白内障手術で眼鏡が不要に…「多焦点眼内レンズ」の凄いコスパ

白内障は年齢とともにだれでもかかる可能性がある病気です。治療法としては、手術をして眼内レンズを入れることが有効ですが、どのようなものが合うのかは人によって様々です。本連載では、白内障のしくみ、眼内レンズの特長、焦点の合わせ方=「見え方」を選ぶ基準などを、はんがい眼科・板谷正紀院長がわかりやすく解説します。

動的作業に相性が良い「多焦点眼内レンズ」

白内障手術は単に白内障という病気を治すだけでなく、あなたのこれまでの人生を大きくかえる可能性を秘めているのです。白内障手術で、にごった水晶体の替わりに入れる眼内レンズこそ、あなたの今後の人生を大きく変える「魔法のレンズ」といってもいいのです。

 

もしあなたが長年かけ続けてきたメガネにさよならして、メガネに頼らない人生を送りたいと思うなら、多焦点眼内レンズを選択するという道があります。

 

多焦点レンズは文字通り、一枚のレンズで複数の場所にピントが合うレンズのことです。ですからこの眼内レンズを入れると健康な水晶体をもつ人と同じように、遠距離から近距離までメガネなしでみることができます。しかもいわゆる遠近両用メガネのように顔を上下に傾けたり、視線を上下に動かしたりする必要はありません。

 

たとえばテニスをしているところを想像してみてください。相手が打ったボールは相手と重なるように、すごいスピードで飛んできます。その近づいてきたボールも相手の姿も、同時にはっきりとみえるのが多焦点眼内レンズの特長です。最新の多焦点眼内レンズには焦点深度拡張型といって、ピントの合う範囲が広く、遠くから50㎝くらいまで自然な見え方をするものが先進医療に認可されました。

 

この眼内レンズをいれると、従来の遠距離と近距離の2焦点型の眼内レンズの欠点であった中間距離の見えにくさが解消され、スポーツなどの動的作業には抜群に相性が良いのです。

 

遠近両用メガネではこうはいきません。遠距離は上側のレンズ、近距離は下側のレンズで見る仕組みの遠近両用メガネでは、とてもこのような素早い動きにはついていけないからです。

 

またダイビングや水泳のような水の中で行うスポーツが好きな人にとっても多焦点眼内レンズはベストな選択です。メガネをかけたくない人にとって、もうひとつコンタクトレンズという選択肢がありますが、残念ながら水の中ではコンタクトレンズは使用できません。

 

一方、美容師や理容師など、職業柄、鏡に映る遠くの距離と手元を頻繁に見るような職業の人にも多焦点眼内レンズは最適です。鏡に映った顔というのは鏡までの距離の2倍、すなわち十分に遠距離に相当します。美容師は、鏡の顔を観察すると同時に、いろいろな近距離で直接髪を観察しながら仕上げていきます。これは目を酷使するたいへんな作業です。

 

さらに白内障手術で人生がかわるという点でいえば、強度の近視の人にも多焦点眼内レンズはお勧めです。強度の近視の方は、遠くも手元も見えにくく、厚みのあるメガネは見えづらくコンタクトレンズが手放せなくなります。朝起きてから寝るまでコンタクトレンズを装用し角膜に負担をかけてしまいます。

 

もの心ついてからずっと強度近視で苦労されてきた患者さんに、多焦点眼内レンズをいれたときのことですが、手術の翌日目覚めて眼帯をとったときの景色は一生忘れられないとおっしゃっていました。今まで見えなかった遠くも近くも手に入れて人生が変わったと。

 

この夢のような多焦点眼内レンズですが、公的健康保険が効く単焦点レンズを用いた白内障手術に比べて手術の費用がかかります。それは先進医療または自由診療になるためです。多焦点眼内レンズは、先進医療に認可されているものでも両目で60~90万円ほどかかってしまうのです。しかし、考え方を変えれば車の購入と違って眼内レンズは一生もので買い換える必要はありません。そこに価値を認めればコストパフォーマンスはとても良いと思います。

加齢とともに失った景色が見えるように…

けっして安くない費用のかかる多焦点眼内レンズを用いた白内障手術ですが、その結果、もたらされる「幸せ」は十分にその費用に見合うものです。多焦点眼内レンズを入れた患者さんが、みなさん口をそろえておっしゃるのは、とにかく見たいものが瞬時に見え、それが何よりも幸せだということです。

 

たとえばゴルフです。多焦点眼内レンズを入れて、もっとも感動したことはなんですか聞くと「ゴルフのインパクトとその後の弾道がはっきりみえること」。そう答える人が、とくに男性には多いのです。いままでははっきり見えなかったインパクトの瞬間が裸眼ではっきりと見え、ボールの弾道を最後まで追っかけていける。それがどれほど素晴らしいか。それは、いまでもメガネやコンタクトレンズのお世話になっているゴルファーには、よくわかるのではないでしょうか。

 

一方、テニスが趣味の人は、ラケットでボールを叩く瞬間と、そのボールを打ち込むべき相手のコートを瞬時に切り替えて見られることに感動したといいます。

 

またダイビングが趣味の人は、近視だった人も老眼だった人も、遠くを泳ぐ魚と手もとのゲージがはっきり見えることに、とても感動していました。「ゲージ」というのは背中に背負ったタンクに残っている空気の残量を示す計器や水深計、コンパスなどが一体になったものだそうで、これがはっきり見えないと命に関わることもあるらしい。ここにも白内障手術で若いころの見え方を取り戻した人の喜びの声があります。

 

このような感動的な見え方は、実は元々人に備わっているものなのですが、加齢とともに失ってしまっていたのです。

 

多焦点眼内レンズを入れた幸せは日常生活のちょっとした場面にも存在します。たとえばショッピング。陳列棚から狙った商品を手に取り、値札を確認する何でもない作業も、近視だったり、乱視だったり、そこに老眼がはいったりするといっきに困難な作業になってしまいます。

 

強度の近視ではメガネやコンタクトレンズで矯正しても、ウインドウショッピングは苦手な距離です。

 

遠近両用メガネも同様に陳列棚に並んだ商品の距離は、近くも遠くない微妙な距離で、これまた苦手です。ところが多焦点眼内レンズのなかの焦点深度拡張型レンズやトリフォーカルレンズをいれればすべて裸眼で可能になるのです。

 

もうひとつ女性にとっては毎日欠かせない化粧について。これも老眼と乱視などが進み遠近両用メガネが必要な世代にとっては日常の困りごとのひとつのようです。何しろメガネをかけていてはお化粧はできません。かといって裸眼になれば鏡に映った自分の顔がよく見えない。こんなシチュエーションも、多焦点眼内レンズを入れればハッピーになるのです。

遠近両用メガネと多焦点レンズの根本的な違い

ところで患者さんに多焦点眼内レンズの説明をしていてよく思うのは、少なくない数の人びとが、多焦点眼内レンズと遠近両用メガネの機能を同じものと誤解してるなということです。

 

この2つの根本的な違いは、それぞれの仕組みを説明するとわかりやすいでしょう。

 

まず多焦点眼内レンズは遠景と近景が重なったとしても、どちらにもピントが合います。専門的に言うと光学的な同軸上にピントが合う位置が並んでいるのが多焦点レンズということになります。したがって遠景と近景が重なっている場合は、どちらにもピントが合っていますから、望みの方に意識を集中すれば鮮明な像を見ることができます。

 

一方、遠近両用メガネは異なる距離にピントのあるレンズが上下に分かれている構造です。つまり多焦点眼内レンズと違ってピントの合う位置が同軸上にはないのです。レンズの上が遠景、下が近景の場合もあるし、パソコンでの作業を意識して上に中距離、下に近距離を置く場合もあります。いずれにしろ、ピントのあう位置を変えるには視線や顔の向きを変えることによって上か下か、使うレンズを変えることが絶対に必要です。

 

たとえば車のカーナビの画面を運転中に見る場合、多焦点眼内レンズなら、運転に危険のない範囲で視線を少しずらせば見ることができます。ところが遠近両用メガネの場合は、視線を横にずらしただけでは遠距離を見るレンズの視野になりますから、カーナビの画面は、ぼんやりとしか見えません。鮮明に見るには、顔を上げて視線を下げ、無理矢理カーナビの画面を近距離用の下のレンズでみるほかありません。この動作を運転中におこなうことは、非常に危険です。

 

多焦点眼内レンズと遠近両用メガネがまったく違うものであることをご理解いただけたでしょうか。

 

まだ納得のいかないかたは、お手近にある紙に遠くの景色を遠近両用メガネをかけて写してみてください。庭の木でもなんでもいいですが、遠近両用メガネをかけると上を向いて景色をながめ、手もとに置いた紙に下向きになって描くしかありません。ところが多焦点眼内レンズの場合は、紙を持ち上げて景色とかさなるようにし、そこに景色をそのまま写し取るように描いていくことが可能です。

はんがい眼科 院長 

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。
埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

https://eyeblog-hangai.com/
▼多焦点白内障手術無料説明会 開催中!▼
http://seminar.hangai.org/multifocal_cataractsurgery/

著者紹介

連載眼科院長が教える!ライフスタイルに合わせた「白内障手術」ガイド

「自分だけ」のオーダーメイド白内障手術

「自分だけ」のオーダーメイド白内障手術

板谷 正紀

幻冬舎

白内障を治せば人生が変わる!ずっと忘れていた「見える喜び」を取り戻せば、人生は、もっともっと楽しくなる。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧