ビジネスマンの資料作成に役立つ!「経済統計」の見方・使い方

これからの時代を経済的に困窮することなく生きるには、「経済センス」を磨くことが不可欠です。経済コラムで多くのファンを持つ久留米大学教授の塚崎公義先生が、身近なテーマを経済学的見地から読み解きます。第3回は、経済統計の見方と基本的な活用術を解説します。

まずは、経済統計の「季節性」の説明から

今月のチョコレートの売り上げが好調だったかどうかを知りたいとき、単純に前月の売り上げと比べてしまうのは危険です。もし前月がバレンタインデーのある2月だと、今月の売上が大幅に落ち込んだように見えてしまうからです。

 

もう少し一般的な例としては、「ボーナスの出る月には個人消費が増加する」「1月と8月は工場が休みになる日が多いので、生産量が他の月より少なくなりがちだ」といったこともあるでしょう。

 

このように、経済統計には「季節性」があるので、前月の値と比べることは危険です。そこで多用されているのが「前年同月比」です。チョコレートの売上を前年同月と比べるのであれば、2月と前年2月の比較になりますから、どちらにもバレンタインデーが含まれているため、とくに問題は生じない、というわけですね。

 

このように、統計を前年比で見るのは便利なのですが、危険もあるため、十分な注意が必要です。

 

前年同月が「異常値」だった場合の対処法

ここからしばらくの間、バレンタインデーやボーナスといった話を忘れましょう。統計データには季節性がない、という前提で話を進めたいと思います。

 

ある年の8月にオリンピックが開催され、テレビがよく売れたとします。翌年の8月のテレビの売り上げの前年比は大幅マイナスになるはずです。それを見た社長が「営業部がサボっているからマイナスなのだ」と叱ったとして、営業部はどう反論すればいいでしょうか?

 

簡単なのは「2年前の8月」「3年前の8月」と比較して、とくにマイナスになっていないことを示す方法です。これは簡単で便利なやり方ですから、覚えておくといいでしょう。

石油ショックの影響が1年で消えて見えるカラクリ

ある年の1月に石油ショックがあり、消費者物価指数が100から120に跳ね上がったとします。消費者物価指数の推移は図表の点線のようになります。消費者物価指数の前年比のグラフは、図表の実線のようになります。

 

 

 

点線を見れば何が起きたのかは一目瞭然ですが、実線を見て何が起きたのかを理解するのは至難の技です。担当者が不慣れだと、「石油ショックから1年が経過して、ようやく物価も落ち着いてきました」といったコメントを出してしまう場合がありますが、これは恥ずかしいですね。

 

点線を見ればわかるように、物価自体は石油ショックの翌月から安定していました。「高値安定」とでも呼ぶべき状態ですね。石油ショックから1年経ったからと言って、物価が急に安定する筈はありません。安定したのは前年比だけなのです(笑)。

 

同様に気をつけなければいけないのが、値段が下がり続けて、ある時から底を打って上がりはじめた場合です。前年比がプラスに転じるのは、物価自体が上昇に転じてから数ヵ月後になる場合も少なくありません。「いまごろ気づいたのか」と笑われないようにしたいものです。

一般人にもわかりやすい「季節調整値」の計算法

上の図表では、点線(データそのまま)のほうが実線(前年比)よりも役立つことがわかりました。しかし、実際にはバレンタインデーもボーナスもある世界で、前年比ではないデータそのものをグラフ化しても、なにがなんだかわからない場合も多いでしょう。だからこそ、前年比のグラフを使う人が多いのですから。

 

そこで登場するのが、「季節調整値」というものです。プロは複雑な計算をしているようですが、以下に簡単な計算の方法をご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

 

まず、過去10年の月ごとのチョコレートの売上高のデータは120個ありますから、これの平均を求めます。次に、過去10年間の2月の売上高のデータは10個ありますから、これの平均を求めます。後者を前者で割ると、「2月は普通の月の3倍チョコレートが売れる」といったことがわかります。

 

そうなったら、毎年の2月の売上高を3で割ってグラフ用紙に書き込んで行けばいいわけです。ほかの月に関しても、同じ作業を行えば、グラフの完成です。

 

この方法ならば、図表の実線のような滑らかな(季節要因によるギザギザがない)グラフが描けるはずです。

 

最近は、政府が発表する経済統計の多くが季節調整値も併せて発表していますから、そちらを見るのが便利でしょう。

 

季節調整値が発表されていない場合には、上記の方法で自分で計算してみてはいかがでしょうか。それほど手間もかからず、便利だと思いますので。

 

本稿は、以上です。

 

筆者への取材、講演、原稿等のご相談は「幻冬舎ゴールドオンライン事務局」までお願いします。「幻冬舎ゴールドオンライン」トップページの下にある「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

 

塚崎 公義

久留米大学教授

 

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済評論家・塚崎公義の「身近なテーマで経済センスを磨く」実践講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧