眼球摘出まで至った…生活習慣病がもたらす「目の怖い病気」

目の病気は誰だって怖いもの。年齢を重ねれば、老眼や白内障なども始まり、視力の衰えをよりいっそう感じることでしょう。「年だから仕方がないか…」と、納得してしまいそうになりますが、思わぬ病気を発症している可能性に、気づいているでしょうか。本連載では、はんがい眼科・板谷正紀院長の書籍『「自分だけ」のオーダーメイド白内障手術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋して、眼病の知識をわかりやすく解説します。

目に来る動脈は「左右1本ずつ」、つまるとマズい

目の病気はさまざまな全身の病気と関連しておきることがあります。とくに網膜に栄養や酸素をおくる血管がつまるなどのトラブルは、糖尿病や動脈硬化など生活習慣病と密接に関係しています。

 

なぜ生活習慣病があると目の血管にとってリスクが高くなるのかというと、それは目に栄養や酸素を送る大きな動脈が、左右それぞれ1本ずつしかきていないことと関係があります。もし脳のようにそれぞれ4本の動脈・静脈がきていれば、どれか1本がつまっても当座はなんとかなる確率が高いのです。しかし目は左右それぞれ1本しか動脈がないので、それがつまるとたいへんなことになります。

 

目の血管のトラブルには増殖糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症、網膜中心静脈分枝閉塞症、網膜中心動脈閉塞症、網膜中心動脈分枝閉塞症など、怖そうな名前のついた病気が並びますが、この病名に中心静脈、中心動脈という名前がついているのは、それぞれが1本しかないことからきています。

 

このうちとくに網膜中心動脈閉塞症はダメージが大きいことで知られています。一本しかない目の動脈の大元である網膜中心動脈が飛来した血栓で閉塞し血流が遮断されるのですから、症状は急激におきます。

 

完全閉塞では網膜の視細胞や視神経に酸素がまったく送られなくなるので、網膜が虚血に耐えられる2時間を越えると失明します。マッサージをする、目の水を抜いて眼圧を下げるなど、詰まった血栓を流す方法がないわけではありませんが、閉塞してから2時間以内の早期にこれを行うことはかなり難しいのです。

 

◆生活習慣病が目の血管をつまらせる

 

こうした目の動脈をつまらせるような病気がおきたとき、さらに重要なことは、目の動脈をつまらせた原因を特定することです。網膜中心動脈閉塞を起こすのは、異常な事態であり、血栓の飛来源に思いをめぐらせる必要があります。

 

不整脈があり心臓で血液が固まりやすくなり血栓ができるとか、プラークと呼ばれる頸動脈の動脈硬化性隆起に血栓ができるなどして、これら血栓が網膜中心動脈に飛来して詰まらせることがあります。同じ血栓が脳へ行くと脳梗塞になります。

 

このように、網膜中心動脈閉塞が起きたときは、命にもかかわる問題が潜んでいることが多いのです。そういった全身の問題を精査する機会を提案し、その結果、命を長らえるとともに、症状がおきていないもう一方の目を救うことを考えるというのが眼科医の正しい判断だと私は考えています。

 

目の中の動脈や静脈がつまるのは心臓病や高脂血症など生活習慣病が背景にあると考えられます。動脈閉塞症はもちろん静脈閉塞症など、血管がつまっておこる目の病気がある場合は、全身を検索し、その原因を治療することが重要なのです。

 

万病のもと「生活習慣病」
万病のもと「生活習慣病」

糖尿病でもっとも怖いのは「増殖糖尿病網膜症」

こうした目の血管がつまる病気の中で、もっともこわいのが糖尿病網膜症です。

 

糖尿病が進むと、細小血管障害と呼ばれる合併症が起きて身体の機能が失われていきます。代表的な例は、網膜症、腎症、神経障害で、この三者を糖尿病性三大合併症といいます。

 

まず、全身で毛細血管がつまる(毛細血管瘤や硬性白斑)症状があらわれます。糖尿病網膜症は、網膜の毛細血管に毛細血管瘤が増加していき、進行すると毛細血管に血液が流れなくなって激しい増殖糖尿病網膜症が起きるのです。

 

眼科医としては毛細血管に血液が流れなくなる前の単純網膜症で発見して、糖尿病のコントロールをしっかりやっていただき悪化を防いでいきたいのです。

 

毛細血管が詰まって血液の流れない領域(無灌流領域)が広くなると新生血管と呼ばれる新しくもろい血管が生まれ、これが失明につながる増殖膜形成、牽引性網膜剝離、硝子体出血を引き起こすのです。ですので、新生血管が生まれる前の前増殖糖尿病網膜症の間に発見し、汎網膜光凝固術で進行を止めたいのです。

 

また、毛細血管に血液が流れなくなると網膜が新たに血管をつくろうとして血管内皮増殖因子(VEGF)を大量につくります。その結果、網膜表面に新生血管が生えてきます。これが増殖糖尿病網膜症と呼ばれる状態です。血管内皮増殖因子(VEGF)は網膜だけでなく房水の出口である隅角にまで新しい血管をつくるのです。これによって隅角は破壊され、房水の排出が不可能になります。こうなると一気に眼圧が上昇してきます。

 

 

治療が遅れると隅角全体が癒着を起こし、50㎜Hgを越える高眼圧となって、強い目の痛みが生じます。これは「急性緑内障発作」に酷似した状態です。

 

◆最後はもっとも治療の難しい血管新生緑内障がおこる

 

つまり糖尿病網膜症のいきつく先は緑内障、なかでも血管新生緑内障と呼ばれる、もっとも治療の難しい緑内障なのです。

 

一昔前は血管新生緑内障がおこると、ほかに手立てがなく、激烈な痛みを取るためには眼球摘出しかないという時代もあったのです。治療は「原因が明らかな緑内障の治療の第一選択は原因解除」の原則の通り、糖尿病網膜症の治療です。すなわち、網膜をレーザー光凝固して網膜の視神経を間引きしてVEGFの産生を減らします。

 

しかし、いろいろ問題があります。まず、糖尿病の方は瞳が開きにくく、白内障もあるなどレーザー光凝固を十分に出来ないことが多く、特に網膜の周辺部は凝固できません。この問題を解決するためには硝子体白内障同時手術を行い、術中に目の中から網膜の端まで十分にレーザー光凝固を行うことが必要です。一旦破壊された隅角は網膜症を落ち着けたとしても元には戻りませんので眼圧は下がりません。

 

このため硝子体手術を行って網膜は治っても、術後の高眼圧のため視神経乳頭が萎縮して失明していく目が後を絶たないのです。

 

それゆえ、硝子体手術とともに眼圧をコントロールする技術も必要です。はんがい眼科では、時に硝子体手術と緑内障手術の同時手術を行い、術後の眼圧コントロールを行い網膜と視神経乳頭の両方を守ることに尽力しています。

 

◆目にとって新生血管は失明にいたる重大な脅威

 

このように新生血管は目にとって、失明にいたる疾患の原因となるため、重大な脅威ということができます。この新生血管は体中どこにでもできます。何らかの理由で酸素が十分に供給されないエリア(無灌流領域)ができると、その分が生き延びようとしてVEGF(血管内皮増殖因子)をだすのです。これは体内で虚血になった部分に生じるタンパク質で、これが新生血管を生じさせるのです。

 

ガン細胞も生き延びるためにこの血管内皮増殖因子(VEGF)出し、新生血管をつくって周囲の組織から栄養や酸素の供給をうけて増殖していきます。

 

目に関していうと、この新生血管は、できると困るところばかりにできてしまう厄介者です。たとえば硝子体の中に新生血管が生えてくると、後部硝子体剝離がスムーズにおこらず、新生血管が破れてしまい硝子体出血を引き起こし、ある日突然墨を垂らしたようになものが見えて目が見えなくなります。また、新生血管が隅角に生えてくると、房水が流れなくなって眼圧があがり、緑内障を引きおこすのです。

 

 

板谷 正紀

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。
埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

https://eyeblog-hangai.com/
▼多焦点白内障手術無料説明会 開催中!▼
http://seminar.hangai.org/multifocal_cataractsurgery/

著者紹介

連載眼科院長が教える!ライフスタイルに合わせた「白内障手術」ガイド

「自分だけ」のオーダーメイド白内障手術

「自分だけ」のオーダーメイド白内障手術

板谷 正紀

幻冬舎

白内障を治せば人生が変わる!ずっと忘れていた「見える喜び」を取り戻せば、人生は、もっともっと楽しくなる。