中小企業の社長は、自分の老後をどのように考えているのか?

今回の新型コロナウイルスの感染拡大は、国民への外出自粛や一部業種に対する休業要請などにより、経済にも大きな影響を及ぼしています。将来に向け、中小企業経営者はこれまで以上に、様々な課題を検討していく必要があるでしょう。そうした課題のひとつが、経営者の資産形成です。小企業経営者が自分の老後をどのように捉えているのか、見ていきましょう。

データから見る「中小企業経営者の将来への意識」

アクサ生命保険株式会社では2019年5月~8月、全都道府県の中小企業経営者6,622人に対面式でアンケートを行い、その結果を『社長さん白書2019』にまとめています。

 

アンケートの内容は多岐にわたるのですが、ここで注目したいのは「勇退後の時間をどのように過ごしたいですか」という質問に対する回答です。

 

最も多いのは「趣味を楽しみたい」(29.5%)で、「一生懸命働いてきたので、のんびりしたい」(22.4%)、「家族との時間を大切にしたい」(16.8%)が続きます。

 

「勇退せず社長を続けたい」「社長は退いても会社に残っていたい」「別な事業を始めたい」といった回答もありますが、全体の15%ほどに過ぎません。中小企業の経営者のうち80%以上が、いずれは「勇退(引退)」してのんびりすることを考えているようです。

 

出所:アクサ生命保険株式会社「社長さん白書2019」プレスリリース資料を基に株式会社ボルテックス100年企業戦略研究所が作成
[図表1]「勇退後の時間をどのように過ごしたいですか」への回答 出所:アクサ生命保険株式会社「社長さん白書2019」プレスリリース資料を基に株式会社ボルテックス100年企業戦略研究所が作成

 

しかし、その一方で事業承継の方針や時期を「決めていない」割合がほぼ半数に上ります。事業承継だけが勇退の前提ではないとはいえ、やや気がかりな結果です。

 

また、中小企業の経営者にとって、最大の資産は自社の株式というケースが多いと思われます。ところが、勇退(引退)へ向けての準備にあたって「自社株式の評価を試算したことがあるか?」という質問に対して、「ない」という答えが全体で59.3%にのぼります。しかも、創業者ほどその割合は高く、74.9%に達します。そんなことよりとにかく事業に集中しているのかもしれませんが、やはり勇退(引退)へ向けた準備という点ではやや気がかりです。

 

出所:アクサ生命保険株式会社「社長さん白書2019」プレスリリース資料を基に株式会社ボルテックス100年企業戦略研究所が作成
[図表2]「今まで、自社株評価額を試算したことがありますか」への回答 出所:アクサ生命保険株式会社「社長さん白書2019」プレスリリース資料を基に株式会社ボルテックス100年企業戦略研究所が作成

 

出所:アクサ生命保険株式会社「社長さん白書2019」プレスリリース資料を基に株式会社ボルテックス100年企業戦略研究所が作成
[図表3]「今まで、自社株評価額を試算したことがありますか」創業者と2代目以降の回答 出所:アクサ生命保険株式会社「社長さん白書2019」プレスリリース資料を基に株式会社ボルテックス100年企業戦略研究所が作成

 

100年企業戦略研究所は、「“経営の新常識”を作り、日本の未来を切り拓く」という株式会社ボルテックスのミッションを推進し体現していくことを目的に2018年に設置された社内シンクタンク。日本に数多く存在する長寿企業の事業継続の秘訣を研究・分析し、100年続く企業づくりに寄与する優れた知慧や叡智を多くの企業経営者の方々に広くご提供することを使命としている。
https://100years-company.jp/

著者紹介

連載中小企業経営者におくる「100年企業」を目指すためのノウハウ

※本連載は、株式会社ボルテックス100年企業戦略研究所が運営するウェブサイト「100年企業戦略ONLINE」の記事を転載・再編集したものです。