「片目だけで見てみてください」…視界がぐにゃ〜は危険な兆候

「黄斑(おうはん)」は、視力の要ともいえる重要な部分です。黄斑に異常がある場合、診断自体は非常に簡単ですぐわかるのですが、異常が起きても自覚しにくく、進行するまで気が付かないケースが珍しくありません。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が「黄斑」の病気と早期発見のコツについて解説。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。

ものを見るときに非常に大切な役割を果たす「黄斑」

今回は「黄斑(おうはん)」についてお話ししたいと思います。私は大学病院に勤務していた時代から、アイケアクリニック院長という現在の立場になってからも、継続して黄斑の診断・治療に関わっています。その経験を生かしてお話していきたいと思います。

 

まず黄斑とはカメラでたとえるとフィルムに当たる部分で、網膜の中心部分にあります。下記の写真で矢印が示している、へこんだ部分です。皆さんが見ている視界の中心部分と一致します。

 

そこが病気になるとどうなってしまうかというと、中心部分が見えなくなるので、視力が下がってしまったり、視界が欠けて見えたりします。また、いろいろな表現の仕方がありますが、視界が暗く見えたり、グレーがかって見えたり、白くぼやけて見えたりすることともあります。あと、ゆがんで見えたりもします。

 

 

 

では、その黄斑部分に異常をきたす病気にはどんなものがあるかというと、大きく分けて2つあります。1つ目は黄斑の形を変えてしまう病気です。黄斑の上に膜が張ってしまう「黄斑上膜(おうはんじょうまく)」や、黄斑に穴が開く「黄斑円孔(おうはんえんこう)」、黄斑の部分が剥がれる「網膜剥離(もうまくはくり)」などがあります。

 

2つ目は、黄斑の部分に出血・むくみを引き起こすもので、「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」や「黄斑浮腫(おうはんふしゅ)」という病気です。これらの原因は糖尿病や高血圧などです。目の病気だけでなく、内科的な病気…つまり全身の病気から引き起こされます。

黄斑の状態は、写真を撮るだけで瞬時に判明

黄斑の病気をどのように診断するのかお話します。今、黄斑の診断はすごく進化していて、簡単にわかるんです。「眼底3次元画像解析装置(OCT)」というものを使って目の断層写真を撮ると、黄斑の部分がすごく詳しくわかるんですね。写真を撮っただけで黄斑の部分にどういう異常があるのか、それとも正常なのかを簡単に診断できます。診断が簡単であるところも黄斑の特徴です。

 

次は治療についてお話します。先ほどいった黄斑の形を変えてしまう病気…黄斑上膜、黄斑円孔、網膜剥離に関しては手術での治療が必要です。黄斑の部分に水が溜まってしまったり、むくんでしまったり、出血を引き起こしてしまったりする病気…加齢黄斑変性、黄斑浮腫に関しては、硝子体内注射治療といい、目のなかに直接お薬を入れてあげるかたちになります。また、補助的なものではありますが、飲み薬やサプリメント、漢方を使うこともあります。

アイケアクリニック 院長
アイケアクリニック銀座院 院長 

集中力を要する緻密な作業を得意とし、特に最先端の白内障レーザー手術において抜群の治療実績を誇る。そのほか、網膜硝子体や緑内障の手術も担当。
まぶたの手術やボトックス注射など、眼科医としての視点を活かした目周りの美容にも注力。また、校医を務めるなど、地元住民のかかりつけ医として地域医療にも貢献している。
日々のちょっとした悩み相談から高度な治療まで、総合的な目のケアー「トータルアイケア」の提供を目指す。
現在、注目の眼科女医として、テレビやラジオ、新聞、雑誌などさまざまなメディアに取り上げられている。

http://cataract.eye-care-clinic.jp/

著者紹介

連載「目の病気予防」から「目の美容」まで!スゴ腕ドクターが徹底解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧