銀行業界の断末魔「ゼロ成長・ゼロ金利・コロナ不況」の行く末

これからの時代を経済的に困窮することなく生きるには、「経済センス」を磨くことが不可欠です。経済コラムで多くのファンを持つ経済評論家の塚崎公義氏が、身近なテーマを読み解きます。コロナ不況の深刻化を懸念する人のために、数回にわたって金融危機のリスクシナリオを見ていきます。今回は、銀行が抱える課題と今後についてです。予測ではないので過度な懸念は不要ですが、頭の片隅に置いておいて損はありませんよ。

銀行にとってひときわ重たい「経済ゼロ成長」の意味

平成のバブル崩壊以後、日本の景気は低迷し、ゼロ金利状態が続いています。アベノミクスの奏功による企業業績の向上や雇用改善など明るい兆しがあったものの、今回のコロナ禍です。当然、一般企業は苦しい思いをしていますが、そんな企業を支える側の銀行は、どのような状況にあるのでしょうか。

 

一般企業にとっての「経済ゼロ成長」とは、極めて単純に説明すると「前年と同じ生産量・同じ売り上げ・同じ利益」にあるということです。しかし、銀行にとっては違います。ゼロ成長の状況下では、借り手が「利益のなかで配当しなかった分を銀行借入の返済に使おう」と考え、融資を返済しに来るため、銀行側は、貸出に回していた金の残高が減り、貸出金利による収益が減少してしまいます。つまり銀行にとっての「経済ゼロ成長」とは、現状維持ではなく、経営悪化の危機なのです。

 

企業の場合、ゼロ成長であっても維持更新投資は行いますが、設備投資資金のほうは「減価償却」(のちほど詳述します)で賄えてしまうので、銀行からの借り入れにはつながりません。

 

そのような状況下では、銀行は減った残高分を回復しようと、貸出金利を引き下げ、顧客をライバルから奪おうとします。しかしライバルも同じことを考えているので、結局顧客数は増えず、残高の減少と貸出金利の低下というダブルパンチを受けることになります。

 

それだけならまだいいのですが、ライバルから顧客を奪えないので、従来であれば貸出を断っていたような返済能力の低い借り手に対しても融資をするようになるかもしれません。

 

しかし、それは大変危険なことです。景気がいいときにはとくに問題が表面化しなくても、コロナ不況によって、上記のような新規の借り手の倒産が激増する可能性があるからです。優良企業向け貸出の金利低下は金利だけの問題ですが、貸出先の倒産となれば元本を失いかねない問題なので、はるかに影響は深刻となりかねません。

 

あああ
従来なら貸出を断っていたような借り手にも…

「ゼロ金利」で金食い虫となった、銀行の預金部門

通常であれば、預金金利は市場金利よりも低いので、預金部門のコストを支払って預金を集めても、市場金利で他行から借りてくるよりは安上がりになる場合が多いのですが、ゼロ金利時代はそうではありません。

 

預金部門がなくても他行から無利子で資金を借りられるのですから、預金部門のコストはそっくり無駄なのです。

 

しかし、預金部門を廃止するわけにはいきません。将来市場金利が高騰したときに備える必要がありますし、預金部門がないと融資先の預金口座の動きがチェックできないので、「最近入金が減っているが、売り上げは大丈夫か」といったことに気づくのが遅れてしまうからです。

 

そのため銀行は、預金部門のコストを支払い続けているわけです。せいぜい「預金口座に退職金が振り込まれると、投資信託の勧誘ができる」といったことを心の支えに、コストを払い続けているわけですね。このあたりの事情については、拙稿『銀行が「収益の出せない預金部門」を温存しつつ狙う「先の先」』をご参照いただければ幸いです。

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済評論家・塚崎公義の「身近なテーマで経済センスを磨く」実践講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧