中高年に増加している「視界」のトラブル…診断方法の実際

欧米の失明原因第1位、「加齢黄斑変性」…。黄斑を損なうと、今までのように世界を見ることができなくなってしまいます。「視野の中心がぼやけているように感じる」「ものが歪んで見える」という症状がでてきたら、早めの受診をおすすめします。今回は、はんがい眼科・板谷正紀理事長の著書『目の悩みは眼底を疑いなさい「見える」を支える“黄斑”のチカラ』より一部を抜粋し、加齢黄斑変性の診断方法について解説します。

見え方で判別できる「萎縮型」と「滲出型」

まず、進行がゆっくりで治療法のない萎縮型(ドライタイプ)と、進行が速いが治療法がある滲出型(ウェットタイプ)を見分ける方法です。

 

正確には後で述べる眼底写真やOCTで診断しますが、見えにくさからもある程度判断ができます。2つのタイプの加齢黄斑変性に共通するのは「中心暗点」という症状がでることです。

 

萎縮型も滲出型も、症状としては視野の真ん中が見えなくなります。これを中心暗点と呼びます。写真はその症状をイメージして加工したものです。

 

[図表1]共通する病状、「中心暗転」

 

 

何かを見ようとして意識をそこに集中すると、その部分だけが抜けたようになって見えなくなります。見たいものが見えにくくなるこの中心暗点という症状は、とても辛い症状です。

 

萎縮型の場合は、最初からこの中心暗点の症状が現れ、徐々に進行していきます。

 

滲出型の特徴は、まず視界が歪んで見える変視症(=歪視)という症状が出ることです。これは滲出型加齢黄斑変性という病気では、脈絡膜から生えた新生血管から漏れた水分や血液成分によって黄斑が剥離したり、むくんだりするためです。それが視野の中心部の歪みを引きおこすのです。

 

そのため、萎縮型とは異なり、まず視界の歪みが現れることが多いのです。写真を加工することで、そのイメージを再現してみました。

 

[図表2]滲出型の特徴である「視界の歪み」

 

 

滲出型は、まず視野の中心部で歪みが生じ、それから徐々に視細胞が障害されることで、視界の中心部分が見えにくくなる中心暗点が起こります。萎縮型は歪みの症状はあまり出ず、中心暗点が少しずつ進みます。

 

共通するのは、いずれのタイプも、中心から障害され、見えにくい範囲が広がっていくと言うことです。どんどん視機能が失われていき、末期になると失明することもあります。

 

滲出型加齢黄斑変性を早期発見するには、アムスラー検査を行う必要があります。(関連記事:視界が歪む、目がかすむ…増加する「黄斑疾患」の原因とはアムスラーチャートという方眼紙を片目で見ることで、視界の歪みに気づきやすくなる検査方法です。自宅でもできて、とても簡単です。

2つの病型を見分けるのに有用な、「造影検査」

加齢黄斑変性の診断の基本は眼科医による眼底検査です。眼底を詳細に観察し、加齢黄斑変性のタイプや大きさ、病状の進行具合を調べます。それを記録するのが眼底写真です。

 

加齢黄斑変性の眼底写真と2種類の造影剤を用いた造影検査で血管の状態を詳しく検査します。

 

『OCTアトラス』(医学書院) 著:吉村長久、板谷正紀 より転載
眼底写真と・造影剤別の蛍光眼底造影写真 『OCTアトラス』(医学書院)
著:吉村長久、板谷正紀 より転載

 

造影剤を用いると、網膜にできた新生血管の状態を詳しく調べることができます。腕の静脈から注入する造影剤には、フルオレセインとインドシアニングリーンの2種類があります。

 

フルオレセインは、脈絡膜新生血管からの血漿の漏れや貯留の様子を詳細に診断することができます。しかし、用いる波長が短いため網膜色素上皮より奧の脈絡膜の様子は、はっきりわかりません。

 

その点、インドシアニングリーンは、より長い波長が使えるため、脈絡膜新生血管など脈絡膜の病変の様子を詳細に診断することができます。

 

滲出型加齢黄斑変性には、典型加齢黄斑変性、ポリープ状脈絡膜血管症、網膜血管腫状増殖の3タイプに分けることが出来るのですが、蛍光眼底造影はそれぞれの特徴的な所見を検出できるため、これら病型を見分けるのに有用です。

診断・経過観察の決め手はOCT(光干渉断層計)

加齢黄斑変性の診断と経過観察の決め手がOCT(光干渉断層計)による検査です。OCTとは、光の性質を利用して眼底の断面を調べることができる検査機器です。

 

OCTの分解能は5~7㎛(ミクロン)と精度が高いため、眼底の微細な病変まで捉えることができます。加齢黄斑変性の診断だけではなく、抗VEGF薬で治療を行うときにOCTでモニターして抗VEGF薬注射の効果を確認したり、注射のタイミングを決めるのに使われます。

 

[図表4]検査別の「ポリープ状脈絡膜血管症」写真

 

造影剤を用いないため、何度でも検査ができ、加齢黄斑変性の管理のための中心的検査になっています。OCTは、日本人に多いポリープ状脈絡膜血管症の診断にも有用です。※注

 

OCTには動くものだけを描き出す技術があり、それを応用したのがOCTアンギオグラフィーです。血液が流れているところ、すなわち血管が描出されます。血漿の漏れや貯留の様子を調べることはできませんが、脈絡膜新生血管を描き出すことができるのが特徴です。

 

副作用の心配がある造影検査と違い、繰り返して検査できるのが強みです。

 

 

板谷 正紀

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長

 

※注 出典:Ojima Y,Hangai M,Sakamoto A,Tsujikawa A,Otani A,Tamura H,Yoshimura N.Improved visualization of polypoidal choroidal vasculopathy lesions using spectral-domain optical coherence to mography.Retina 2009;29(1):52-9

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。
埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

▼はんがい眼科の公式ブログ「目のブログ」▼
https://eyeblog-hangai.com/
▼多焦点白内障手術 無料個別相談会 開催中!▼
https://hangai.org/cataract-seminar/

著者紹介

連載眼科理事長が解説!「見える」を支える“黄斑”のチカラ

目の悩みは眼底を疑いなさい 「見える」を支える“黄斑”のチカラ

目の悩みは眼底を疑いなさい 「見える」を支える“黄斑”のチカラ

板谷 正紀

幻冬舎

欧米の成人失明原因第1位でありながら、あまり認知されていない黄斑疾患。初期症状や治療法、予防法を徹底的にわかりやすく解説した革新的一冊。