養子縁組手続きを後回しにした社長…「義理の愛娘」が見た地獄

実の親子同様に深い信頼関係を築いていた養父と義理の娘。実母亡きあとも親しく行き来していましたが、突然養父が亡くなったことで、とんでもないトラブルが持ち上がりました。社長業に忙殺されていた養父は、相続準備に着手できていなかったのです。※本記事は、株式会社トータルエージェントが運営するウェブサイト「不動産・相続お悩み相談室」から抜粋・再編集したものです。

深い信頼関係で結ばれた父親とは「義理の間柄」

最近では、子連れ再婚によって形成される「ステップファミリー」が増えてきました。かつての配偶者とどのような理由で離れたとしても、新しい人生に踏み出す人たちはみんな、希望を持って新しい家庭を築いていきます。

 

筆者が取り扱った事例のなかに、とても仲のよいステップファミリーのケースがあります。相談者の方がまだ幼いとき、母親は父親と別れて再婚しました。相談者は、母親の再婚相手である養父とすっかりなじみ、その後ずっと、実の親子同様の深い信頼関係で結ばれていました。母親が亡くなり、自身が結婚して家庭を築いたあとも養父のそばに暮らし、身の回りの世話を焼いていましたが、養父が亡くなったタイミングで、弁護士とともに「実子」を名乗る人物が現れました。

 

******************

 

文京区在住の主婦・A子さんは、近居の父親との間に血のつながりがありません。A子さんが2歳のとき、母親はA子さんの実の父親と離婚、その後再婚しました。A子さんが父親として慕っているのは、現在の養父だけです。

 

A子さんの母親と結婚した当初、養父は中堅企業の会社員でしたが、A子さんが小学生のころに起業しました。事業は軌道に乗り、東京だけでなく、大阪、福岡にも支社を持つまでに成長し、生活も格段に裕福になりました。A子さんの母親は、A子さんが高校を卒業する前に病死。A子さんの母親にもそれなりの資産があり、幼いころから家族で暮らした家屋敷はすべて母方の祖父母から受け継いだものでした。

 

A子さんは養父の惜しみない援助のもと、芸術系の大学院まで修了しました。数年間企業に勤めたあと、会社の同僚と結婚して退職し、以降は自宅でブックデザインの仕事をしながら、2人の娘を育てています。
 

A子さん一家と養父の関係も良好で、A子さん家族は車で10分程度のマンションに暮らしながら、頻繁に互いの家を行き来していました。A子さんの2人の子どもたちも養父の援助で小学校から名門の私立に通い、何不自由なく生活していたのです。

 

子どもたちが高校生になり、A子さんの手を離れるころ、70歳近くなった養父は長年の無理がたたったのか、目に見えて体力が衰えてきました。

 

「お父さんももう年だなぁ。すっかり体が弱ってしまって、先が見えてきたよ」

 

「なにいってるの。まだまだそんな年齢じゃないじゃない」

 

「そうかなぁ…」

 

会社を手放し、病気療養に専念するつもりだったが…。
会社を手放し、病気療養に専念するつもりだったが…。

思い切って会社を売却、病気療養に専念した矢先…

しかしその年の定期健診で、A子さんの養父に初期のがんが見つかりました。

 

「お父さん、もう仕事を辞める。会社はきれいさっぱり売ってしまうつもりだ」

 

A子さんの養父は、長年仕事のパートナーだった人物に会社をすべて売却し、多額のキャッシュを手に入れたあと、隠居生活をスタートさせました。

 

「お父さん、本当にお疲れさまでした。ゆっくり休んで、病気をきちんと治してね」

 

「そうだな。A子やみんながそばにいてくれるから、お父さんは心強いよ。先のこともあるし、お父さんが全部、A子が困らないようにやっておくから。これからのことは何も心配しなくていいからな」

 

A子さんは、病院の付き添いや食事の世話など、これまでにも増して、かいがいしく養父の世話を焼きました。養父も仕事を離れて療養に専念し、回復の兆しが見えてきたかに思われました。

 

A子さんが自宅で料理をしていると、携帯電話に長女から着信がありました。

 

「もしもし、Bちゃん?」

 

「お母さん大変! おじいちゃんが部屋で倒れてる!!」

 

祖父のところへ本を返しに出かけた長女が、居間で倒れているのを発見したのです。駆け付けたA子さんは長女と一緒に救急車に乗り込み、搬送先の病院まで同行しました。

 

消化管からの出血ということで緊急手術が行われましたが、残念ながら養父が目を覚ますことはありませんでした。

 

「お父さん、どうして…」

 

A子さん家族が悲しみに暮れるなか、数日後、自宅に一本の電話が入りました。

 

「はい、もしもし…」

 

「A子さんですか。私は養父のZさんの息子さんの代理人で、弁護士のY田と申します」

 

「お父さんの息子!?」

なぜ実母の不動産まで人手に渡るのか?

養父に息子がいるということを、A子さんはこれまで一度も聞いたことがありませんでした。

 

数日後、電話をかけてきた弁護士は、「養父の息子」という人物を伴って、A子さんの自宅を訪れました。

 

「単刀直入に申し上げますが、A子さんはZさんと養子縁組をなさっていませんので、Zさんの法定相続人ではありません」

 

「どういうことですか!? お父さんとは私が物心つく前から一緒に暮らして、これまでずっと家族として生活してきたんですよ?」

 

「存じております。しかし、法律上はそのようなことになっておりますので」

 

「じゃあ、お父さんの資産はすべてこの方に…!?」

 

弁護士の隣に無表情で座る「息子」に、養父の面影を見出すことはできませんでした。

 

「そうですね。Zさんの金融資産のほか、お住まいになっていた自宅もすべてです」

 

「ちょっと待ってください! あの家は私の実母のものですよ!」

 

「そうですか。しかし、お母さまが亡くなった際、Zさんの名義に変更されましたので、A子さんの相続権はなくなりました」

 

「そんな…」

 

A子さんは、自分が知らされていなかった「養父の息子」に、父親の資産がすべてわたることを知り、愕然としました。しかも、A子さんの実母のものだった実家も含めてです。

 

実母が亡くなったとき、A子さんはまだ高校生でした。その際、養父は自宅の名義を漫然と自分に書き換えるのではなく、万一のケースを考え、対策をしておくべきでした。もちろん、その後の資産についても同様です。

 

今回の事例は、被相続人の知識と対策の不足により、最も身近な親族が泣きを見たケースです。なんともやるせない話ですが、同様のトラブルは、想像以上に多いものなのです。

 

事実上の親子と、法律上の親子関係がまったく別の話であることを認識されていない方は、決して少なくありません。たとえば遺言書を作成していれば、娘に家を遺せたかもしれません。養父が当然娘が家に住み続けるだろうと思っていても、法的な手段を講じないと、このようなことが起きてしまいます。また、元気な間は自分の亡きあとのことへの思いが及ばない方が大半なのです。

 

A子さんと養父は大変良好な関係を保っていました。相続についても、生前に腹を割って話しておくことができた可能性が高いだけに、本当に悔やまれます。

 

「そのとき」がいつ訪れるのか、それはだれにもわかりません。大切な家族を守るために、だれかにひとこと相談してみるなど、ほんのちょっとの工夫で、家族を喜ばせることにも、悲しませることにもなるのです。

 

万一を見据え、家族のために万全の対策をしていただきたいと思います。

 


菱田 陽介

菱田司法書士事務所 代表

 

髙木 優一

株式会社トータルエージェント 代表取締役社長

 

菱田司法書士事務所 代表

東京都生まれ。明治大学法学部卒業。都内の司法書士事務所で経験を積み、のちに菱田司法書士事務所に移る。相続、遺言、不動産に関する案件を多く手掛けている。

菱田司法書士事務所は、東京都大田区大森で85年以上にわたって相続の問題を扱っている老舗。現在の代表は4代目に当たる。

菱田司法書士事務所ウェブサイト:https://hishida-jimusho.net/

著者紹介

株式会社トータルエージェント 代表取締役社長
相続診断士
宅地建物取引士

昭和46年2月生まれ。専修大学経営学部卒業後、不動産仲介、建売分譲会社に9年間勤務。32歳で独立し、株式会社トータルエージェントを設立。独立時は任意売却業務を中心に事業展開していたものの、7年前より不動産相続コンサル業務に特化。

毎週木曜日かわさきFMにて相続の専門家をゲストに招き「高木優一の不動産・相続お悩み相談室」にて情報発信する傍ら、相続コンサル会社が運営する葬儀社「合同会社春光舎」の代表社員としても活躍中。

著者紹介

連載弁護士・税理士・司法書士は見た!実際にあった相続トラブルの事例

本記事は、不動産・相続お悩み相談(http://www.fudosan-consulting.jp/)に掲載された記事を再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧