子どもが習い事で座っていられない…叱るのはNG対応?

子どもは本来、学ぶことが大好きです。好奇心旺盛な幼児期に、適切な教育を受けさせることが重要となります。本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。本記事では、子どもが習い事で座っていられないときの対応について見ていきます。

教室のレッスンで、椅子に座らず動いてしまう…

今回は、筆者が運営する幼児教室に通うお子さんのご両親から寄せられた質問について、一緒に考えてみたいと思います。

 

そのご両親は、教室でのレッスンのとき、お子さんが椅子に座らず動き回ってしまい、周りのお友達の邪魔になっているので悩んでいます。

 

椅子にじっと座っていられない…
椅子にじっと座っていられない…

 

このようなとき、叱ったらよいのでしょうか?

 

どのようにサポートすべきでしょうか?

 

皆さんはどう思いますか?

 

◆右脳全盛期には自然なこと

 

5歳前のお子さんが椅子に座らないのは大目に見てあげましょう。右脳全盛期のお子さんは、ほかに興味が移ると動くというのは自然なことです。

 

左脳の感覚では、椅子にじっと座っているお子さんが「集中してよい」という気がしますが、この時期はそうとは限りません。

 

なかには座ることが得意なお子さんもいますので、動くお子さんのお母さまは、焦ってしまうかもしれませんが大丈夫です。

 

ただ、座っているお友達にぶつかったりしないよう、お母さまがサポートしてあげるといいでしょう。端の席に座り、お友達と触れ合う側は、手でバリケードを作り動きを制限するといいでしょう。

子どもの「まだできないこと」を見極める

子どもが「まだできないこと」を見極めて、サポートをしてあげてください。サポートとは、言葉で伝え指示することではなく、子どもが自分で考えて行動できるように、筋道をつけてあげることです。

 

お子さんによって課題はさまざまです。社会のルールを「何も知らない」ので、「守れるようにする」までの道のりは長いのです。

 

その過程で、周りに迷惑をかけることは仕方のないことです。「ご迷惑おかけします」と謝って、おおらかに受け止めてもらえる環境を整えるのもいいでしょう。

 

ぜひ、クラスのみんなで助け合って子育てをしてください。その親御さんたちの姿をモデルに、お子さんたちも助け合うクラスになるはずです。

 

 

 

株式会社コペル 代表取締役
福岡大学 人間関係論 非常勤講師
一般社団法人徳育学会 会長
日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー 

1963年、福岡県生まれ。
日本アイ・ビー・エム株式会社を経て、現在、子どもの瞳を輝かせ続ける徳育教室コペルの代表として心の教育を志し、様々な研究に取り組み続けている。
全国各地で、子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動を通じて、たくさんの親子にアドバイスを行う。
良好な親子関係を構築するファミリーダイアログなど、多様なオリジナルプログラムを開発実施して活躍している。
著書に『偉人を育てた母の言葉』(致知出版社)、『あなたの言葉で子どもは育つ』(プレジデント社)、『きみの可能性は無限大』(少年写真新聞社)がある。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

本連載は、株式会社コペルが運営するウェブサイト「コペル」の記事を転載・再編集したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧