白内障手術…「左右の目に違う眼内レンズ」がオススメのワケ

研究開発が進み、多焦点眼内レンズの選択の幅が広がりました。ご自分の目とライフスタイルに合った「眼内レンズ」を選び、「若いころの快適な視界」を取り戻せる時代がやってきたのです。それぞれのレンズの特性について学び、白内障に備えましょう。 今回は、『「見える」を取り戻す白内障手術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、2焦点レンズの特性と、なぜ左右の目に違う眼内レンズを挿入する「ブレンド法」がオススメといえるのか、解説します。

2焦点眼内レンズは、手元・中間距離がやや見えづらい

これまで国内で認可されている多焦点眼内レンズは、ほとんどが2焦点の製品でした。まず、「遠方―近方」の2つの距離がメガネなしで見える2焦点から始まり、中間距離が見える「遠方―中間」タイプが2017年に登場、眼内レンズをライフスタイルに合わせて選択する患者さんと医師が増えました。いずれも見えづらい距離があることは共通していますが、2焦点だから良くないというわけではありません。

 

後述する「アクティブフォーカス」は遠中2焦点ですが、レンズの中心が単焦点眼内レンズと同じ屈折構造で、遠くは単焦点並みの高いコントラストを誇っていて、ハロー・グレアは少なくなっています。「テクニスマルチフォーカル」は、単焦点眼内レンズで長い間定評のある材質と形状を用いているため、安定性と高いコントラストを持っています。それぞれ強みがあるのです。

 

1人ひとりの目の状態(水晶体の袋の状態、角膜の状態、眼底の病気の有無と程度など)とライフスタイル、仕事などをよく考慮に入れて、選択肢の一つとしてください。

左右の目に違うタイプを挿入する「ブレンド法」

片方の目に「遠方―近方」タイプ、もう片方に「遠方―中間距離」タイプを入れて、左右の目で役割分担する方法をブレンド法またはミニモノビジョン法といいます。

 

両眼で見たとき脳が慣れるのに少し時間がかかりますが、脳が適応すると両眼で見たとき、中間も手元もはっきり見えるようになってきます。片眼では2焦点ですが、両目では3焦点化できるのです。

 

「遠方―近方」タイプ2焦点レンズ

 

メリット

3メートル以上の遠方と、30〜40センチ程度の近方がメガネなしで見ることができます。スマートフォンの操作など、近方がメガネなしでもよく見えます。さらには、写真撮影で遠くの景色と手元のカメラを見る、カルチャースクールや講習会で前方のホワイトボードと手元の資料を見る、といったシーンでも便利さを実感することができます。

 

デメリット

50㎝〜1mほどの中間距離の見え方がいまひとつです。もちろん見え方には個人差がありますが、特にこの距離をクリアに見たいという場合、別の製品を選択されたほうがいいかもしれません。

 

製品例:テクニスマルチフォーカル、レストア3.0

 

【テクニスマルチフォーカル】

アメリカのAMO社が販売する2焦点眼内レンズです。国内では2007年に承認を受けました。レンズ後面全体が回折構造となっており、目に入る光の焦点を遠方(40%)と近方(40%)に振り分けています。そのため瞳孔の大きさに関係なく、明るいところでも暗いところでも同様の見え方が期待できます。薄暗いところでも、手元がよく見えます。

 

また、近方の焦点が合う位置は33㎝(4D加入)、42㎝(3.25D加入)、50㎝(2.75加入)の3種類から選ぶことができます。ハロー、グレア、スターバーストは比較的強めです。単焦点眼内レンズで定評のある材質と形状を踏襲しているためレンズの安定性、透明性、後発白内障の少ないことなどの利点があります。夜間の運転はされず読書などの手元の見え方を重視する方に向いています。

 

ただし、テクニスマルチフォーカルには乱視矯正用のトーリックレンズの取り扱いがなく、乱視が大きい目には不向きです。

 

テクニスマルチフォーカル(AMO社)
テクニスマルチフォーカル(米国 AMO社)

 

 

【レストア3.0】

アメリカのAlcon社が開発した2焦点眼内レンズです。レンズ中央部分の回折構造により、遠方と近方に焦点が合うようになっています。また周辺部が遠用の屈折構造となっており、遠方と近方がバランスよく見えるのも特徴です。現在は、3.0加入が主流になっています。

 

乱視矯正機能のあるトーリックタイプを使うときは、術後に眼内レンズが回旋するリスクが少なく確実に乱視が矯正できます。ハロー、グレアはそれなりにあります。単焦点眼内レンズの材質と形状を踏襲しているためレンズの安定性、後発白内障の少ないこと、術後屈折誤差が小さいなどの利点があります。

 

レストア(Alcon社)
レストア(日本 Alcon社)

 

 

 

「遠方―中間」タイプ2焦点レンズ

 

メリット

中間距離(50㎝〜1m)から遠くがクリアに見えます。先述したSportsゾーン、Hobbyゾーン、Safetyゾーン、Talkゾーン、Drivingゾーンを思い出してください。活動的な生活、安全な生活に必要な距離がはっきり見えます。

 

デメリット

一方で、手元30㎝はピントがいまひとつであるため読書やスマホではメガネが必要かもしれません。

 

製品例:シンフォニー、アクティブフォーカス

 

【シンフォニー】

アメリカのAMO社が2017年に発売した2焦点眼内レンズです。1.5D加入ですが、後述する焦点深度拡張型レンズであるため50㎝から遠くまでの視力の落ち込みが少なく、連続してクリアに見えます。また色の濃淡がくっきり見える高いコントラスト感度も特徴です。この広い明視域の見え方の快適さが受け入れられて多焦点眼内レンズの利用者が一気に増えました。ハロー、グレアはかなりあり、特にスターバーストが目立ちます。

 

シンフォニー(AMO社)
シンフォニー(米国 AMO社)

 

【アクティブフォーカス】

アメリカのAlcon社が2018年に発売した2焦点眼内レンズです。2.5D加入で中間距離がよく見えます。遠方への光エネルギー配分が多くとられ、遠方がよく見える構造を持ち、単焦点眼内レンズ並みの高いコントラストを持ちます。レンズ中央部分が単焦点と同じ屈折領域になっているため、万が一眼底疾患や緑内障が発症したり悪化しても最低限遠くの見え方は単焦点並みには維持できることが期待されます。

 

眼底の病気を治す硝子体手術において全面回折領域の多焦点眼内レンズが入っていると網膜の見え方が少しあまくなりますが、このレンズは中央の屈折領域のおかげで、網膜が鮮明に見えます。現在認可されている2焦点眼内レンズのなかでは、もっとも夜間のグレア、スターバーストが少なく長時間の夜間運転が必要な方には最適です。

 

アクティブフォーカス(日本アルコン社)
アクティブフォーカス(日本 Alcon社)

 

 

板谷 正紀

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。
埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

▼はんがい眼科の公式ブログ「目のブログ」▼
https://eyeblog-hangai.com/
▼多焦点白内障手術 無料個別相談会 開催中!▼
https://hangai.org/cataract-seminar/

著者紹介

連載近くも、遠くも、快適に…「見える」を取り戻す白内障手術

「見える」を取り戻す白内障手術

「見える」を取り戻す白内障手術

板谷 正紀

幻冬舎

レーザー白内障手術は、安全・快適・短時間に「見えない」という病気状態を解決し、「見える」を取り戻し、さらに快適に見えるを手に入れるまでに進化しました。この本では、進化した多焦点レンズ、レーザー白内障手術の最新情…