業員を解雇してはならないのです。よほどの事情とは、従業員が犯罪を犯した場合や、会社が倒産寸前の場合などですね。

 

従業員が退職するのはまったく自由なのですが、転職先を見つけることは容易ではありません。それは、他社が原則として中途採用をしないからです。もうひとつ、年功序列賃金制度の下では転職するともったいない、ということも影響しています。

 

あああ
終身雇用は、色濃く残る「日本的雇用慣行」のひとつ

社員の教育訓練にコストをかけられるメリットは大きい

じつは、終身雇用は合理的な制度です。最大のメリットは、終身雇用であるからこそ、企業は従業員の教育訓練にコストをかけられる、ということでしょう。せっかく教育したら転職してしまった、というのでは困ります。まして転職先がライバル企業だったりしたら、目も当てられませんから。

 

従業員が会社に忠誠心を持つようになる、というメリットもあります。忠誠心というと大袈裟かもしれませんが、親しみを持ち、会社の発展を祈るようになり、チームワークがとりやすくなる、ということですね。

 

運動会で、赤組の生徒が赤組を応援することに経済合理性はありませんが、一体感というのはそういうものであり、会社に対してもそれと同じように感じる、というわけです。しかも、こちらは実益にかなっています。会社が発展すれば自分の給料も増えますし、会社が衰退すれば自分の給料も減ってしまうわけですから。

終身雇用制度は、日本人の気質に支えられている部分も

日本人は欧米人とくらべると心配性で、「失業したらどうしよう」という気持ちが強く、終身雇用の職場を望む傾向が強いといわれています。そこで企業としては、従業員の安定志向に応えることで、優秀な社員を採用することができるわけですね。

 

ちょっとむずかしいですが「従業員に雇用の保証を与える一方で、その保証料として安い生涯所得でガマンしてもらう」という暗黙の取引が、終身雇用であると考えてもいいでしょう。

 

もうひとつ、日本人は真面目で仕事をサボらない、ということも終身雇用を維持していくためには重要です。「サボっても一生雇ってもらえるなら、真面目に働く必要はない」と考える人が多ければ、会社の経営は成立しないでしょう。

 

また、日本人の「恥の文化」も、終身雇用に役立っているのかもしれません。「仕事をしないで給料がもらえるなんて、窓際族は羨ましい」と思う人が多ければ、やはり会社の経営は成り立ちませんが、日本人の場合、「サボっていると窓際族にされてしまう。そんな恥ずかしい思いをするのはイヤだ」という羞恥心から、真面目に働く人も多いのです。

 

もっとも、終身雇用制度には問題もあります。「優秀であるか否かわからない段階で採用し、優秀な人もそうでない人も最後まで雇う」という制度は、すべての企業が同じことをすれば問題ないのですが、外資系企業等が「仕事の実績を見て、優秀だとわかった人だけを高い給料で引き抜く」可能性があるからです。

 

外資系企業等に優秀な人材を引き抜かれてしまうと、優秀でない人ばかり残ってしまい、困ったことになりかねません。幸い、優秀な人も終身雇用による安心感や、和気あいあいとした日本企業の雰囲気を評価して、引き抜きに応じない人が多いので、いまのところ大きな問題にはなっていないようですが。

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済初心者のための「超入門」講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧