夫が突然死…住み慣れた「義母名義の家」を追われる妻の悲劇

人生において死はいつ訪れるかわかりません。認知症になった姑を心配していたら、夫が突然死…。子どものいない妻は、相続権のない家を追い出されることになりました。最悪の事態を防ぐには、どんな対策が必要だったのでしょうか?※本記事は、株式会社トータルエージェントが運営するウェブサイト「不動産・相続お悩み相談室」から抜粋・再編集したものです。

夫婦が暮らす品川の邸宅は、夫の母親名義

超高齢化社会となった日本。平均寿命は延びましたが、それによって親よりも子どもが先に亡くなる「逆縁」も増えてきました。子どもにとっては、年老いた親を残して旅立つほどの心残りはなく、親にとっては、子どもに先立たれるほど悲しいことはありません。

 

しかし、現実的な問題として、逆縁は相続問題を複雑化することも多いですし、残された親族の人生を大きく変えるトラブルの火種となる心配もあるのです。

 

ここでは、夫が突然死したことで、姑名義の家に暮らしていた妻が窮地に立たされた事例を紹介します。

 

******************

 

A子さんは東京都品川区に住む専業主婦です。夫は大学の同級生で、舅姑には学生時代からかわいがられていました。数十年前に結婚した際、姑は二人のために、自分が所有する大きな一軒家で生活するよう勧めました。姑は資産家の一人娘で、都内に数軒の不動産を所有しているのです。

 

A子さんと夫は広い家で円満に暮らしていましたが、残念ながらお子さんには恵まれませんでした。しかし、それをとがめられることもなく、舅姑ともいい関係を保ちながら交流を続けていました。

 

会社役員だった義父は70歳で退職し、その後しばらくして他界。すると、姑には認知症の症状が現れはじめ、次第にひどくなってきました。A子さんは施設への入所を提案しましたが、夫のきょうだいである二人の妹は、首を縦に振りません。

 

「お母さんを施設に入れたらかわいそう。どうして住み慣れたところを離れなければいけないの?」

 

話し合った結果、A子さん主導で姑の面倒を見ることになりました。夫が長男であること、A子さんが専業主婦で子どもがいないこと、夫の二人の妹は嫁いでおり、まだまだ子どもに手がかかることが理由でした。

認知症の義母を残し、夫が急死

義母が暮らす瀟洒(しょうしゃ)な低層マンションは、A子さんの自宅から歩いて数分の場所にあります。A子さんは毎日のように顔を出し、病院への付き添いや身の回りの世話など、かいがいしく面倒を見ていました。

 

夫はA子さんを気遣ってくれますが、仕事が多忙で頼りにくく、義妹たちは家のことに追われている様子で、連絡しても返信がないこともしばしばでした。たまに姉妹で訪ねて来ることはありましたが、片づけを手伝うわけでもなく、ソファに座り込んでしゃべってばかりなので、A子さんもあまり気分がよくなく、次第に声をかけることもなくなりました。

 

ある朝、義母のもとに向かう準備をしていると、電話のベルが鳴りました。

 

「はい、もしもし?」

 

電話を取ると、夫の同僚を名乗る人からでした。

 

「奥さん、落ち着いて聞いてください。ご主人がオフィスで倒れて、いま救急搬送されました。搬送先の病院は…」

 

A子さんはバッグに財布と携帯電話だけ投げ入れてタクシーに飛び乗ると、会社の人から告げられた病院へ向かいました。

 

病院へ着くと、会社の従業員と病院スタッフ数人が、沈痛な面持ちで待っていました。A子さんが案内された部屋で、夫は静かに横たわっていました。

 

「手は尽くしたのですが…」

 

医師の説明によると、心筋梗塞とのことでした。

 

それから一転、A子さんは悲しむ間もなく、夫の葬儀のために奔走しました。葬儀会社との打ち合わせ、親族への連絡、あいさつ、様々な手続き…。

 

やっと一息付けたのは、四十九日を終えたあとでした。

 

「A子さん、お兄ちゃんがこんなことになって、本当に大変だったわねぇ…。でも、お兄ちゃん、A子さんにしっかり送ってもらって、すごく喜んでると思うわ」

 

親族での食事会の席で、夫のすぐ下の妹のS美が話しかけてきました。

 

「そうだといいけど…」

 

「A子さん、大丈夫? これからのことは?」

 

「もう、あまりにもいろいろなことがありすぎてしまって。少し休みたいわ…」

 

「そうよねぇ…」

 

義妹は声を潜めながら、言葉を続けました。

 

「でもね、こんな席で、こんなこと言うのはなんだけど…。お兄ちゃんはA子さんとの間に子どもがいないから、お兄ちゃんの財産って、お母さんにも相続権があるのよね?」

 

A子さんはぎょっとして、義妹の顔を見ました。

 

「けどね、母には相続放棄させるべきだって、妹と話してるの。だって、お兄ちゃんがA子さんのために一生懸命働いて築いた財産だし。その代わりね…」

 

義妹はA子さんの方に体を向けて座りなおしました。

 

「品川の家を空けてほしいの。あの家はお母さんの名義で、A子さんに相続権がないの知ってるでしょ。お母さんには施設に入ってもらって、私はお母さんのマンションに引っ越すの。品川の家はM子が住むって。ほら、M子は子どもが3人もいるじゃない? 今の賃貸マンションだと手狭で…」

 

義妹は一番下の妹の名前を出し、話を続けました。

 

「お兄ちゃんもいなくなったし、子どももいないのに、母の面倒を見てもらうのは申し訳ないじゃない? だから、母のことはもう心配しないで。M子は、下の子が中学に上がるタイミングで引っ越したいんだって」

 

S美の後ろから、M子がぴょこんと頭を出し、上目遣いのまま、無言で会釈しました。

 

「じゃあ、そういうことだから。申し訳ないけど、A子さんよろしくね」

子のいない妻…義母の相続人は二人の義妹だけ

自宅に戻ったあと、A子さんは大阪に嫁いでいる姉のところへ電話して、今日義妹たちに言われたことを、力なく報告しました。

 

「私、くやしくて悲しくて…」
「私、くやしくて悲しくて…」

 

「お姉ちゃん、新婚時代からずっと暮らしたあの家、どうしても明け渡さないとだめなのかな? あんなにお義母さんの面倒を見たのに、私、くやしくて悲しくて…」

 

「つらいのはわかるけど、お姑さんの名義ならA子には相続権がないじゃない。それに認知症も進行して、いまから遺言書を書いてもらうこともできないでしょう。どんなに頑張ったって住み続けるのは無理じゃないの? それに、このまま暮らし続けたら、義妹たちに家賃を請求されるかもよ?」

 

「…………」

 

「A子、もうそんな親類と縁を切って、お姉ちゃんのところにおいで。図々しい義妹たちに苦労ばっかりかけられて。お父さんとお母さんもあの世で泣いてるよ?」

 

A子さんの夫はきちんとしたビジネスマンで預貯金もあり、生命保険にも加入していたため、家を出ても当面の生活はどうにかなりそうでした。A子さんは、夫と結婚するときに亡き両親がそろえてくれた家具類をすべて処分し、身の回りの品だけ持って姉が待つ大阪へと向かいました。

 

A子さんはまさか、姑より先に夫が亡くなるとは思ってもみませんでした。いずれ姑が亡くなったあとには夫が品川の家を相続し、その後も夫婦で変わらぬ生活が続くものと漠然と考えていたのです。

 

人の死は予測できません。とくに、子どものいない夫婦の場合は相続対策が必須です。今回のケースも、夫が生前に自分が先に亡くなる時の問題を認識し、100分の1でも家の権利を母から贈与してもらうなど事前対策を行ったり、夫から実母に信託の対策を求めていれば、A子さんが住み慣れた家を追われることはなかったはずです。

 

相続にまつわる問題は、該当者が認知症の診断を受けたり、亡くなってしまってからでは対処できません。そのため、事前の対策が不可欠なのです。

 

 

菱田 陽介

菱田司法書士事務所 代表

 

髙木 優一

株式会社トータルエージェント 代表取締役社長

 

菱田司法書士事務所 代表

東京都生まれ。明治大学法学部卒業。都内の司法書士事務所で経験を積み、のちに菱田司法書士事務所に移る。相続、遺言、不動産に関する案件を多く手掛けている。

菱田司法書士事務所は、東京都大田区大森で85年以上にわたって相続の問題を扱っている老舗。現在の代表は4代目に当たる。

菱田司法書士事務所ウェブサイト:https://hishida-jimusho.net/

著者紹介

株式会社トータルエージェント 代表取締役社長
相続診断士
宅地建物取引士

昭和46年2月生まれ。専修大学経営学部卒業後、不動産仲介、建売分譲会社に9年間勤務。32歳で独立し、株式会社トータルエージェントを設立。独立時は任意売却業務を中心に事業展開していたものの、7年前より不動産相続コンサル業務に特化。

毎週木曜日かわさきFMにて相続の専門家をゲストに招き「高木優一の不動産・相続お悩み相談室」にて情報発信する傍ら、相続コンサル会社が運営する葬儀社「合同会社春光舎」の代表社員としても活躍中。

著者紹介

連載弁護士・税理士・司法書士は見た!実際にあった相続トラブルの事例

本記事は、不動産・相続お悩み相談(http://www.fudosan-consulting.jp/)に掲載された記事を再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧