「私もエルメスほしい!」相続金で豪遊の兄嫁に、妹がキレて…

戦前の日本では、長男が家の財産を引き継いでいた。今は兄弟で等分するのが当たり前となりつつあるが、地方の家や農家ではまだ長男が継ぐ習慣が残っている。エダマメさん(仮名)の家もそのひとつ。兄が農家を継ぎ、兄弟もその相続に納得していた。ところが、長男の妻が相続した遺産で散財を始める。これに怒った兄弟が相続のやり直しを要求。遺産分割協議のやり直しである。丸く収まっていたはずの相続を一からやり直すことになったのだ。

法事で始まった兄妹ケンカ…そのワケ

エダマメさん(仮名)が相談にやってきたのは、7月の暑い日のことだ。彼は50歳手前の男性で、千葉県で10代続くエダマメ農家の次男だった。数日前、スタッフが電話を受けた。兄弟の間で相続トラブルが起きているから相談したいという。それで事務所まで来てもらったというわけだ。

 

「遠いところ、来てもらってすみませんね」私はそう言い、エダマメさんに冷たいお茶をすすめた。「いえいえ。組合の集まりで東京に来ることもあって、今日はその帰りです」エダマメさんはそう答え、お茶を一口飲んだ。

 

「さて、相続のことで相談があるとスタッフから聞いているのですが、詳しく教えていただけますか?」「はい。うちは長々と続いている農家で、兄も私も農業をしています。兄弟は他に妹がいますが、彼女は嫁いで、家事やパートをやっています」「ご両親を含め、ずっと農家だったわけですね」「ええ。父は私が幼い頃に他界しましたが、その後は母と兄が中心となってやってきました。2年前に母が他界し、家は兄が継いでいます」

 

 

「すると、エダマメさんは?」「私は親戚の農家の養子になり、そちらを継いでいます。うちには男が2人いますが、親戚の家は男の子がいません。そこで跡取りのことなどを考え、私が養子に出ることになったのです。戸籍上は別の家族となりましたが、すぐ近くに住んでいますし、作っている野菜もほぼ同じです。お互いに手伝うことも多いので、一族のようなものですね」「なるほど。妹さんも近くに住んでいるのですか?」

 

「いえ、埼玉です。親戚の集まりなどがある時くらいしか顔を合わせません」「結婚式とか法事とかですね」「まさにその通りです。その法事が原因で、兄と妹がもめているんです」エダマメさんはそう言い、本題に入った。

何も相続しなかった次男と妹

「先日、母の三回忌の法事がありました。そこで久しぶりに兄や妹と顔を合わせたのですが、兄の奥さんとも会ったのです」「エダマメさんや妹さんから見ると義理のお姉さんにあたる人ですね」「はい。実は妹は、もともと義理の姉とあまり仲がよくありませんでした」

 

「どうしてですか?」「ひとことで言うと、育ちの違いということになるのでしょう。妹は我々と同じ農家育ち。義姉はサラリーマン家庭で育ったひとり娘で、家や仕事に対する価値観に違いがあったんです」「価値観ですか」「ええ。例えば、農家は朝が早いですし、仕事の大半が力仕事です。我々はそういう環境で育っていますし、子どもの頃から家の手伝いをしてきました」「わかります。私の祖父も農業をやっていましたのでね。小さい頃はよく手伝いをさせられたものです」「そうですか。それなら話が早い」エダマメさんは嬉しそうな表情を見せ、話を続けた。

 

「つまり、農業中心で暮らしている家に、土を触ったこともないような都会のお嬢さんがやってきたわけです」「義理のお姉さんにとっては、あらゆることが別世界だったでしょうね」「ええ。今から10年ほど前の話ですが、振り返ってみれば、そのころから妹は義姉と距離を置いていたのでしょう。妹は義姉を家族と認めていませんでしたし、義姉も別に認めてもらおうという気がありませんでした」「義理のお姉さんも農業の手伝いをしていたのですか?」「まさか」エダマメさんは笑い、こう続けた。

 

「農業はしない。そういう約束の上で結婚したようです。結婚後は市役所に勤め、今もそこで働いています」「よくお母さんやお兄さんが納得しましたね」「兄は惚れた弱みなんでしょう。義姉に手伝いを頼むこともありませんでしたし、頼んだとしても手伝わなかったと思います。母は複雑な心境だったと思いますが、その時すでに兄は40歳を過ぎていました。長男がずっと独身でいるよりは結婚したほうがいいと思ったのではないでしょうか」「それでお母さんとお兄さんが2人で農業をすることになったわけですね」

 

「そうです。ただ、母がだんだん高齢になり、畑仕事が厳しくなってきました。そこで、持っている土地の半分を使ってアパートを建てました。農業半分、大家業半分にすれば母の負担も軽くなるだろうと思ったわけです」「なるほど。その後、お母さんが亡くなり、相続が発生したわけですね」「ええ。遺産は土地とアパートでした。あと、多少現金もあったかな」「どのように分けたのですか」「母が亡くなった後で兄弟3人が集まり、話し合いました。とはいえ、結論は決まっているようなものです。農家の慣例で、兄が土地とアパートをもらいました」

 

 

「エダマメさんと妹さんは?」「何も相続していません。妹は離れたところに住んでいますから土地をもらっても仕方ないですし、嫁ぎ先の家計も安定しています。私も、実は養子になった家が裕福だったこともあって、兄がもらうのがいいと思いました」

 

「そうですか」私はそう言い、立派な兄妹だと思った。おそらく両親の育て方がよかったのだろう。農家にとって土地は命とも言える。兄弟の誰が継ぐにせよ、その子どもが土地を相続する。そういう考え方を、小さい頃から伝えていたのだろう。相続の考え方は家庭教育の中で決まる。たまにでもよいから、親が自分の亡き後のことをきちんと子どもに話していれば、面倒な相続トラブルは避けることができる。それが私の経験に基づく持論だ。

派手なカッコにブランド自慢…無神経な義姉

「それで、どうしてもめごとになったのですか?」「法事の時、義姉が派手な格好で現れたんです。その姿を見て、妹が憤慨してしまって」「派手な格好とは?」「ブランド物のバッグを持って、金ピカのアクセサリーをつけて、一言でいうと成金みたいな格好です」エダマメさんはそう言い、煙たそうな表情を見せた。

 

「その格好を見て、妹さんはなんと言ったのですか?」「その場では何も言いませんでした。でも、明らかに不愉快な顔をしていました。妹の夫婦は普通のサラリーマンですから、貧乏ではありませんがリッチでもない。ブランドバッグなどはなかなか買えません。義姉の振る舞いが癪(しゃく)に障ったのでしょう」「まあ、わからなくはないですね」「しかも、義姉はそういうところが鈍感で、これはどこのバッグだとか、フランスに行って買ったとか、そういうこともペラペラと喋るわけです」

 

話を聞きながら、失礼ながら私は笑いそうになってしまった。無神経に自慢話を披露する義姉と、その横で苦虫を嚙かみつぶしたようにして堪える妹の様子が目に浮かんでしまったからだ。

 

「妹さんとしては面白くないでしょうね」「はい。法事が終わった後で私のところに来て、なんなのあれは、許せない、冗談じゃないと怒鳴り散らしました。私だってフランスに行きたい。エルメスだって欲しい。それはもう、すごい剣幕だったんです」「許せない、というのはどうしてですか?」「妹が土地の相続を断ったのは、兄が農家を続けるからです。その点は私も同じで、家を継ぎ、守ってくれていることについて兄に感謝していますし、何よりも、兄は母を最期まで世話してくれました。しかし、蓋を開けてみたら相続した資産で義姉が贅沢三昧しています。それが妹には許せないというわけです」

 

妹の気持ちはよくわかる。家のため、兄のためと思ってしたことが、別の誰かの利益になっている。しかも、その誰かは自分が十年来嫌っている人物だ。不愉快になるに決まっている。

 

「そこで先生に相談なのですが」エダマメさんが改めて切り出した。「何でしょうか?」「相続のやり直しは可能なのでしょうか?」「やり直し、ですか」「はい。妹はそう望んでいます。義姉に湯水のごとく使われるなら、親が残した遺産を少しでもいいから自分の手に取り戻したいと思っているんです」

 

田舎の娘と都会の嫁
田舎の娘と都会の嫁

どうにかして「最悪な結末」は避けたい次男

「結論から言うと、やり直しは可能です」私はそう伝えた。「そうですか」エダマメさんは少し笑顔を見せた。「ただ、いくつか条件があります」「どんな条件ですか?」「エダマメさん兄弟の場合、現状は長男が土地などを相続し、次男のエダマメさんと妹が相続を放棄するという形でまとまっています。先ほど、お母様が亡くなった後に3人で話し合ったと言っていましたよね」「はい、そうです」「その話し合いのことを遺産分割協議といいます。堅苦しい言い方ですが、相続人全員で遺産の分け方を決める話し合いをするということです」「なるほど」エダマメさんはそう言い、大きく頷(うなず)いた。

 

「ただ、その際に決定した内容は永遠に変えられないわけではありません。遺産分割には、分割協議の解除という方法があり、もう一度相続人全員が集まり、遺産分割協議をすることができるのです」「解除することで最初に決めた内容が無効になるのですか?」「そういうことです。ただし、相続人全員で話し合わなければなりません。つまり、エダマメさん兄弟の場合、妹さんはやろうと言うでしょうが、お兄さんが応じるかどうかが問題になるでしょう」「そうなのか」エダマメさんはそう言い、う〜んと小さく唸(うな)った。話を聞く限り、兄は義姉に甘い。

 

兄夫婦としては資産が減るわけだから、義姉は不満だろうし、兄も素直には応じないだろうと思った。「当然、エダマメさんも当事者ですから、話し合いに応じるかどうか決めなければなりません」私はそう付け加えた。「私もですか」「ええ。相続人ですからね。エダマメさんとしてはどう考えているのですか?」そう聞くと、エダマメさんは少し考え、こう答えた。

 

「無責任に聞こえるかもしれませんが、私はどっちでもいいんです。義姉の贅沢は確かに不愉快ではありますが、だからといって妹のように許せないと思っているわけではありません。どんな風にお金を使おうと、兄夫婦のことです。私がとやかく言うことでもないでしょう」「そうですね」「ただ、妹の気持ちもわかります。相続をやり直すことで妹の気持ちが晴れるのなら、そっちを応援してやろうかとも思うんです」「仮にやり直すとしたら、おそらく法定相続分に従って分けます。エダマメさんもいくらか相続することになります」

 

「それは放棄できるものなのですか」「もちろんできます。前回と同じように、やり直しする際も放棄すればいいだけです」「そうですか。でしたら、私はいりません。お金に困っているわけではありませんし、別にフランスに行きたいわけでもありませんからね」エダマメさんはそう言って笑った。

 

「本当にいいのですか? お金はあって困るもんでもないですよ」「ええ。いいんです。私の希望は、兄がちゃんと家を守ってくれることと、妹が怒りを収めてくれることです。みんな仲よくとはいかないでしょうが、早くもめごとを解決したいというのが正直な気持ちなんです」

 

「わかりました」私はそう言い、エダマメさんの心中を察した。相続トラブルはとにかく面倒なのだ。もめる相手は家族や親族だ。お互いに距離が近く、仲がよいときはいいが、一度もめ始めると愛憎が交錯する。感情的になりやすく、泥沼化する。とくにエダマメさんのように一歩引いて見ている人にとって、愛する家族同士の喧嘩は堪えがたい。見るに堪えない。仲裁役を頼まれることもあるだろうし、頼まれなくても自分がなんとかしなければいけないという気持ちになる。エダマメさんは穏やかに振る舞っているように見えたが、心の奥底では、兄や妹に言いたいことがあるのだろうと思った。

もし兄が相続のやり直しを拒否したら…

「条件は、3人がやり直しに合意するということですよね?」エダマメさんが確認するように聞いた。「そうです」「つまり、兄が応じなかったらやり直しはできないということですね。おそらく義姉は反対します。そう考えると、やるだけ無駄なようにも思えてしまって」

 

「その点は心配いらないでしょう。というのは、遺産分割協議は相続人しか参加できないものだからです。義理のお姉さんは、被相続人であるエダマメさんの親から見ると、義理の娘です。法律上、相続人となれるのは血縁関係がある親族のみなので、協議には参加できませんし、彼女の意見で協議が難航することもありません。ただ、お兄さんが義理のお姉さんの意向を忖度(そんたく)する可能性はありますがね」

 

「そうですね。十分にありうると思います。兄がやり直しに応じなかった場合も、やはり現状は変えられないのですよね」「そうですね。相続人全員の合意が条件です。ただ、その場合は裁判所に不服申し立てすることができます」「そういう手もあるのですか」「ええ。申し立てするには弁護士さんを通す必要があるでしょうから、協議をやり直しする場合より手間と時間がかかりますが、お兄さんが意地でも応じなかったり、妹さんがどうしてもやり直しを希望するのであれば、その方法を考えてもよいかもしれませんね」「わかりました。いろいろ教えていただき、ありがとうございます」

 

「いえいえ。まずは、やり直しの協議をするかどうか、妹さんとお兄さんに確認してみてください」「そうします。出口が見えて安心しました」エダマメさんはそう言い、事務所を後にした。

「農家の相続は難しい」…そのワケは

エダマメさんを見送ってすぐ、スタッフが事務所に入ってきた。彼は最初に電話で相談を受けたこともあって、トラブルの経過を気にしていた。

 

「農家の相続は難しそうですね」スタッフがしみじみという。「時代の変化だよ。農家の慣習と法律の間にある溝が埋まらない限り、こういうトラブルもなくならないだろうな」「昔はもめなかったのでしょうか」「長男が相続するのが当たり前だった時はもめなかったんだろうな。私が幼かった時は、クラスの半分くらいが農家だった。しかし今は農家が減っている。親戚や周りの友人にも農業をしている人は少ないだろう?」

 

「ええ。畑を間借りして野菜を作っている友達はいますけど、彼も本業は会社員です。そういえば、農業をやっている人が全国で200万人くらいしかいないとニュースで報じているのを聞いたことがあります」「ということは、人口1億2000万人に対して2%もいないということだ。長男が土地をもらうやり方から兄弟で等分するというやり方に変わるのも当然だよ」「土地を売って現金にしちゃえばいいとも思いますが、簡単にはいかないんでしょうね」

 

「無理だろうよ。農家にとって土地は重要な財産だ。古い家ほど、家を守っていくという意識が強いし、家庭でもそういう教育を受けている。エダマメさんがいい例だ。最初から長男が相続することが前提で、土地を売ろうという考えがないんだ」「なるほど」

 

「あとは地域内のプライドだな」「プライドですか」「そう。田舎では農家は大地主だからな。ちょっとでも土地を売ろうものなら、周りが必ずと言っていいほど、相続税を払うために売った、右肩下がりだなどと後ろ指を指すだろう。その場所に残るのも大変だよ。あの家は昔、お金持ちだったのよねと言われるだろうから。」「人の不幸は蜜の味なんですね」スタッフはそう言い残し、事務所を後にした。

「価値観のズレ」がトラブルを生んだ

エダマメさんから連絡を受けたのは、それから1週間後のことだった。「妹と兄と話し、もう一度相続をやり直すことにしました」電話口でエダマメさんはそう言った。「そうですか。しかし、よくお兄さんが納得しましたね」「最初は渋っていましたよ。義姉は快く思わないでしょうからね」

 

「どうやって説得したのですか」「珍しく兄に意見してやったんです。そもそもこういうもめごとになったのは兄貴の責任だと」「ほう」「兄貴がしっかりしていないから義姉がつけあがる。法事の席で自慢話をひけらかしたのも、元はといえば兄貴が義姉に甘いからだと言ったんです」その言葉を聞き、私は妙に感心してしまった。強く意見するタイプには見えなかったからだ。

 

「それで、やり直しが決まったわけですね」「ええ。断るなら自分は妹の味方につくし、先生が言っていたことを思い出して、最悪のケースとして裁判所への申し立ても考えているとも伝えました。それが効いたんです。どう分けるかはこれから話し合いますが、なんとか決着がつきそうです」「よかったですね」「はい。ありがとうございます」

 

電話を切ると、そばで様子を伺っていたスタッフが声をかけてきた。「まとまりそうですか?」スタッフが聞く。「ああ。エダマメさんが熱心な人だから、きっとうまくまとまるだろう。兄も妹もエダマメさんに感謝して、反省しないといかんよな」「そうですね。そもそも義理のお姉さんがちゃんとしていればこんなトラブルは起きなかったんでしょうけれど」「そうだな。嫁さん選びは慎重にしないと。気をつけろよ」私がそう言い、スタッフが笑った。

 

冗談っぽく言ったが、配偶者が絡んで相続トラブルになるケースは決して少なくない。人の価値観は異なるものだ。親子でも兄弟でも、価値があると思うものは違う。そう考えれば、もともと他人であった配偶者や、義理の兄弟と価値観が合わないのは当然ともいえるだろう。

 

エダマメさんの家のトラブルも、根底には価値観の違いがある。エダマメさんたち兄弟は農地や家に価値を感じていた。義姉は、ブランド物のバッグに価値を感じた。価値観に正解や間違いはない。何に価値を感じるかは自由であり、義姉が一方的に悪いわけでもないだろう。都会育ちのお嬢さんから見れば、田舎の農家で生活することにストレスを感じるはずだ。ただ、もう少し相手の価値観を尊重していれば、こんなことにはならなかっただろうと思う。

 

例えば、義姉がもう少しだけ農業や家を大切にしていれば、あるいは、妹がもう少しだけ義姉の好みを理解しようとしていれば──ひょっとしたらこのようなトラブルは防ぐことができ、家族としてうまくまとまったのではないかと思う。

 

相続についても同じことが言えるのではないか。長男が相続するというやり方は、都会人から見れば時代錯誤的かもしれない。しかし、そのやり方がうまくハマる家もある。これが絶対という相続の方法はなく、法定相続分はあくまでも法律上の目安にすぎない。

 

つまり、全国津々浦々の家庭を、1つの型にはめ込むことはできないのだ。農家が減っていくことで、農家的な相続をする家もきっと減っていくだろう。時代の流れとして見れば仕方のないことではあるが、もしかしたら価値観が単一化する危険性をはらんでいるかもしれない。

 

 

高野 眞弓

税理士法人アイエスティーパートナーズ代表社員

 

税理士法人アイエスティーパートナーズ 代表社員

東京・浅草生まれ。國學院大學経済学部卒業。日本大学大学院・慶應義塾大学大学院修了。又野税務会計事務所勤務を経て、1975年に独立、税理士髙野眞弓事務所を立ち上げ、多種多様な業種・業態の企業の顧問税理士を務める。事業規模拡大に伴い、2016年6月に税理士法人アイエスティーパートナーズを設立。
40年以上にわたり、「税務のアドバイザー」という枠を超えた公私のパートナーとして、多くの経営者の悩みを解決してきた。特に、骨肉の争いに発展しやすい相続税・贈与税等について、一家の思いに寄り添った提案を行い円満相続に導いている。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

炎上する相続

炎上する相続

髙野 眞弓

幻冬舎メディアコンサルティング

裁判沙汰になったトラブルの3割が遺産総額1000万円以下⁉︎ 「ウチは大丈夫」と思ったら大間違い! 6つの炎上エピソードから学ぶ「円満相続」の秘訣 相続でもめたあげく、兄弟姉妹が憎しみ合い、絶縁状態になってしまうこ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧