「父の遺骨」の権利は誰にある?連れ子の兄と揉めたら…

相続トラブルは誰の身にも起こり得る大きな悲劇です。最近では、資産家ではないごく普通の家庭でも、さまざまな困りごとや争いごとが発生しています。よく起こる相続トラブルにはどのようなものがあるのでしょうか? 税理士法人ティームズ・北井雄大税理士の書籍『「相続」のことがたった1時間でわかる本』(幻冬舎MC)より一部を抜粋して解説します。

不倫相手への遺贈、遺骨の埋蔵…相続トラブルの火種

[事例]不倫相手への遺贈は認められるの?

既婚者のCさんは単身赴任先で独身女性と知り合い、不倫関係になりました。やがて同棲するようになり、Cさんの収入で女性の生活が成り立つ状況となったので、Cさんは財産の3分の1を女性に遺贈するという遺言書を書きました。Cさんが亡くなり、遺産分割協議が行われましたが、相続人の1人が「公序良俗に反する不倫関係が原因で書かれた遺言書なので無効だ」と訴え、裁判になりました。

 

質問者 うーん、不倫は許せないけど、遺言書に書かれていたらやはり有効なんですか?

 

北井税理士 実際に裁判所の判断も状況によって異なります。同様のケースについて、1986年に最高裁判所は遺言書を有効と認めています。判断の材料となったのは遺贈の目的でした。違法行為である不倫関係を続けるために遺贈を申し出たのなら無効ですが、女性の生活維持を目的とした遺贈だったので有効と判断されたのです。ちなみに東京地裁で1983年に不倫相手に全財産を遺贈するという遺言書を無効とする判決が出ています。このケースでは「奥さんや子供たちが住む家を失い、生活できなくなる」ということが重視されました。

 

[事例]遺骨をどうするかを決める権利は誰が持っている?

父親を亡くしたDさんは、夫婦一緒にいられるよう3年前に死没した母親と同じお墓に埋葬してやりたいと考えていました。ところが父親の連れ子であった長男が反対し、本家のお墓に入れてしまいました。長男は「葬儀を取り仕切った自分にその権利がある」と言って譲りません。父親は生前、埋葬場所については明確な意思表示をしておらず、遺言書にも指定はありませんでした。

 

父の遺骨の権利は?
父の遺骨の権利は?

 

質問者 亡くなったお父さんはたぶん奥さんと一緒のお墓に入りたいと思いますけど、意思表示がなかったのなら、長男の意向に沿って進められるのでしょうか。

 

北井税理士 遺骨について法律では「物品」あるいは「祭祀道具(宗教行為に使う道具)」と見なすことになっており、誰かに所有権があるものと考えられています。問題は「それが誰なのか」ですが、1989年に最高裁判所が下した判決では「葬儀を主催した人」を遺骨の所有者と認めました。現在もこの考えが主流となっており、喪主=遺骨の所有者と認識されています。ですから、事例のDさんではなく、遺骨をどこに納めるかは長男に権利があると考えるのが一般的です。

遺産分割協議の時点で間違いに気づいた…どうする?

[事例]間違って手続きした相続放棄は撤回できるか?

父親を亡くしたEさんは、姉からの提案もあり相続放棄の手続きをしました。相続財産の大半は自宅と預貯金なので、同じ相続人の母親が生活に困らないよう、すべて母親に譲るつもりで、姉と相続放棄の書類に署名捺印したのです。

 

ところが遺産分割協議が始まる段階になって、大きな間違いを犯したことに気づきました。Eさんと姉が相続放棄すると、父の兄と妹(Eさんの伯父と叔母)に相続権が移行することを知らなかったのです。慌てて伯父と叔母に相続放棄を頼みましたが、応じてくれません。Eさんは自分と姉の相続放棄撤回を求めて、裁判をすることになりました。

 

質問者 もともとお母さんに全部相続させたいと思って間違えただけなんですから、撤回を認めてもらえないのは変ですよ。

 

北井税理士 相続放棄の手続きを撤回できるかどうかは判断の分かれるところです。法的に「撤回できる」とされているケースは「未成年者の相続人が勝手に手続きをした」「詐欺や脅迫があって手続きした」「後見人が勝手に手続きした」などがあります。

 

事例のケースはこのどれにも当てはまらないのですが、「場合によっては撤回できるかもしれない」と考えられています。似たようなケースとして「被相続人から多額の借金があると聞かされていたから相続放棄したが、ふたを開けてみたら貸金のほうが多かった」というものがあります。高松高裁ではこのケースについて、1990年に相続放棄の撤回を認めるという判決が下されています。

1級ファイナンシャルプランニング技能士、AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー) 相続診断士

1990年、みずほ銀行(旧第一勧業銀行)に入行し、融資業務・ファイナンシャルプランニング業務に従事。2004年、アリコジャパンへ生命保険コンサルタントとして入社。営業成績は常に全国10位以内を維持し、全国1位も経験した。

優れた生命保険コンサルタントの証しであるMDRT会員に認定され、2007年・2008年にはMDRTアリコ会執行部役員に就任。

2009年にフィナンシャル・デザイン株式会社を起業、独立した。当初は富裕層の相続や保険の見直しをメイン業務とし、現在は医療法人の事業承継・相続も扱う。ファイナンシャルプランナーとして資産の全体設計から問題点を抽出、的確な解決策を提案し、税理士や会計士との「橋渡し」をすることで、顧客の資産保全に尽力している。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

相続破産を防ぐ 医師一家の生前対策

相続破産を防ぐ 医師一家の生前対策

井元 章二

幻冬舎メディアコンサルティング

医師一家の相続は、破産・病院消滅の危険と隣り合わせ 今すぐ準備を始めないと手遅れになる! 換金できない出資持分にかかる莫大な相続税 個人所有と医療法人所有が入り乱れる複雑な資産構成 医師の子と非医師の子への遺…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧