資産家ドクター「医師だから目玉物件を紹介してくれた」

株式投資、FX、不動産投資など、さまざまな投資を自ら実践してきた医師が語る、不透明な時代を生き抜くためのお金の知識。本連載は、現役の医師で、大見医院院長の大見貴秀氏の書籍『失敗から学び続けた、資産家ドクターの投資術』(クロスメディア・パブリッシング)より一部を抜粋し、医師に最も適している資産形成法を教えます。※「医師×お金」の総特集。GGO For Doctorはコチラ

【オンライン開催(LIVE配信)】
年収1200万円の場合、リタイアまでいくら必要?
年金+貯蓄で暮らすなら…>>【医師限定情報を見る】

不動産投資にいいイメージはなかった

もしあなたの年収が仮に1500万円だとしたら、150万円ほどの控除があったとしても、課税所得は1350万円前後。したがって所得税33%で、445万円を納税しなくてはなりません。さらに住民税(おおよそ課税所得の10%といわれています)135万円が加わると、合計約580万円が税金に取られることになります。

 

このような税制の仕組みに、私は不安を抱いたのでした。年収が2000万円を超えたら、その半分近くを税金に取られてしまうからです。税金の負担が大きく、毎日の生活費のことなどを考えると、思うように預貯金もできない。万が一、体調を崩して医師の仕事ができなくなったらどうするかという不安も重なり、給料収入以外の資産をつくっておこうと考えたのです。

激務で体調を崩して、将来不安が襲ってきた。
激務で体調を崩して、将来不安が襲ってきた。

資産形成の方法はいろいろあります。株式投資、FX、投資信託、不動産投資、外貨預金……。最初はよくわからなかったのですが、さまざまな情報を調べるうちに、それぞれのメリットとデメリットを把握できるようになりました。そこで不動産が医師と相性がいいということを知ったのです。

 

不動産投資は、以前しつこく営業電話をかけられたこともあり、最初はあまりいいイメージを持っていませんでした。しかし、不動産投資をしている方から話を聞いたり、本を読んで研究するうちに、そのメリットを強く感じるようになりました。そして、インターネットで不動産投資会社をいくつか調べ、ある会社のセミナーに参加したのです。私が医師だったせいもあって、有力な顧客として登録してもらいました。何度かセミナーに足を運び、仕組みを説明してもらっているうちに、複数の目玉物件を紹介してもらえることになりました。

大見医院 院長

常勤医からフリーランス医になったときの税制の違いに驚き、日本の税制について幅広く勉強する。医師としての活動のほか、不動産賃貸業、法人の代表取締役として活動中。フリーランスの税制、医師や高所得者の節税、医師の資産形成などの情報発信を行うほか、セミナーなども多数開催。

著者紹介

資産コンサルタント
宅地建物取引士
AFP(日本FP協会認定)
株式会社トライブホールディングス

金融業界、国際的情報機関を経て、2006年不動産業界へ。中古住宅再生事業、新築マンション事業、リノベーション事業等を経験したのち、トライブホールディングス入社。クライアントの大半が医師であることから、「医師の方々が本業に専念できるための資産サポーターでありたい」をモットーに、医師ならではの悩み、不安、苦悩の解消に奔走している。現在、執行役員として社内マネジメントの傍ら、全国にてセミナー講師など幅広く従事。

著者紹介

連載ドクターの投資術「医師に最も適している資産形成とは」

失敗から学び続けた、資産家ドクターの投資術

失敗から学び続けた、資産家ドクターの投資術

大見 貴秀[著] 植田 幸[監修]

クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

【試行錯誤しながら投資をしてきたドクターが語る、医師に最も適している資産形成とは】 常に患者さんに向き合い続ける医師は、激務・長時間労働が当たり前の世界。 ストレス解消のために散財を続けた結果、全く貯蓄がない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!