60歳で70%が白内障…手術には「近視がなおる」メリットも?

本記事は、はんがい眼科・板谷正紀院長の著作、『「自分だけ」のオーダーメイド白内障手術』より一部を抜粋して、白内障の実態と、白内障手術における眼内レンズ選び方について見ていきます。

80歳のほぼ100%に「白内障」が認められる

本来は透明な水晶体がにごるのが白内障です。にごった水晶体は光を通しづらくなるので視力低下や眼のかすみ、まぶしさ、ものが何重にも見えるなどの症状がでてきます。とくに夕方や夜間、強い光源があるとその周囲にハレーションが広がり、周囲のものが非常にみえにくくなります。これが典型的な白内障の症状のひとつです。

 

白内障の原因はよくわかっていませんが加齢によっておこる場合がほとんどです。60歳で70%、70歳で90%、80歳でほぼ100%に白内障が認められるとされています。一度にごってしまった水晶体は元に戻せません。そのためある程度進行すると、にごった水晶体を取りだして眼内レンズと置き換えるしかないのです。

 

それが白内障手術です。角膜を切開して水晶体を包む「ふくろ」に直径6㎜くらいの丸い孔をあけ、核とよばれる部分を超音波でミルク状に破砕し、残した水晶体の「ふくろ」(水晶体囊)に透明な眼内レンズを挿入します。何も問題がなければ10分かからない短時間の手術です。麻酔も点眼薬でおこなえる痛みの無い手術です。

 

単焦点レンズの場合は遠くにピントを合わせれば翌日からよく見えるようになります。近くに合わせた場合は、術後創口が安定する2ヶ月後くらいにメガネを作ることになります。多焦点レンズは、人によっては視力が出るのに時間がかかりますが、多くは翌日からよく見えます。

 

また眼内レンズの素材が進歩し、丸く折り畳んだまま挿入することが可能になりましたので、切開する部分も小さくてすむようになりました。そのため傷の治り具合も早くなり、日帰りの手術が増えています。日常生活を普通に送りながら白内障を治す時代になったのです。

 

加齢によってだれにも白内障はおこりますから、高齢者を中心に白内障手術は年間100万件以上も行われる超メジャーな手術になっています。

「眼内レンズ」で近視以前のクリアな世界を取り戻せる

白内障手術は白内障でにごった水晶体をとりだし特殊なプラスティックでできた眼内レンズを入れる手術です。この手術でもちろん白内障の症状はなくなりますが、それだけではありません。水晶体を眼内レンズにおきかえることで、さまざまな素晴らしいことがおきるのです。それは多くの人をハッピーにしてくれます。

 

たとえば強度の近視の人が眼内レンズを入れるとどんなことがおきるのでしょうか。近視は学童期に目の前後の長さ(眼軸長といいます)が急速に伸びてピントが網膜の前にきてしまい、凹レンズで矯正しないと視力のでない症状のことです。強度の近視になると分厚い凹レンズで矯正しても視力がでにくかったり、視界のゆがみが生じたりして日常生活に困ることすらあります。

 

朝起きても周囲はぼやけていて、メガネも置き場所を決めておかないと探すのにも一苦労。そんな強度の近視でも、白内障の手術で適切な眼内レンズをいれれば、きちんと網膜面に焦点を結んでくれるようになり、朝起きても部屋の壁がくっきり見えるようになるのです。

 

その眼内レンズが多焦点レンズであれば、遠距離から近距離まで見えるようになり、手術から一夜明ければ近視になる前のクリアな視界を取り戻せるのです。忘れていた常にピントが合うという世界が甦るのです。

 

もちろん多焦点眼内レンズでなければ、こうしたクリアな視界を取り戻せないわけではありません。強度の近視の人にとって、単焦点眼内レンズと薄いメガネの併用でも、十分に世界は変わるのです。

はんがい眼科 院長 

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。
埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

https://eyeblog-hangai.com/
▼多焦点白内障手術無料説明会 開催中!▼
http://seminar.hangai.org/multifocal_cataractsurgery/

著者紹介

連載眼科院長が教える!ライフスタイルに合わせた「白内障手術」ガイド

「自分だけ」のオーダーメイド白内障手術

「自分だけ」のオーダーメイド白内障手術

板谷 正紀

幻冬舎

白内障を治せば人生が変わる!ずっと忘れていた「見える喜び」を取り戻せば、人生は、もっともっと楽しくなる。