鬱か認知症か…80万円の家賃滞納で強制執行、急転直下の結末

高齢者の「家賃滞納」問題。法律に基づき退去させることも可能だが、財産の少ない高齢者への強制執行に、苦しむオーナーも少なくない。そこで本連載では、章(あや)司法書士事務所代表・太田垣章子氏の書籍『老後に住める家がない!』(ポプラ社)より、高齢者の賃貸トラブルの実例を挙げ、その実態に迫っていく。

義理の弟の家賃滞納「もう、本当に勘弁して欲しいわ」

30年以上前の賃貸借契約には、連帯保証人としてお兄さんの存在がありました。滞納が始まったとき、家主が連絡をとろうと電話したけれど、すでにその番号では繋がりませんでした。月日も経っていることから、家主は連絡がとれなくても仕方がないと諦めていました。

 

更新ごとに契約書も書き換えていなかったので、今ある情報はもともとの契約書のみ。とりあえず住民票を請求してみました。

 

幸いにも山沖さんのお兄さんは最近お引っ越しをされたようで、住民票を辿って今の住所まで探し当てることができました。山沖さんの物件から、3駅ほど離れた住宅地です。いきなり手紙を送るのもどうなのかな、そう思ったので会いに行ってきました。

 

「できれば関わりたくないんですよね」

 

お兄さんは外出されていて、奥さんとお話しすることができました。

 

「義両親が亡くなった頃だから、もう15年くらい経つでしょうか。いろいろ相続のことで揉めたんです。だから正直関わりたくないですね。主人も同じだと思いますよ。実の兄弟ではありますが、政則さんとは性格も違いますし。うちは子どももいますが、政則さんは、一度も結婚もされずに独身でしょう? だから話も合わなくて、どんどん疎遠になって。義両親の法事も、声かけても来ませんから。今日お越しいただいたことは、主人には伝えますから」

 

奥さんは連帯保証人であることを、どうやったら辞めることができるのか、このまま手続きが進んだら連帯保証人はどのような負担があるのか、そこを心配されていました。

 

民法改正以降(2020年4月施行予定)は、賃貸借契約の連帯保証人が亡くなった場合には、連帯保証契約は引き継がれません。施行前の契約の連帯保証人は、原則旧法が適用されるので、亡くなった場合には相続人が連帯保証人となっていきます。

 

いま山沖さんのご主人がお亡くなりになれば、その連帯保証人たる地位は奥様とお子様が承継することになるのです。

 

「もう、本当に勘弁して欲しいわ」

 

奥さんは吐き捨てるように呟きました。義理の弟の家賃滞納。関わりたくないという気持ちになっても、当然のことでしょう。

 

翌日、お兄さんから直接連絡が入りました。

 

「弟は2年前に病気をしたんです。脳梗塞だったのですが、幸いなことに軽く済みました。ただそれ以降、どうも攻撃的になってしまったような気がします。それだけじゃないかもしれませんが……」

 

このままだと連帯保証人であるお兄さんも、訴訟の被告になってしまいます。ただそれだけは嫌だと言います。

 

「弟が退去した後、滞納分も払うし、原状回復の費用も払います。それはお約束しますから……」

 

自分と血の繋がった弟のことで、裁判の当事者になんてなりたくない、その思いがひしひしと伝わってきました。

 

一般的に日本は、アメリカのような訴訟国家ではありません。主張も控えめだったりするので、すぐに「訴訟に」とはなりません。そのため「被告」となることに、強い抵抗感を覚える方はたくさんいらっしゃいます。賃貸借契約の連帯保証人は、直接の当事者ではありません。自分が借りて住みながら滞納している訳ではないので、その思いも仕方がないことかもしれません。

 

家主も「お金を払って欲しい」というよりは、「スムーズに退去して欲しい」という考えだったので、転居の協力をしてもらうことをお願いして訴訟の当事者にはしないことにしました。

 

次ページは:「帰れって言ってんだ!」今にも殴りかかりそうな勢い

OAG司法書士法人代表 司法書士
株式会社OAGライフサポート 代表取締役 

30歳で、専業主婦から乳飲み子を抱えて離婚。シングルマザーとして6年にわたる極貧生活を経て、働きながら司法書士試験に合格。
登記以外に家主側の訴訟代理人として、延べ2500件以上の家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。
トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して賃借人に寄り添ってきた。決して力で解決しようとせず滞納者の人生の仕切り直しをサポートするなど、多くの家主の信頼を得るだけでなく滞納者からも慕われる異色の司法書士でもある。
また、12年間「全国賃貸住宅新聞」に連載を持ち、特に「司法書士太田垣章子のチンタイ事件簿」は7年以上にわたって人気のコラムとなった。現在は「健美家」で連載中。
2021年よりYahoo!ニュースのオーサーとして寄稿。さらに、年間60回以上、計700回以上にわたって、家主および不動産管理会社向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行う。貧困に苦しむ人を含め弱者に対して向ける目は、限りなく優しい。著書に『2000人の大家さんを救った司法書士が教える 賃貸トラブルを防ぐ・解決する安心ガイド』(日本実業出版社)、『家賃滞納という貧困』『老後に住める家がない!』(どちらもポプラ新書)がある。

著者紹介

連載老後に住める家がない!明日は我が身の「漂流老人」問題

老後に住める家がない!

老後に住める家がない!

太田垣 章子

ポプラ社

今すぐ、「住活」を始めなさい!「住活」とは、自分のライフプランに合った「終の棲家」を得ることです。60代以降の自分の収入を確認して、最期まで払っていける家賃に合う住居を決めるのです。そのためには、さまざまな「断捨…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧